生活110番ニュース 害獣駆除

このエントリーをはてなブックマークに追加

可愛いのは見た目だけ!アニメとは違う。ホントは凶暴なアライグマ!

投稿日:2017-10-08 更新日:2020-02-13

可愛いのは見た目だけ!アニメとは違う。ホントは凶暴なアライグマ!

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

 

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE

アライグマは可愛らしい姿から動物園でも人気で、アニメなどでも可愛らしいキャラクターとして登場します。そのため、大人から子供まで人気のアライグマは、可愛らしく大人しい生き物に思われますが、実は違うのです。

アライグマは凶暴な生き物です。また日本の生態系を破壊する害獣にもなっています。
そんな、アライグマについてご紹介していきます。

アライグマは実は凶暴な生き物です

アライグマはアニメなどに登場したことにより、可愛らしい小動物として人気です。
ですが、アライグマは見た目とは違いかなり凶暴な性格をしているのです。
かんだり、引っかくなど攻撃をしてきます。

また、病原菌もあるため感染症もおそろしいものです。
アライグマにはアライグマ回虫という寄生虫がいます。人に感染すると、寄生虫が脳まで達して死にいたる危険性がある病気になります。
他にも破傷風、狂犬病のウイルスも持っているため、かまれたりするだけでも感染するおそれがあります。
アライグマは実は凶暴な生き物です

アライグマの生態について

器用な手先のアライグマは、学習能力も高く前足で洗うような行動をすることから、アライグマと言われるようです。そんなアライグマの生態についてご紹介します。

アライグマの特徴

アライグマの生態について
大きさ;60~100㎝
体重;4~10kg
毛色;灰色・赤褐色
目の周囲に黒いマスク模様。顔の周りは一見タヌキの様な外見になります。
尻尾に黒い輪のような模様が5~10本。
寿命;約5年
生息環境;水に近い場所を好みます。
日本では北海道・岐阜県での確認が多いようですが、神奈川県や愛知県などの都内各地にも生息しているようです。
蹠行性(しょこうせい)になり、足の裏をかかとまでつけて歩くため、足跡が明確に残る歩き方をします。

アライグマの生態

雑食性
アライグマは雑食性になり、両生類や昆虫、肉、魚、植物など幅広く食べます。
特に甘いものが好物なため、農作物である果物やコーンなどの野菜を好むようです。

タメ糞
アライグマは特定の縄張りを持つことは少ないですが、一定の場所で糞をするタメ糞という習性があります。

夜行性
夜行性のため基本的には夜に行動をしますが、人や獲物の行動によって昼に活動することもあります。

外来種であるアライグマがなぜ日本で増えたのか

アライグマは本来、日本にはいない生き物になります。動物園で飼育されていただけになります。ですが、アライグマが逃亡したため野生で増えだしました。

また、アライグマのアニメが放送されたことにより、アライグマをペットとして日本に大量にやってきました。
ペットとして可愛がられていましたが、成長するにつれ凶暴になるアライグマに飼育しきれない方があらわれました。飼育しきれないで山へ逃がす方が出てきたため、さらに野生のアライグマが増えたのです。

日本にはアライグマの天敵となる生き物が少ないため定着してしまい、高い繁殖力で年々増え続けています。

アライグマの駆除や撃退法

アライグマは凶暴という危険性だけでなく、日本の生態系を壊し、農作物にも被害を出している害獣になります。そんなアライグマが家の中に侵入していたり、農作物に被害が出るようなら駆除をするのがいいでしょう。

アライグマを駆除、撃退する方法は忌避剤を使うことができます。
ですが、アライグマは危険な生き物になるため、ご自身で駆除するのは難しいかもしれません。専門の業者に依頼するのがいいでしょう。

また、アライグマを撃退した後は侵入経路を塞ぐ必要があります。アライグマは運動神経がよい生き物なので、雨どいや板の隙間をこじ開け再度侵入してくるおそれもあります。動かない有刺鉄線や対策ネットを使い侵入を防ぐ必要があります。

アライグマはペットにしてはダメ

危険なアライグマですが、やはり可愛くペットにしたいという方もいるでしょう。ですがアライグマをペットにすることはできないのです。

アライグマは「特定外来生物」に指定されているため、外来生物法により飼育することができないのです。また、野生動物保護の「鳥獣保護法」によって捕獲と飼育も禁止されているのです。

野生のアライグマでも捕まえて飼育してしまうと、二つの法令違反になってしまいます。ですので、無許可でアライグマを飼育すると逮捕されるというケースになります。
過去に、無許可でアライグマを飼育していた方が逮捕されたということも、実際に起きています。
アライグマはペットにしてはダメ

まとめ

アライグマは可愛らしい見た目ですが、実際はとても凶暴な生き物になります。見かけても刺激しないで、静かに立ち去ることがよいでしょう。下手に刺激してしまうと襲ってくるおそれもあります。可愛い見た目に油断しないことが大切になります。
もし、野生のアライグマに襲われることがありましたら、感染症などがありますので病院へ行きましょう。

アライグマの足跡はくっきり残りますので、家の中や家の付近にそれらしき足跡見かけたら遭遇する前に、専門の業者に依頼してアライグマを退治してもらってもいいでしょう。

 

害獣は素早い駆除が必要!
現地調査無料です!
※対応エリアや加盟店によって変わります
害獣に棲みつかれて一番厄介なのが糞の被害。放っておくと健康面にも被害が出てきます。プロに任せれば消毒もしてくれるので、衛生面も安心です。
生活110番では、お住いの地域で人気のプロを探せます。実績のあるプロに依頼するなら生活110番にお任せください。
タヌキ、イタチ、ハクビシン、ネズミなどさまざまな害獣に対応。
害獣駆除 19,800円(税抜)~

 

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE
この記事を書いた人
編集者:ふじこ
手先が器用で、DIYが得意分野。その特技を生かし家具・雑貨修理の記事を担当している。家の掃除は苦手なので、効率的にできる方法を探し求めている最中。

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
2投票,  平均評価値:4.5

最新記事

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
2020-02-13 11:37:44
https://www.seikatsu110.jp/animal/am_attic/11667/
害獣駆除
 アライグマは可愛らしい姿から動物園でも人気で、アニメなどでも可愛らしいキャラクターとして登場します。そのため、大人から子供まで人気のアライグマは、可愛らしく大人しい生き物に思われますが、実は違うのです。アライグマは凶暴な生き物です。また日本の生態系を破壊する害獣にもなっています。そんな、アライグマについてご紹介していきます。
シェアリングテクノロジー株式会社

アライグマ・イタチ・ハクビシン駆除のお問い合わせ・ご相談はこちら

アライグマ・イタチ・ハクビシン駆除についてご相談・ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。

お名前必須
電話番号必須
相談したい内容任意

※ご相談内容を確認後、弊社運営スタッフより折り返しお電話させていただきます。

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、140ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!