生活110番辞典 便利屋・代行サービス

このエントリーをはてなブックマークに追加

処分が大変なマットレスを手軽に処分するには?おすすめの処分方法!

2018-03-28

処分が大変なマットレスを手軽に処分するには?おすすめの処分方法!

不用品回収・リサイクの無料相談はコチラPCフォームでの無料相談はコチラ
不用品回収・リサイクの無料相談はコチラSPフォームでの無料相談はコチラ

いつも寝るベッドに敷かれたマットレスの寿命が来てしまい寝心地が悪くなってはいませんか?マットレスは、体の負担を軽減してくれる大切な寝具の一つです。寿命にともないマットレスを新しいものに買い替えることがあると思います。その際、それまで使っていたマットレスはどうしていますか?ここでは、そんな使い終わったマットレスの処分方法についてご紹介していきたいと思います。

不用品回収・リサイクルのおすすめサービス

ベッドマットレスの買い替え時とは?

ベッドマットレスを買い替えるタイミングの一つとして、ベッドマットレスの寿命が挙げられます。
ベッドマットレスの寿命はおおよそ10年と言われています。寝ているときにマットレスがきしむ、中央がへこんでいるといった症状がある場合は寿命と考えてもいいでしょう。

人が仰向けになって寝るとき、体重の半分近くが腰にかかります。そのため自分に合わないベッドマットレスを使用して寝ている場合、腰痛の原因になる可能性があります。ベッドマットレスに寿命が近づいた場合も歪みや変形などで質の高い睡眠の妨げになることがありますので早めの交換をするようにしましょう。

最近では、ベッドマットレスの種類も増えてきており、以前より自分に合ったマットレスを探せる環境になったと言えます、そのため、現在ご使用のベッドマットレスよりも、自分に合ったものを見つけて買い換えるのもいいのではないでしょうか?ベッドマットレスを自分に合ったものに変えるだけでも、睡眠が快適になるでしょう。

ベッドマットレスはやはり高価と考える方も少なくないと思います。そのため、買い替える時期の目安となるのが先ほど紹介したベッドマットレスの寿命だと思います。毎日の睡眠に関わることなので、寝心地が悪くなったと感じたら買い替えを検討してみてもいいのではないでしょうか?

ベッドマットレスの買い替え時とは?
Photo by Amazon

バラバラにしないとダメ?マットレス処分の前に考えたいこと

マットレスは大きいため、自治体のゴミとして捨てる場合はそのまま捨てることができません。細かく解体してから捨てる必要があります。エアマットレスや、ウォーターマットレスの場合は、しっかりと水や空気を抜いてから捨てるようにしましょう。ダブルのマットレスの場合、とても大きいため外に持ち出すことすら、難しい場合があります。運搬方法を事前に考えておくのがいいでしょう。

マットレスの解体には力がいる場面もあり、無理をすると怪我をしてしまう場合があります。そのような場合は業者に頼んでしまうのも一つの手です。業者に依頼する場合は、数社に連絡し、見積もりをしてもらった後、自分が納得した業者に依頼するようにしましょう。業者に依頼する際に一番気を付けたいのは、その業者が自治体から許可を取っているかどうかです。自治体に許可を取っていない違法業者に処分を依頼してしまうと、高額な請求をされる場合や、処分をしてもらったはずのものが不法投棄される場合もあります。不法投棄は、事実を知らなかった場合施主の責任になることはありませんが、犯罪に加担してしまう形になってしまいます。そうならないためにも、ネットなどで口コミを調べたりなどして信頼できる業者を選ぶようにしましょう。

マットレスの処分法:その1

マットレスの処分法として最初に挙げられるのが、自分で解体し捨てることです。解体した後に可燃物や、不燃物などをしっかりと分けることができれば通常の家庭ゴミとして処分することができます。しかし、マットレスの構造を知っていなければ、解体時にケガをする可能性もあるので危険です。

スプリングマットレスの場合は、スプリングを切断するために専用の道具が必要になってきます。道具さえあれば、それ以外の費用もかからず、ネットなどで調べながら解体することもできます。しかし、時間と手間がかかるため、費用はかけたくないと思いつつも、この処分法を避ける方は多いのではないでしょうか。

マットレスの処分法:その1
Photo by Amazon

マットレスの処分法:その2

マットレスの処分法として次にあげられるのが、行政の指示に従いながら、粗大ゴミとして出すというやり方です。行政にもよりますが粗大ゴミの処分費用として、粗大ゴミ処分シールを買う必要があります。
さらに、収集場所までは、個人で持って行く必要があるため少し手間がかかってしまいます。その際、低反発・高反発マットレスは広がらないようにヒモで縛って持って行くようにしましょう。

マットレスは粗大ゴミとして回収せずに、直接ゴミ収集センターに運ばなくはいけない行政もあるため、お住まいの役所のホームページなどを確認しましょう。

直接ゴミ収集センターまで運ぶことができるのであれば費用を抑えることができます。しかし、利用するためには収集センターの管轄地の住民である必要があるため、持ちこむ場合は身分証明が必要になるので注意しましょう。

マットレスの処分法:その2

マットレスの処分法:その3

大きなマットレスは運びづらくて処分には、手間がかかることがわかっていただけたのではないでしょうか?そこで紹介する処分法として業者に依頼する方法があります。一番、手間がかからず、安心して任せることができるでしょう。

新品のマットレスに買い替える場合、マットレスを買ったお店に処分を依頼するのも一つの手です。多くの場合、処理費用が無料になります。購入の際に古いマットレスを回収してもらえるか確認してみてはいかがでしょうか?

その他にも、引っ越し業者に相談すれば、引き取ってもらえることもあります。
ただ、こちらは他の処分法より手間がかからないものの、費用もかかってしまうため、敬遠してしまう方も少なくはないでしょう。

マットレスの処分法:その3

不用品回収・リサイクルのおすすめサービス

まとめ

寝る際に身体の負担をやわらげてくれるマットレスですが、マットレスにも寿命があり、買い替えが必要になります。マットレスはとても大きいため簡単に処分することができません。いくつか処分法を紹介しましたが、手間を避けようとすれば費用がかかってしまう形になります。

マットレスを処分するタイミングのほとんどが新しいマットレスに買い替える場合だと思います。そのため、手間も費用もかからない手段として、購入店で古いマットレスを回収できるか確認するのがいいのではないでしょうか?

処分を面倒と思って寿命が過ぎたマットレスを使い続けるのは身体によくありません。寿命がきたら早期買い替えとともに処分法も考えましょう。購入店での処分ができない場合や、マットレス以外にも不用品がある場合などは不用品回収のプロがいますのでご相談ください。

不用品回収を依頼できる業者や料金

依頼できる業者や料金について、詳しくは「生活110番」「不用品回収」をご覧ください。

不用品回収、リサイクルのおすすめ業者を見る

不用品回収・リサイクの無料相談はコチラPCフォームでの無料相談はコチラ
不用品回収・リサイクの無料相談はコチラSPフォームでの無料相談はコチラ

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
0投票,  平均評価値:0
このエントリーをはてなブックマークに追加
暮らしのトラブルに備えよう!あると安心のパンフレット
2018-03-28 17:31:51
https://www.seikatsu110.jp/acting/ac_recycle/7590/
便利屋・代行サービス
シェアリングテクノロジー株式会社

最新記事

おすすめ記事

不用品回収・リサイクルのお問い合わせ・ご相談はこちら

不用品回収・リサイクルについてご相談・ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。

お名前必須
電話番号必須
都道府県必須
相談したい内容必須

※ご相談内容を確認後、弊社運営スタッフより折り返しお電話させていただきます。

0120-949-986