生活110番辞典便利屋・代行サービス

便利屋・代行サービス

気持ちをリフレッシュ!話題の断捨離には不用品回収を利用しよう

31ac94c21b50f53bc2fed3eee1d705ad_m

皆さんのお部屋の中には沢山の物があると思います。必要なもの、必要でないものの両方がありますが、物で溢れかえると、お部屋の中が狭くなりますし、精神的な面では、落ち込んだりすることもあるようです。そんな時に行いたいのが「断捨離」ですが、断捨離って何?と思われる方もいると思いますので、今回はそんな「断捨離」と、その時活躍する「不用品回収」についてまとめてみました。

断捨離ってなに?

fbc4ff99cb5802280f08a3ea2275ea35_s

最近よく耳にするようになった「断捨離」という言葉。これは元々仏教用語です。

「断行」=物を断つ
「捨行」=物を捨てる
「離行」=物への執着を離れる

この3つが合わさった言葉が断捨離です。

私達は沢山の物に囲まれて暮らしています。「勿体無い」と言って物を大切にすることは素敵なことですが、この思いが行き過ぎてしまうと、本来必要無いものや使わなくなったもので自分の生活スペースが圧迫され、酷い場合は自分の心身にまで害を及ぼしてしまうと言われています。

こうした「勿体無い」と思う気持ちを解きほぐすために、断捨離は効果的だと言われています。

断捨離で得られる様々な効果

a954029ab9698e61e2d3fdd95a0f3a4f_s
人によって断捨離で得られる効果は様々です。
例えば、今までどうして片付けられなかったか原因が分かるようになったという方もいれば、捨てられないと思っていたものが自然に捨てられるようになったりする方もいます。物に邪魔をされない片付いた部屋なら、仕事や趣味の時間を快適に過ごすことが出来たり、人間関係を見直すきっかけを作ることも出来るかもしれません。

断捨離を始めるために心構えを

25f7f098d61c634c45778391860046d1_m

断捨離で何か効果を得たい、新しい発見をしたいとお考えの方は、まず断捨離を始めるにあたって心構えが必要です。物を捨てるということは、人によっては物に申し訳ない気持ちになってとても辛く感じるかもしれません。しかしそんな考えは断捨離には無用です。
「今まで私の生活を支えてくれてありがとう。」そんな気持ちを持って物を捨てていくのです。

ここで断捨離をするにあたって基準にしておくと良いことがあります。

・迷ったら捨てる
・「いつか使うかもしれない」は捨てる
・思い出は大切に

断捨離では捨てることがポイントになりますが、大切な物まで捨ててしまって後で悲しい思いをしたという方もいらっしゃいます。自分が思い出にとっておきたいものは大切にしましょう。

断捨離に便利な不用品回収

断捨離をしていると驚くほど沢山の要らないものが出てくるかもしれません。
こんな時に便利なのは「不用品回収」です。
まだ使えそうな家具や家電などは、必要としている人にあげるのが一番なのですが、自分の要らない物は相手も要らないということもあり、なかなか引取り手が見つからないこともあります。
そんな時は思いきって不用品回収をお願いしてみましょう。
近年では迅速に見積もりを出すことの出来る業者も多く、リサイクル法対象の家電などを引き取ってくれる業者や、自分では運ぶことの出来ない家具や家電は自宅まで引取りに来てくれる業者もあります。

不用品は売った方が良いのでは?

184348a49e9b5d5166f9c181756ddc02_m

インターネットで沢山のフリーマーケットが開かれ、今ではスマートフォンのアプリ等でも気軽に商品が売れる時代となっています。すると不用品は売った方がお得なのでは?と思われるかもしれませんが、
物を売るには最低限以下のような手間が必要になります。

・物を売るための手続き(値付け等)
・買い手が付くまでの待ち時間
・買い手に物を売るための作業(梱包や発送)

時間に余裕があれば不用品を売るというのも良い考えかもしれませんが、限られた時間の中で断捨離作業を行おうと思えば、不用品回収をお願いする方が時間を有効に使えるかもしれません。
自分が断捨離作業にかけることの出来る時間をよく考えてみましょう。

断捨離にもリバウンドがある

1ed4fa1dfa1c74847e1a397e86140cf6_s

せっかく断捨離によって綺麗になった部屋も、またリバウンドしてしまうことがあります。
部屋の断捨離で行う作業は主に「捨行」です。捨てることで一時的に家に物が無くなっても、
「断行」や「離行」が出来なければ、意味がありません。
普段から要らない物は買ったりもらったりしないことや、「勿体無いから取っておこう」という気持ちを捨てなければ、また部屋が物で溢れてしまうのです。もしも自分の部屋がまた物で溢れだしてきたら、自分の気持ちが物に対する執着に囚われている証拠と見て良いかもしれません。
しかし、焦る必要はありません。誰もがすぐに物への執着を捨てることが出来るわけではないのです。
時間をかけながらでもいいので、少しずつ物への執着を断つことが大切です。
そのためには日々の心がけが何よりも大切なのです。

終わりに

断捨離は単に部屋の要らないものを捨てる作業ではありません。
物への執着を捨て去り、人生を豊かに生きるための大切な教えなのです。
自分の精神状態は部屋に現れると言いますが、心のバランスを上手く取れない時は部屋も汚くなりがちです。何だか元気が出ない、自分と向き合いたい、そう思った時が断捨離を行うチャンスです。気持ちが変われば人生も変わるかもしれません。

そんな断捨離作業に是非不用品回収をお役立てください。
生活110番」の「不用品回収サービス」からお探しいただけます。

最新記事