生活110番ニュース 便利屋・代行サービス

このエントリーをはてなブックマークに追加

生ゴミ処理機があれば後処理が簡単に!タイプ別おすすめ商品をご紹介

投稿日:2019-01-09 更新日:2019-07-18

生ごみ処理機があれば後処理が簡単に!タイプ別おすすめ商品をご紹介 (1)

この記事を読むのに必要な時間は約 15 分です。

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE

家庭で出るゴミには色々な種類があります。燃えるゴミや不燃ゴミを始め、粗大ゴミなど大変多くのゴミがある中で、やはりきちんとした方法で最適な処分方法を考えることは、地域を綺麗にするためや地球温暖化問題においても大変重要なこととなります。普段から家のゴミを出す中で料理をする際に出る生ゴミの処理はやはり、面倒です。野菜や肉、魚などのゴミの問題は常に多くの問題をはらんでいます。

生ゴミは時間をおいて放置しておくことで段々と臭気が発生します。家でゴミ箱に入れておいて、ゴミの日まで放置するとあっという間に不快な臭気が部屋中に充満することとなります。単身者ならまだしも、家族で食事をするような場合には大量の食材を使っていくこととなります。生ゴミのにおいは部屋に充満するだけではなく、臭気が部屋にこびりつくようなケースもあるのです。

また運よく翌日のゴミで出せるようになった場合でも、ゴミ捨て場に捨てたゴミが野鳥や、動物、害虫に荒らされ、被害が近隣のかたにまで及ぶようなケースも想定されます。このような問題で、近隣の住民の方とトラブルになることは避けたいものです。

そのようなことが嫌な方は、家に生ゴミ処理機を用意しているのではないでしょうか。家で普段の料理などで発生したゴミを生ゴミ処理機で処理をすることで、臭気対策をきちんとすることができます。しかし、他の生活家電に比べて生ゴミ処理機は、使う家庭や使わない家庭の差があるのではないのでしょうか。普段、ほとんど調理をしないような家ではそもそも必要ないと考えるかたも多いはずです。

しかし、生ゴミの臭気が気になるような方は、生ゴミ処理機を導入することを考えるタイミングはあるはずです。生ゴミ処理機の購入をする際に、最初から、生ゴミ処理機に関して豊富な知識や経験を持つかたは少ないのではないのでしょうか。

いざ、導入を考えてもどのような種類があって、どのような価格帯の商品があるのかは馴染みが少ない分、知るのは大変かもしれません。また普段の使用方法や処理にかかる手間はどの程度のものであるかは、自分で時間をかけて調べるか、お店で店員さんに聞いてみないとわからない場合が多いのです。

本コラムでは、そのような生ゴミ処理機に関して、解説していきます。どのようなタイプの商品が存在するかをまずは紹介していきながら、適切な使用方法を数例紹介していきます。生ゴミ処理機といっても、実は色々なタイプの商品があるのです。それぞれの商品にメリット・デメリットがありますので、それらをきちんとおさえ、普段から使う食材などを踏まえてどのような商品を選んでいけばよいのかの参考にしてみてください。

不用品回収・リサイクルのおすすめサービス

生ゴミ処理機を使ってゴミ出しの手間を省こう

生ゴミ処理機を使ってゴミ出しの手間を省こう

家でおいしい食事を作って家族で一家団欒の時間を過ごすことで、リラックスした時間を過ごすことができます。しかし、食事やホームパーティーで楽しい時間を過ごした後に待ち構えているのは、面倒な後片付けやゴミの処理です。特に調理の際に使用した野菜や肉、魚などの生ゴミの処理には、少し手を焼くかもしれません。

家のゴミ箱に入れてゴミの日に出すのが流れですが、ゴミの日までに時間があるような場合には、家の中に放置することも考えられます。生ゴミは大変腐食が進行しやすく、季節や室温によっては、翌日からゴミ箱から悪臭が発生するようなケースも十分に考えられます。

その空間で生活をすることは大変なストレスになるだけでなく、生ゴミの臭気は大変強い臭気を発生させますので、衣類や部屋に長く残ってしまう可能性も十分に考えられるのです。ストレスなどで深刻な健康被害をもたらすことも考えられるので、清潔な室内環境にしたいのであれば生ゴミ処理の問題には真剣に取り組んでいかなければなりません。

また庭などの屋外にしばらく放置しておいてゴミの日に出すという方法もあります。しかし、ゴミ袋から発せられる臭気に、カラスなどの野鳥や害虫、害獣が群がってしまい、近隣の住民のかたに迷惑をかけてトラブルとなるようなケースも十分に考えられます。ゴミ捨てに関するマナーのトラブルは昔からよく聞く話ですが、臭気や他の動物の襲来まで招く、生ゴミの処理に関してはきちんとした自己責任のもと、最適な処理を考えていかなければなりません。

このような場合には生ゴミ処理機は大変ありがたいのです。普段から家で出た生ゴミの処理をきちんとすることで、自分も周辺住民のかたも快適で安心な生活ができます。騒音などと並んで臭気問題は、大変多くの問題をはらんでいます。自分のことばかり考えるのではなく、近隣のかたや環境全般にも配慮する意識を持つことが大切なこととなるのです。

結婚や趣味で本格的に料理を始めることとなったかたや家の中に嫌な臭気が充満することを嫌うかただけでなく、家庭菜園やガーデニング用の肥料として生ゴミを使っていきたいかたもいるのではないでしょうか。

生ゴミ処理機の処理方法4通り!

さて生ゴミ処理機を使った処理方法といっても大変多くの種類があります。発売されている製品も想像をこえるほど大変バラエティーに富んでいるのです。数多く販売されている製品の中から、自分の用途に最適な商品をしっかりと見極めて選んでいくことが大切です。

生ゴミ処理機は大きく分けて4つのタイプの商品が発売されています。それぞれにメリットやデメリットがありますので、まずはその点を確実に理解していきましょう。コストや騒音など、必ずおさえておかなければならない点もありますし、自分の家庭が戸建て住宅なのかマンションなのかでも選ぶ商品は変わってくるのです。

バイオ式

家で多くの生ゴミを処理するうえでも生ゴミ処理機のスペックや特性は大変重要です。ここではまずはバイオ式の商品の説明をしていきます。バイオ式生ゴミ処理機の一番大きなポイントは、微生物の力を使って生ゴミを水と炭酸ガスに分解する点です。販売されている生ゴミ処理機の中でも販売台数は多い部類に入ります。

メリット

肝心なバイオ式の生ゴミ処理機のメリットとしてあげられるのは、以下の2点です。

①音が出ない

バイオ式の商品は屋外設置が前提の商品です。その点からしても、生ゴミ処理機の使用に際して音が出ないという点は重要なポイントとなります。いくら臭気が気になり、ゴミの処理に手間取るのが嫌だからといっても、深夜や早朝に音をたててゴミの処理をすることはあまり避けたいものです。

②堆肥化がスムーズ

家庭菜園や家でガーデニングをするかたにとっては、種苗費や肥料などのコストも発生していきます。バイオ式生ゴミ処理機を使用することで、肥料を自前で作っていけますので、大変経済的に自分の趣味を楽しんでいけるのは嬉しいですね。微生物が生ゴミ分解をしてくれるので、他の商品に比べて、スムーズに堆肥化ができるというメリットがあるのです。

デメリット

次にデメリットですが、3点が代表例です。

①コストが高額になりがち

バイオ式生ゴミ処理機は、本体価格自体が後述する他の製品よりも割高で、なおかつ消費電力に関しても他製品と比べると高額となりがちです。そのため、経済的な側面から考えるとあまりお得な選択肢とはならない可能性もあります。

②重量があり、使用場所が屋外に限定される

②、③に関しては、類似のデメリットです。バイオ式生ゴミ処理機は大きな筐体で、且つ重量もありますので、持ち運びに困るという点があげられます。また生ゴミ処理機は臭気や騒音などの問題から屋外での使用となる場合が多くなります。そうなると、本体まで簡単に電源が届かないことや、また延長コードなど、別の備品を用意しないといけなくなる可能性も高くなります。

③臭気が出る

臭気ですが、少し複雑な問題となります。バイオ式生ゴミ処理機は微生物を使って分解処理をしますので、そのプロセスで臭気が発生します。戸建て住宅であれば、自分で我慢できれば問題ないかも知れませんが、賃貸物件にお住まいの場合などで、隣の家との距離が近いような場合には臭気などの面でトラブルなどが発生する可能性もあります。

乾燥式

次に乾燥式の生ゴミ処理機を紹介していきます。このタイプの商品のゴミ処理方法ですが、生ゴミに熱風をあてて乾燥することによって乾燥した状態にします。

メリット

この乾燥式生ゴミ処理機のメリットですが、2点があげられます。

①低価格で購入が可能

初めて生ゴミ処理機を家庭に導入するような場合にはよいかもしれません。高い製品を購入して思ったような効果が得られないような場合や、使用頻度自体がそれほど多くないようなケースでは乾燥式の生ごみ処理機を導入してみてはいかがでしょうか。

②サイズが小さいという点

先ほど紹介したバイオ式生ゴミ処理機との比較で考えることでその意味がわかります。コンパクトで持ち運びが比較的容易であるという点において。屋内のあらゆる場所に持ち運んで、使っていくことができます。その点において大変汎用性の高い商品といえるかも知れません。

デメリット

しかし、乾燥式生ゴミ処理機にもデメリットはありますので、いくつかを紹介していきます。

①光熱費が高くなってしまう

熱を使って処理をしていきますので、イメージが湧きやすいのではないでしょうか?普段からの使用頻度が高くなれば家庭の光熱費を圧迫する要因となります。

②臭気が出やすい

コンパクトでベランダなどに持ち運びがしやすいという点においては、優れた商品です。しかしその分、隣家と近接した場所に置いてしまうと時には臭気に関する問題が発生しやすくなるというデメリットも併存するという点に関しては注意しておきましょう。

③生ゴミの処理に時間がかかる

処理に時間がかかるだけでなく、処理の時に音が出ることもあるので、大きなトラブルへと発展しかねませんので、十分に注意を払っておくべき問題です。乾燥式生ゴミ処理機はじっくりと生ゴミを乾燥させて処理をしていきます。

そのためゴミ処理の開始時間には気をつけましょう。夜に生ゴミ処理を始めて処理が深夜に及ぶような場合には近隣のかたの安眠を妨げることともなります。普段からきちんとした配慮を持って処理をすることを心がけるべきです。

騒音や異臭などの苦情を誘発することも考えられます。処理時間の目安などを購入前に調べておくことがトラブル回避の秘訣です。臭気や騒音の双方でのトラブルは時には深刻なトラブルを引き起こしてしまいます。使用開始時間、所要時間には普段から配慮をすることで、計画的な利用を考えていきましょう。

しかし、メリットとデメリットを考えると、本体以外に特筆すべき内容が少ないのかも知れません。ランニングコストや処理時間を考えるとコストパフォーマンスが高いとはいい難い商品でもあります。価格などに大きなこだわりがないのであれば別の商品を選んでいくことも選択肢に入れてみてはいかがでしょうか。

粉砕式

次にご紹介するのが粉砕式です。このタイプの商品は前述のふたつとは異なる方法で生ゴミ処理をする商品です。前のふたつの商品は微生物や熱風などの方法で生ゴミを処理していたのですが、今回の方法は高速に回転する刃物で生ゴミを粉砕する方法です。このタイプでの生ゴミ処理の方法を紹介します。

ディスポーザータイプの商品として、キッチンのシンク下に刃物が設置されている場合、そこに対象となる生ゴミを投入することで処理をおこなっていくのです。設置を検討する場合は、家を新築で建築する場合や、また家の中を増設する場合にリフォーム業者などに相談をして見積もりをとってみてはいかがでしょうか。

ハイブリット式

対象となる生ゴミを乾燥させた後で、微生物による分解をするタイプの商品です。市場シェアもこのタイプが主流となってきています。乾燥式とバイオ式のそれぞれのデメリットを補完するイメージの商品となります、単身者のかたから大家族の方まで大変多くの家庭で使いやすい商品となっています。

最近の家電製品の性能向上と、低価格化はわたしたちの生活に大変嬉しい恩恵となっています。これは生ゴミ処理機でも同じです。安心して使っていける高品質な商品を選んでいけば、普段の生活でかかるコストやストレスを大きく削減させることができます。

ここまでで述べた内容を参考にしていきながら、ご自身の家庭に最適なタイプをまずは検討してみてはいかがでしょうか。次からは生ゴミ処理機に関してさまざまなタイプのおすすめ商品を紹介していきます。実は想像以上に多くの種類の商品が販売されているのです。頻度や用途によって、最適な商品を選んでいきましょう。

【バイオ式は処理後にたい肥として再利用!】生ゴミ処理機のおすすめ2つ

【バイオ式は処理後にたい肥として再利用!】生ゴミ処理機のおすすめ3つ
ご自宅で家庭菜園やガーデニングをしているご家庭も多いのではないのでしょうか。週末の気分転換や食材確保のためにこのような趣味を持つことで健康的な生活を楽しんでいくことができます。しかし、種苗や肥料を自分ですべて賄っていくのは、規模によっては費用面で負担となる場合もあります。

そこで検討したいのが、バイオ式生ゴミ処理機で処理した食材を、肥料として有効に再利用することです。この方法を選択することで、環境面やコスト面双方でメリットを得ることができます。本章ではこのようにゴミを肥料化させることができる商品を紹介していきます。


エコクリーン(家庭用生ゴミ処理機自然にカエルS)

Amazonで詳細を見る
Amazonで詳細を見る
楽天で詳細を見る
楽天で詳細を見る

 

電力を使わずに生ゴミを処理できる商品は毎日の使用に大変適しています。光熱費も年間を通じて考えると大変高額になるご家庭も多いはずです。この商品は電力も使わずに使用可能ですし、ポータビリティー性にも優れていますので、ベランダや駐車場など、臭気をあまり気にしない場所で使用をすることができます。日々家から出る生ゴミのほとんどを処理する機能性も外せないチェックポイントとなります。


アイリスオーヤマ(エココンポスト)

Amazonで詳細を見る
Amazonで詳細を見る
楽天で詳細を見る
楽天で詳細を見る

 

家で家庭菜園やガーデニングをするかたにとっては、この製品を使ってみることをおすすめします。庭や菜園の土に穴をほって、生ゴミをそこに入れて蓋をするだけで処理ができる便利さも嬉しい商品です。金額的にも他の製品と比べて大変リーズナブルな値段で入手することができます。家の中やベランダで使っていく商品ではないので、気軽に庭に置いておくだけで使っていけます。ガーデニングや家庭菜園利用者のみならず、生ゴミ処理機初心者にも大変使いやすい商品です。

【臭気が気にならない乾燥式!】生ゴミ処理機のおすすめ3つ

普段から家で料理を頻繫にする機会が多いようなかたは常に後片付けとゴミ処理との戦いです。そのような家庭で少しでも掃除やゴミの処分にかかる手間を削減したいのであれば、せめて臭気対策だけはきちんとできる生ゴミ処理機を選んではいかがでしょうか。臭気はストレスのもとですし、生ゴミの臭気は長く部屋に残り続けます。

ここでは、そのような生ゴミの臭気が気にならない乾燥式の生ゴミ処理機を紹介します。


リブラン(生ゴミ処理機&乾燥機エアドライ)

Amazonで詳細を見る
Amazonで詳細を見る
楽天で詳細を見る
楽天で詳細を見る

 

乾燥式は手軽に購入でき、また価格が安いという点でも魅力的です。しかし、生ゴミ処理機といえども家で使うそのほかの家電製品と同じように最低限おしゃれであることを意識していきたいと考えるかたは是非とも、この1台を使ってみてはいかがでしょうか。カラフルなボディからは生ゴミ処理機とは連想できません。値段的にもまずはこの商品をベンチマークに考えてみてはいかがでしょうか。


島産業(家庭用屋内型生ゴミ処理機)パリパリキューブ

Amazonで詳細を見る
Amazonで詳細を見る
楽天で詳細を見る
楽天で詳細を見る

 

値段と性能のバランスを考えると選択肢に入ること間違いない1台です。乾燥にかかる時間などを複数パターンから設定できますので、時間があるときやないときなど、その時々の状況でフレキシブルに使っていけます。処理できる容量も大変大きいですので、1度に大量の生ゴミが出るようなご家庭にはおすすめです。幅広い用途で使っていける製品で値段も手軽ですから、単身者以外の家庭のかたはまずはこの商品を考えてみてはいかがでしょうか。


島産業(パリパリキューブライト)

Amazonで詳細を見る
Amazonで詳細を見る
楽天で詳細を見る
楽天で詳細を見る

 

トリコロールカラーの大変スタイリッシュなデザインです。生ゴミ処理機にするにはもったいないようなデザインですね。キッチンの片隅においておけるほどのコンパクトなサイズですから、気軽に使っていけます。この商品は静音性にも優れています。夜中、時間のないときにでも大変重宝します。同じタイプの商品で、色がイタリア国旗をモチーフにした商品もあります。部屋の雰囲気で選んでみてはいかがでしょうか。

【分ける必要がないから後処理が簡単!粉砕式】生ゴミ処理機のおすすめ1つ

2章でも紹介しましたが生ゴミ処理機にも多くの種類があります。購入にかかる費用や設置の手間から、ランニングコストまで、多くの観点から自分にとって最適な生ゴミ処理機を選んでいきましょう。粉砕式生ゴミ処理機のメリットは、やはり手間にかかる処理が少なくて済むことです。毎日のことですから、やはりこの点は考えておきたいポイントですね。この章では生ゴミ処理に手間がかからない、粉砕式生ゴミ処理機を紹介していきます。


CGOLDENWALL 1000g電動スイング式グラインダー

Amazonで詳細を見る
Amazonで詳細を見る

 

生ゴミのみにとどまらず、殻のような固い商品まで処理できる商品です。ステンレス製のボディですから、おしゃれな印象を与えてくれます。業務用から家庭用まで大変幅広く使っていける商品ですので、普段からさまざまな料理をする家庭ではご用意頂いても無駄になることはありません。値段も手軽な商品です。

【チップ交換不要!ゴミが残らないハイブリット式】生ゴミ処理機のおすすめ2つ

最近の生ゴミ処理機市場の中でもどんどん主流となっているのがハイブリッド式、生ゴミ処理機です。名称だけでもなんだかカッコイイですね。ハイブリッド式の生ゴミ処理機は従来の生ゴミ処理機のデメリットを改善してできた商品です。商品ラインナップも今後はどんどん増えていきますので、選ぶ楽しみも増えていく商品です。本章では、ハイブリッド式の生ゴミ処理機を紹介していきます。


パナソニック(家庭用生ゴミ処理機 温風乾燥式 3L)

Amazonで詳細を見る
Amazonで詳細を見る
楽天で詳細を見る
楽天で詳細を見る

 

各種サイトをみていても評判の高い商品です。値段は比較的高額ですが、その分、長い期間安心して使っていくことができます。サイズもコンパクトな商品ですし、なによりも高い脱臭効果が嬉しい商品です。安心のパナソニックブランドですから長く安全に使っていきたいかたやアフターケアにも重点を置いていきたいかたにとっては、おすすめの商品です。


家庭用バイオ式生ゴミ処理機 バイオクリーン

Amazonで詳細を見る
Amazonで詳細を見る
楽天で詳細を見る
楽天で詳細を見る

 

大変高性能な1台です。値段は高価な商品となりますが、生ゴミ処理以外にも大変使いやすい商品ですので、あればなにかと重宝する1台ではないのでしょうか。サイズは大きくなりがちなのが難点です。しかし、きちんとしたゴミ処理をしていきたいと考える方には必ずや役にたつ1台です。

生ゴミ処理機を使用する時間は注意しよう

さきほどまでで、数ある生ゴミ処理機の中から、用途別に実際の商品を紹介しながら、説明していきました。なにかと便利な生ゴミ処理機ですが、先にも述べたデメリットの関係から、時には予期せぬトラブルを引き起こす可能性もあります。

せっかくお金を出して購入した生ゴミ処理機ですから、使用に際してはスマートに使っていきたいものですね。この章では生ゴミ処理機を使っていくときに、注意しておきたい点を数点紹介していきます。普段の生活に密着した商品である分、臭気や騒音などのトラブルで、ご近所の方と大きな問題を引き起こす可能性も十分に考えられます。

使う時間帯や、場所に工夫をすることで、そのようなトラブルから、自分自身を守っていくこともできます。きちんとしたルールを守っていくことで生ゴミ処理機をもっと身近なものとすることができます。ここからは、生ゴミ処理機を使用するときに重要なポイントをいくつか紹介していきます。

生ごみ処理機があれば後処理が簡単に!タイプ別おすすめ商品をご紹介

①騒音

乾燥式生ゴミ処理機の説明でも述べたデメリットですが、やはり騒音問題は時に近隣住民を巻き込んだ大きなトラブルへと発展する可能性もありますので、注意をしていきましょう。夜間に調理をおこなった生ゴミをその流れで生ゴミ処理機で処理しようとすると、時間帯によっては近隣のかたが寝静まっている可能性もあります。

②使用時間

騒音問題にも関係してきますが、生ゴミ処理にかかる時間も考慮に入れて、使用時間や方法を検討していきましょう。生ゴミの処理に数時間もかかるような場合は開始時間をはやめても、作業完了が深夜に及ぶような場合も十分に考えられます。事前に取扱説明書を参照しながら大まかな時間を把握し、作業工程を考えてみることをおすすめします。

③臭気

生ゴミ処理機を使っていくことで、生ゴミの臭気などを最終的には消臭し、中和することが目的となります。しかし、作業中においては、バイオ式、乾燥式双方で、処理に伴う臭気が発生するというデメリットもあります。そのような中で、普段からの使用場所にも注意をしなければなりません。

戸建て住宅の庭などで使うような場合には、近隣のかたの付近に置かないような配慮も可能ですが、マンションなどのベランダに置くような場合は注意が必要です。ベランダに洗濯物を干したりするような場合は、洗濯物に臭気がつくようなケースもありますし、隣人のかたのベランダにも同じようなことがおこる可能性も十分にあるのです。

騒音も大きな問題であることは間違いないのですが、臭気に関する問題も十分に配慮していかないといけません。場合によっては大きなトラブルへと発展していき、退去や訴訟にまで発展しかねない問題です。自己責任の原則のもとマナーや節度を持った使用を考えていきましょう。

不用品回収・リサイクルのおすすめサービス

まとめ

家庭から出るゴミの問題は、昔から、頻繫に聞かれる問題です。捨てる日を守るなどの基本事項の遵守は当然ですが、それに加えて、生ゴミに関しては臭気や害獣対策など1歩進んだ処理が大切です。

この点からしても生ごみ処理機は普段のゴミ処理を便利にしてくれるお役立ちアイテムであることに間違いはありません。しかし、生ゴミ処理機といってもさまざまな種類があり、それぞれ一長一短があります。ご家庭で生ゴミ処理機を導入される際にはまずは、この点をきちんと把握されることをおすすめします。

また処理方法や設置場所に関しても、注意を払っていく必要性が生じます。時には他人に危害を加える大変大きな問題にも発展しかねません。

本コラム内でも具体的にいくつかの商品を紹介させて頂きました。目的別に最適な商品を選んでいく中で、この情報を参考にして頂きながら、デザインやサイズなど、自分なりのこだわりを持って商品を選んで頂ければ幸いです。

不用品回収・リサイクルを依頼できる業者や料金

依頼できる業者や料金については、「生活110番」の「不用品回収・リサイクル」をご覧ください。

不用品回収・リサイクルはプロに相談
【生活110番】は国内最大級の暮らしの「困った」を解決する業者情報検索サイトです。
140ジャンルを超える生活トラブルを解決するプロたちを掲載しています。
生活のお困りごとは、なんでもご相談ください。
不用品回収・リサイクルはプロに相談
【生活110番】は国内最大級の暮らしの「困った」を解決する業者情報検索サイトです。
140ジャンルを超える生活トラブルを解決する
プロたちを掲載しています。
生活のお困りごとは、
なんでもご相談ください。

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE
この記事を書いた人
編集者:くにひさ
手入れが行き届いた庭が好きで、業者の仕事を詳しく知ってもらいたいと思い、庭や害虫担当のライターになった。

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
3投票,  平均評価値:5

最新記事

施行事例ブログ

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
2019-07-18 11:08:29
https://www.seikatsu110.jp/acting/ac_recycle/128025/
便利屋・代行サービス
家庭で出るゴミには色々な種類があります。燃えるゴミや不燃ゴミを始め、粗大ゴミなど大変多くのゴミがある中で、やはりきちんとした方法で最適な処分方法を考えることは、地域を綺麗にするためや地球温暖化問題においても大変重要なこととなります。普段から家のゴミを出す中で料理をする際に出る生ゴミの処理はやはり、面倒です。野菜や肉、魚などのゴミの問題は常に多くの問題をはらんでいます。生ゴミは時間をおいて放置してお...
シェアリングテクノロジー株式会社

不用品回収・リサイクルのお問い合わせ・ご相談はこちら

不用品回収・リサイクルについてご相談・ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。

お名前必須
電話番号必須
相談したい内容任意

※ご相談内容を確認後、弊社運営スタッフより折り返しお電話させていただきます。

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、140ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!