生活110番ニュース 害獣駆除

このエントリーをはてなブックマークに追加

ハクビシンの捕獲は違法行為?!知らないと法律違反になるかも!

投稿日:2017-10-23 更新日:2018-11-16

ハクビシンの捕獲は違法行為?!知らないと法律違反になるかも!

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE

かつては人目につかない山林などで暮らしていたハクビシンは、近年、市街地や住宅街にも出没するようになってきました。その原因の多くは餌不足です。
ハクビシンは一戸建てだけではく、マンションに住み着いてしまうこともあります。

では、ハクビシンを見かけたときはどうすればいいのか。ハクビシンの生態と共に、対策方法をご紹介していきます。

ハクビシンの習性や被害

都心部でも見かけることがある野生動物の一つがハクビシンです。狸と思っていた動物が、実はハクビシンだったということもあります。

ハクビシンの特徴としては、鼻から頭蓋骨に向かって白い縁取りがあり、耳元まで伸びています。大きさはしっぽを含めて1mにもなる大型害獣です。また、丸い指や黒い短い手足をもっているので、電柱すら登れるほど運動能力が高い害獣なのです。

夜行性で、明るい昼間の時間帯はねぐらで寝ているため、ハクビシンを捕獲しようとしてもめったに見かけることはありません。
他の害獣とは違い、母子を中心として家族単位の群れで行動します。餌は果物や植物を中心に好んで食べるため、畑などの農作物の被害が多くなっています。
他にもハクビシンはなんでも食べるため、家で飼っている亀や金魚などを食べられてしまうケースもあるようです。

また、ハクビシンは同じ場所に繰り返し糞尿をする習性があり、家にすみつかれてしまうと糞尿被害がでます。ハクビシンの糞尿は衛生的にも問題がありますが、それだけでなく家に臭いが染み付くこともあります。

家の近くでハクビシンを見かけるようであれば早めの対策をおすすめします。

      ハクビシンの習性や被害

ハクビシンの捕獲には許可が必要です。

ハクビシンを捕獲しようとしても勝手に素人が行うことはできません。ハクビシンは鳥獣保護管理法の対象となっているのです。人家にて被害を与えますが、ハクビシンは特定外来生物指定ではないので、駆除対象の動物にはなっていません。
これを知らずに勝手にハクビシンを駆除してしまうと問題になる可能性があるので注意が必要です。

しかし、ハクビシンの被害は重大です。そのため地方自治体によっては、申請などをすると駆除をすることが可能なところもあります。事前に管轄機関に問い合わせをすることが重要です。

鳥獣保護管理法という法律が日本にはあり、ハクビシンは保護の対象ですが、しっかりと対応方法知ると駆除もできます。

ハクビシンを捕獲する方法

ハクビシンを捕獲する捕獲器は主に3つあります。

・餌式捕獲器
誘引餌を使用し、誘引条件に合った害獣を捕獲するトラップになります。ハクビシンは果物を非常に好むので、果実をトラップとして使用します。

・踏板式罠
動物の重さを利用した捕獲用箱わなです。体重の重いハクビシンには有効的に使用することができます。

・扉式罠
捕獲箱内部にあるワイヤーに触れることで、入口の扉が閉まる動物用捕獲わなです。ハクビシンなどの力が強い動物にも耐えることができるように改良された駆除罠もあります。

駆除だけが捕獲を目的としているわけではく、その生態調査や生息数などを調べるときに用いられることもあります。
こうした罠が近くにあるのであれば、犬や猫などのペットが誤って捕まってしまわないように注意が必要です。

ハクビシンを捕獲したらどうすればいいの?

許可を得ずに、勝手に害獣を駆除することは法律で禁止されています。しかし、「捕獲」はどうなのかというと、これも違法になるかもしれません。

たとえば、自宅にハクビシンが来るようになったとしても、捕獲して人里離れた場所で放すことは禁じられています。この行動は、「害獣に直接危害を加えた」とは言えませんが、鳥獣保護管理法によって禁止行為とされているのです。

捕獲や巣の移動についても、許可なく行ってしまうと罰則が課せられるおそれがあるので、注意しましょう。

もし思わぬ形でハクビシンを捕獲してしまったら、お住まいの地方自治体にすぐに連絡することをおすすめします。

ハクビシンの捕獲は業者に頼りましょう

ハクビシンの捕獲は大変難しく、行動範囲も広いので素人では完全なる駆除は難しいと言われています。もしハクビシンの痕跡を見つけたときには早めの対策が必要となってきます。

駆除だけでなく、寄せ付けない忌避したり、家に入り込ませないように遮断をしなければなりません。半端な対策をしてはいつまでもハクビシンに悩まされることになり、のちに健康被害に発展するおそれもあります。

そうなる前に、ハクビシンの生態や特性を理解し、効果的な対策を起こってくれる業者に頼るのをおすすめします。
      ハクビシンの捕獲は業者に頼りましょう

まとめ

ハクビシンは一見可愛い動物にみえますが、その被害は拡大する一方です。年中、活動や繁殖が可能なハクビシンは、捕獲はもちろん、駆除も難しくなります。
放置しておくと、あっという間に個体数が植えて、被害が拡大していきます。そうならないためにも早めの対策が必要です。

屋根裏害獣を依頼できる業者や料金

依頼できる業者や料金について、詳しくは「生活110番」の「屋根裏害獣」をご覧ください。

害獣は素早い駆除が必要!
現地調査無料です!
※対応エリアや加盟店によって変わります
害獣に棲みつかれて一番厄介なのが糞の被害。放っておくと健康面にも被害が出てきます。プロに任せれば消毒もしてくれるので、衛生面も安心です。
生活110番では、お住いの地域で人気のプロを探せます。実績のあるプロに依頼するなら生活110番にお任せください。
タヌキ、イタチ、ハクビシン、ネズミなどさまざまな害獣に対応。
害獣駆除 19,800円(税抜)~

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE
この記事を書いた人
生活110番:編集長 SUZUKI
2015年より暮らしのお困りごとを解決するためのコンテンツを作成し、編集した記事は7000ページ以上。 現在は編集長として「本当に役立つコンテンツ」をテーマに日々コンテンツを研究中
得意ジャンル: 害虫駆除(蜂の巣駆除・シロアリ駆除)・害獣駆除(ハクビシン駆除・イタチ駆除・アライグマ駆除)・害鳥駆除(鳩駆除・コウモリ駆除)

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
8投票,  平均評価値:4.6

最新記事

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
2018-11-16 17:36:23
https://www.seikatsu110.jp/animal/am_attic/14153/
害獣駆除
かつては人目につかない山林などで暮らしていたハクビシンは、近年、市街地や住宅街にも出没するようになってきました。その原因の多くは餌不足です。ハクビシンは一戸建てだけではく、マンションに住み着いてしまうこともあります。では、ハクビシンを見かけたときはどうすればいいのか。ハクビシンの生態と共に、対策方法をご紹介していきます。
シェアリングテクノロジー株式会社

アライグマ・イタチ・ハクビシン駆除のお問い合わせ・ご相談はこちら

アライグマ・イタチ・ハクビシン駆除についてご相談・ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。

お名前必須
お名前を正しく入力してください
電話番号必須
電話番号を正しく入力してください
相談したい内容 任意

利用規約プライバシーポリシーに同意の上ご利用ください。

※ご相談内容を確認後、弊社運営スタッフより折り返しお電話させていただきます。

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、140ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!