生活110番辞典便利屋・代行サービス

便利屋・代行サービス

お墓の値段、知ってますか?デザインで異なる墓石の相場を調べてみた

ohaka_ec

お墓を買う機会というのは、非常に限られています。そのため、「墓石の価格はいくらくらい?」と考えたとしても、いまいちピンとこない方も多いのではないでしょうか?

もしも、家族に突然の不幸があった時、お墓にいくらかかるのか調べてる暇もありません。ただし、決して安い物ではないということは想像できると思います。

墓石は高価で大切にしておきたいだけに、慌てて品質の低いものを適当に選んでしまうことだけは避けたいところ。そこで、墓石の知識を深めるために、デザインで異なる墓石の相場を中心に、墓石に関しての豆知識をご紹介します。

墓石の価格についての豆知識

墓石は、デザインやサイズ、石材の種類などの細かな仕様によって価格は大きく異なります。そして、すでに作られているものから、完全受注生産を行う石材店まであり、相場が分かりづらい原因でもあります。

基本的には、サイズは大きくなるほど高く、長期的に壊れづらい高い品質の墓石ほど高価なります。では、デザインではどのように異なるのでしょうか?「和型墓石」「洋型墓石」「デザイン墓石」の3タイプにわけてご紹介します。

最もスタンダードな「和型墓石」の相場は約70万円

ohaka1
お墓に訪れると、最も多く目にするのが「和型墓石」です。江戸時代から普及したと言われており、日本のお墓をイメージすると真っ先に浮かぶのがこちらの墓石でしょう。

価格帯は、非常に幅広いのが特徴です。海外製の石材を用いた「和型墓石」では、最も安いもので4.5平米で20万円台前半から購入することができます。相場価格としては、70万円前後です。

そして、高級な石材を用いて装飾も華やかな「高級和型墓石」では、4.5平米で数百万円を超える場合もあります。このタイプの相場は、「高級和型墓石」を含めると100万円程度です。

モダンなデザインの「洋型墓石」の相場は約70万円

ohaka2
西洋文化の到来と共に、造られるようになった「洋型墓石」。現代では、「和型墓石」ほどではありませんが普及しているタイプの墓石です。

背丈が低く、地震で崩れづらいといった理由で選ぶ方もいるそうです。こちらは、石材のサイズが「和型墓石」に比べて小さな物が多いので石材の品質を落とさずに低価格で購入することができます。例えば、こちらも20万円台から購入することができ、シンプルなものであれば70万円前後です。

オーダーメイドも可能な「デザイン墓石」は、デザインで異なる

ohaka3
生前に購入される方が多数を占めるのが、好みのデザインで造ることのできる「デザイン墓石」。石材店がデザインしたものから、オーダーメイドの墓石など非常に自由度が高いというのが特徴です。

「和型墓石」や「洋型墓石」などに比べ、最も相場がわかりづらいですよね。「デザイン墓石」は、既に形が決まっている物でも100万円ほどの費用を想定しておくのが良いでしょう。

また、オーダーメイドでは別途見積もりが必要となりますが、数百万円以上になることもあります。

品質の高い墓石の基準とは?

品質の高い石材とは、どのように判断したら良いのでしょうか。それは、主に石材の産地や色や、耐久性を見ることで確認できます。また、気候や昔からの習慣など、地域に根ざした判断をする場合もあるそうです。

墓石に使う石材として有名なものが、「真壁小目石」「庵治石」「芝山石」など、白味がかった光沢が特徴の石材などです。また、黒っぽい色をしている墓石もありますよね。それらの種類も豊富にあり、「浮金石」「本小松石」などがあるのです。

墓石の有名な産地は、日本各所にあり、四国地方や東北地方など様々。それらの地域の気候などを意識しながら石材を選ぶのが良いかもしれません。

ただし、近年の石材店では、安価な石材として海外の石材を利用していることが多いです。新しく建てたお墓の多くは、中国やインドからの輸入石材が使われていたりします。ただ、輸入石材は必ずしも低品質というわけではなく、吸水率が低く、硬度の高い耐久性の高いものも存在するので、あまり意識しなくても良いでしょう。

地域と石材の相性がよくわからないということであれば、一度、建てる予定の霊園周辺にある石材店に問い合せてみることをオススメします。

おわりに

最後に、墓石を購入するときに、チェックしておくべきポイントをご紹介します。

    • 墓石のデザインを決める

「和型墓石」「洋型墓石」「デザイン墓石」の3タイプから選びます。デザイン墓石は別途オーダー料が発生することも。

    • 敷地面積を確認しておく

墓石は石材の大きさで値段が変わります。敷地面積をあらかじめ確認しておくことで、墓石の的確な見積もりが行えます。

    • 墓石の石材を選ぶ

墓石に使われる石材は国内外合わせて数百種類あります。吸水性が低く、強度の強いものが高品質ですが、地域に合わせて選ぶようにしましょう。

今回ご紹介した相場は、あくまで参考価格として考え、地域や石材店によって変動するので、石材店へ相談して見積もりを貰いましょう。

また、お墓を建てるときにかかる費用は墓石代だけではありません。「墓石代+永代使用料+管理費」を踏まえた上で、最適な墓石を探してみてください。

最新記事