生活110番ニュース 便利屋・代行サービス

このエントリーをはてなブックマークに追加

多種多様な家具の処分方法を紹介!!捨てるか、売るか、回収か?

投稿日:2017-09-11 更新日:2018-09-27

多種多様な家具の処分方法を紹介!!捨てるか、売るか、回収か?

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE

引越しや大掃除などをしていると、「もうボロボロだし替え時かな?」「新しい家具が欲しいから、そろそろ処分しようかな」といった理由で不要になった家具などもあると思います。しかし、家具はいったいどうやってどこで処分することができるのか?また、家具は買い取ってもらうことはできるのか?ご存じないことも多いかと思います。

ここではそのような家具の処分方法や買い取り先などについての紹介をしていきます。家具の処分に困っている方は、ぜひ参考にしてみてください。

不用品回収・リサイクルのおすすめサービス

自治体にまかせる

家具を処分する方法の一つとして、自治体に依頼をする方法があります。
これは自治体の粗大ゴミとして家具を処分してもらう方法のことを指します。
自治体は、不用品回収費用の一部が税金によってカバーされているますので安く回収してくれます。
そのため、自治体に依頼する一番のメリットは「料金が安く済む」ということでしょうか。

自治体への依頼は、電話で粗大ゴミ収集の問い合わせをします。収集の際に必要となるゴミ処理券の金額や受付番号、収集日時などを聞くことができますので、忘れないようにメモを取っておく必要があります。

ゴミ処理券は近所のコンビニやスーパーなどで簡単に購入できますので忘れないようにしましょう。
処分するゴミによっては金額が違うので、間違えてしまうと無駄な出費を強いられるおそれがあるので要注意です。

しかし、自治体でも回収できない物もあります。それはエアコン、テレビ、冷蔵庫・冷凍庫、洗濯機・衣類乾燥機などのリサイクル家電です。他にもパソコンや消化器などリサイクルが進められているものは、自治体では回収してもらえないので注意しましょう。
また、回収日が限定されている、指定場所や処理場への移動が大変という欠点もあります。
      自治体にまかせる

誰かに買い取ってもらう

ゴミとして捨てるのではなく、誰かに買い取ってもらうという方法もあります。
不用品を処分するのにもお金はかかります。料金が安い自治体でも多少の失費は免れません。
しかし、誰かに買い取ってもらえるのなら失費をすることなく、逆に現金に替えることができるメリットがあります。

ただし、傷や落書きなどの汚れがひどい場合は買取してもらえないケースもあります。売れないと判断された場合は買取処分は諦めた方がいいでしょう。どんなものでも買い取ってもらえるわけではないと覚えておきましょう。

リサイクルショップ

リサイクルショップで買い取ってもらう場合は、比較的きれいで、まだまだ使えそうだと判断されたものが引き取ってもらえます。
しかし、使える家具でもリサイクルショップに在庫が多数あった場合などは買い取ってもらえないかもしれません。
あらかじめリサイクルショップに電話して、その家具が売れるか確認をしておくといいでしょう。店舗によっては、自宅まで見積もりに来てくれたり、写真を送ることで見積もりしてくれるサービスもあるようです。

オークション

ブランド品や状態のいい家具であれば、リサイクルショップよりもオークションで買い取ってもらった方がいいかもしれません。うまくいけば、リサイクルショップ以上の金額で売れるでしょう。
ただし、オークションで売った場合は落札者との取引や発送の手配などの事務的な作業が必要なので、慣れない方にとっては面倒に感じるかもしれません。

どちらの方法で買取処分を行ったにせよ、高く買い取ってもらうには、査定時にできるだけ家具をきれいにしておくが大切です。
少しでも高額に取引できるように、汚れなどがついている場合は洗剤などを使って落としておきましょう。
      誰かに買い取ってもらう

引越し業者に依頼する

家具を処分しなくてはならないタイミングの中で、引越しするために不要になったなどと言った人も多いと思います。
その際、不要な家具などは引越し業者に依頼して処分してもらうこともできます。

引越し見積りと同時に家具の処分見積りも行ってくれるので手間は掛かりませんし、引越しに併せて引き取ってもらえるためおすすめです。
引越し業者にもよりますが、不用品買取サービスを行っている業者もありますので、ご利用されるとよいでしょう。
サービスをご利用する際は、そういったサービスを行っている業者なのかをあらかじめ確認しておきましょう。

家具販売店に依頼する

家具を処分する方法には、家具販売店が引き取ってくれる場合もあります。
新たな家具を購入した際、古い家具の引取サービスをしている店舗もありますが、すべての店舗に適応されているわけではありません。
さらに、手数料が数千円ほど掛かる場合や、引取される家具のカテゴリーが固定されている場合もあります。店舗によっては様々な条件が付くこともありますので、事前によく確認しておくことが重要です。
      家具販売店に依頼する

不用品回収業者にまかせる

不用品回収業者に依頼をすれば、自宅まで家具を取りに来てくれます。自力で運ぶには大変な大きな家具などがある場合は、こちらの回収業者に依頼するのがおすすめです。依頼の際も電話一本で回収をしにきてくれるために手間が少ないです。
危険物や有害性のあるものは除きますが、それ以外の不用品であればほとんどが回収対象であるために、さまざまなものを引き取ってもらえるというメリットがあります。

しかし、唯一のデメリットとしては料金が高いという点が挙げられます。自治体と比較しても不用品回収業者の方が2~3倍の料金が掛かるケースもあり、思った以上に費用が掛かってしまうおそれがあります。

不用品を処分する際、「簡単に処分したいなら不用品回収業者」、「安く済ませたいなら自治体」と使い分けるとよいでしょう。
      不用品回収業者にまかせる

不用品回収・リサイクルのおすすめサービス

まとめ

不要になった家具を処分するのにもいろいろな方法があります。
どの方法を行うにしろメリットやデメリットがあるためよく吟味してから選んでください。
最も楽に処分するなら、その道のプロである不用品回収業者がおすすめです。他の処分方法と比べて費用がかかりますが、最も労力が小さいので総合的に見れば決して損な選択ではありません。

不用品回収・リサイクルを依頼できる業者や料金

依頼できる業者や料金について、詳しくは「生活110番」の「不用品回収・リサイクル」をご覧ください。

不用品回収・リサイクルはプロに相談
【生活110番】は国内最大級の暮らしの「困った」を解決する業者情報検索サイトです。
140ジャンルを超える生活トラブルを解決するプロたちを掲載しています。
生活のお困りごとは、なんでもご相談ください。
不用品回収・リサイクルはプロに相談
【生活110番】は国内最大級の暮らしの「困った」を解決する業者情報検索サイトです。
140ジャンルを超える生活トラブルを解決する
プロたちを掲載しています。
生活のお困りごとは、
なんでもご相談ください。

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE
この記事を書いた人
編集者:りさ
コールセンターを経てライターへ転職。さまざまな人に向き合ってきた経験から、記事で的確なアドバイスができることを目指している。

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
0投票,  平均評価値:0

最新記事

施行事例ブログ

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
2018-09-27 11:41:49
https://www.seikatsu110.jp/acting/ac_recycle/9669/
便利屋・代行サービス
引越しや大掃除などをしていると、「もうボロボロだし替え時かな?」「新しい家具が欲しいから、そろそろ処分しようかな」といった理由で不要になった家具などもあると思います。しかし、家具はいったいどうやってどこで処分することができるのか?また、家具は買い取ってもらうことはできるのか?ご存じないことも多いかと思います。ここではそのような家具の処分方法や買い取り先などについての紹介をしていきます。家具の処分に...
シェアリングテクノロジー株式会社

不用品回収・リサイクルのお問い合わせ・ご相談はこちら

不用品回収・リサイクルについてご相談・ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。

お名前必須
お名前を正しく入力してください
電話番号必須
電話番号を正しく入力してください
相談したい内容 任意

利用規約プライバシーポリシーに同意の上ご利用ください。

※ご相談内容を確認後、弊社運営スタッフより折り返しお電話させていただきます。

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、140ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!