生活110番ニュース 害獣駆除

このエントリーをはてなブックマークに追加

ハクビシンの特徴を知って対策を!ハクビシンは凶暴で注意が必要?

更新日:2019-02-25

ハクビシンの特徴を知って対策を!ハクビシンは凶暴で注意が必要?

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE

突如としてわたしたちの前に現れるハクビシンは、食べ物を食い荒らしたり家に住み着いたりとさまざまな被害を加えることがあるでしょう。しかしハクビシンは凶暴な性格であるため、あまりむやみに近づくことはおすすめしません。

それでは彼らによる被害は、どのように防止したらよいのでしょうか。この記事ではハクビシンの特徴や習性、さらには対策方法までご紹介していきます。

ハクビシンは凶暴?生態を知ろう!

ハクビシンは沖縄を除く日本各地に生息しているジャコウネコ科の哺乳類です。体長はおよそ50センチから80cmで、寿命は10年以上にも及ぶようです。

ハクビシンの特徴として、繁殖力が高いことがあげられます。冬眠をしないハクビシンはどの季節でも出産が可能です。出産回数は1年に1度だけですが、2頭から3頭ほどの子どもを産みます。さらに彼らは10か月を超えると出産が可能となり10年以上も生きるため、生涯でかなりの数を出産することがうかがえるでしょう。

またハクビシンは雑食性であるため、基本的には植物や昆虫、動物と何でも口にしてしまいます。とくに甘いものを好むようで、果物などの農作物が食害にあうことが多いようです。ハクビシンは凶暴であるため、遭遇してもむやみに攻撃しようとすることは避けたほうがよいでしょう。

ハクビシンの特徴を知ることで対策ができる。

前述したように、ハクビシンによる被害はさまざまです。そんな被害に遭わないためには、ハクビシンの特徴を知っておくとよいでしょう。

じつはハクビシンは民家に住みついてしまうことが多いです。そんなハクビシンが家に住み着いてしまわないように、住宅のすき間はできるだけふさいでしまいましょう。侵入予防のためにも、住宅のすき間には板を設置することをおすすめします。

また、ハクビシンは苦手なニオイがあることも特徴のひとつです。そのためハクビシンが嫌うニオイがするものを設置してもよいかもしれません。市販で販売されている、ハクビシンなどの動物を寄せつけないニオイが発するものを購入してもよいでしょう。

さらに犬はハクビシンの天敵になるようです。そのため犬のニオイがする毛などを集め、侵入経路に設置しておくとことも効果があるでしょう。

最後に、ハクビシンが凶暴であるという特徴も忘れてはいけません。むやみに近づいてしまうと攻撃される危険があるため、対策をする際は十分に気を付けてください。

ネズミにも要注意!対策をしないとハクビシンがやってくる?

前章ではハクビシンの特徴についてご紹介してきました。じつは、ハクビシンの被害を防ぐうえで、ネズミ対策をおこなうことも非常に重要です。それは雑食であるハクビシンが、ネズミを求めて家にやってきてしまうからです。

ハクビシンは雑食性であるため、自分より小さな大きさのネズミはかっこうのエサとなってしまいます。そのため家でネズミを見かけたり、住みついてしまっていたりすると、ハクビシンが現れるおそれが高まるため注意が必要です。

ネズミが住みついてしまっている場合、家にハクビシンが訪れるのは時間の問題かもしれません。まずはネズミ対策をしっかりとおこなって、ハクビシンが姿を現さないような環境づくりをしましょう。ハクビシンは凶暴であることから、発生してしまうと対策が厄介になってしまいます。

ネズミ対策には、家の中に残飯や食べかすを置いておかないことが大切です。細かな食べかすでも家の中に落ちていると、ネズミのエサとなってしまいます。食事が終わったら、ゴミを残さないようにきれいに後片付けをすることを心がけましょう。

また家にネズミが住み着いている気配がしたら、ネズミ捕りや駆除剤を設置しておくとよいでしょう。ネズミ捕りや駆除剤は、ネズミの捕獲や薬を利用して退治することが期待できます。

しかし、ネズミの駆除を自分でおこなうには、どうしても限界があるでしょう。ハクビシンの発生を防ぐためにも、ネズミの存在が気になったら業者に調査や駆除を依頼するとよいかもしれません。

ネズミにも要注意!対策をしないとハクビシンがやってくる?

ハクビシンを対策するためには

ハクビシンが発生してしまう原因としては、エサの存在があります。エサに引き寄せられて、ハクビシンが家に侵入してしまうのです。そのためハクビシンの対策には、エサを置いておかないことが非常に大切なポイントでしょう。

ハクビシンは夜行性であるため、エサを求めて夜に動きだすことが多いです。そのため夜のゴミ出しや夜間に食べ物を外に出したままにしてしまうと、ハクビシンのエサとなってしまいます。

また果物や野菜などを収穫しないまま放置してしまうと、それが彼らのエサになってしまうこともあるでしょう。エサはハクビシンをおびき寄せてしまう原因にもなってしまうため、夜のゴミ出しは避けたり、作物の収穫は早めにしたりするなどの対策をおこないましょう。

ハクビシンは凶暴な性格であるため、遭遇したときに噛まれてしまうなどのリスクもあります。またハクビシンは法律によって、勝手に駆除をすることが禁止されているので、対策も難しいでしょう。

ハクビシンの特徴上、自分だけで対策をおこなうには危険や限界があるため、信頼できる業者に依頼するほうが安心できるのではないでしょうか。

まとめ

ハクビシンは繁殖力が強く、生涯で産む子どもの数が多いためどんどん増殖してしまいます。さらにハクビシンの特徴として雑食性であるという点があるため、農作物や生ごみがある場合は注意が必要です。

そんな厄介なハクビシンは凶暴であるがゆえに、むやみに近づくことは避けたほうがよいでしょう。被害対策には、家への侵入経路をふさいだり、できるだけ食べ物を置いたりしないことをおすすめします。またハクビシンはネズミもエサとしてしまうため、家のネズミ対策も有効になるでしょう。

自分ではハクビシン対策や駆除が難しい場合は、業者に依頼することをおすすめします。複数業者から見積もりをとるなどして、信頼できる業者に任せましょう。

屋根裏害獣駆除を依頼できる業者や料金

依頼できる業者や料金について、詳しくは「生活110番」の「屋根裏害獣」をご覧ください。

害獣は素早い駆除が必要!
現地調査無料です!
※対応エリアや加盟店によって変わります
害獣に棲みつかれて一番厄介なのが糞の被害。放っておくと健康面にも被害が出てきます。プロに任せれば消毒もしてくれるので、衛生面も安心です。
生活110番では、お住いの地域で人気のプロを探せます。実績のあるプロに依頼するなら生活110番にお任せください。
タヌキ、イタチ、ハクビシン、ネズミなどさまざまな害獣に対応。
害獣駆除 19,800円(税抜)~

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE

この記事を書いた人
生活110番:編集長 SUZUKI
2015年より暮らしのお困りごとを解決するためのコンテンツを作成し、編集した記事は7000ページ以上。 現在は編集長として「本当に役立つコンテンツ」をテーマに日々コンテンツを研究中
得意ジャンル: 害虫駆除(蜂の巣駆除・シロアリ駆除)・害獣駆除(ハクビシン駆除・イタチ駆除・アライグマ駆除)・害鳥駆除(鳩駆除・コウモリ駆除)

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
30投票,  平均評価値:3.1

最新記事

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
2019-02-25 12:21:41
https://www.seikatsu110.jp/animal/am_attic/133515/
害獣駆除
突如としてわたしたちの前に現れるハクビシンは、食べ物を食い荒らしたり家に住み着いたりとさまざまな被害を加えることがあるでしょう。しかしハクビシンは凶暴な性格であるため、あまりむやみに近づくことはおすすめしません。それでは彼らによる被害は、どのように防止したらよいのでしょうか。この記事ではハクビシンの特徴や習性、さらには対策方法までご紹介していきます。

アライグマ・イタチ・ハクビシン駆除のお問い合わせ・ご相談はこちら

アライグマ・イタチ・ハクビシン駆除についてご相談・ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。

お名前必須
お名前を正しく入力してください
電話番号必須
電話番号を正しく入力してください
相談したい内容 任意

利用規約プライバシーポリシーに同意の上ご利用ください。

※ご相談内容を確認後、弊社運営スタッフより折り返しお電話させていただきます。

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、140ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!