生活110番ニュース 便利屋・代行サービス

このエントリーをはてなブックマークに追加

本棚の解体はできるの?処分に困ったらどうしたらいいのか

投稿日:2018-11-13 更新日:2018-11-13

本棚の解体はできるの?処分に困ったらどうしたらいいのか

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE

「本が増えたけど、本棚は古くて壊れそう……」「本棚の汚れがひどいし、新しいものを買おうかな」
このような思いから、今ある本棚を手放そうとしている方はいるでしょうか。

新しい本棚に変えるには、今ある本棚は処分する必要があるでしょう。本棚の大きさによっては、本棚を解体しなければ、処分に出せない場合があります。
ところが棚によっては、道具を使わずに解体することが可能な場合があるのです。そこでこの記事では、本棚や棚の解体と処分方法についてご紹介させていただきます。

不用品回収・リサイクルのおすすめサービス

本棚は粗大ゴミで処分ができる

自治体によって規定には違いがありますが、縦、横、高さが約30㎝以上であることが粗大ゴミに出せるものの基準のひとつです。本棚を処分する際、自治体の指示にしたがって粗大ゴミとして処分できる場合があります。

しかし自治体によっては回収できるものの大きさに限度が設定されている場合があり、その大きさを上回る場合は粗大ゴミとして処分に出すこともできません。小さすぎる本棚や大きすぎる本棚は一度大きさを測り、処分に出せる大きさなのかを確認しましょう。

もし本棚を解体することによって処分可能な規定サイズ内に抑えることができるのなら、解体を検討してもいいかもしれません。また、棚が木製であり、どの辺の長さも約30㎝以下であれば可燃ゴミとして処分することができる場合があります。

本棚は粗大ゴミで処分ができる

本棚は買い取ってもらえるの?

ものを収納する棚や本棚には耐久性が必要です。そのため長く使っていたような棚は、買い取ってもらえない場合があります。
本棚に傷や汚れ、においやシミなどが付いていた場合も、買い取り値段が付かないことがあります。軽い汚れや小さな汚れだったとしても、買い取り価格に影響が出る可能性は高いです。

くわえて買い取り店は、買い取っても売れる可能性が少ないとみた本棚は買い取らない傾向にあります。とくに人気メーカーやブランドのものではない本棚の買取は難しい場合が多いです。

また、本棚を売るために買い取り店まで運ぶ手間とゴミとして処分したときの手間を比べたとき、ゴミに出すほうが手間が少ないと考える方がいるかもしれません。大きな本棚でも解体すればゴミに出せる場合があるので、一度解体を検討してみるのもおすすめです。

本棚の解体は木製なら簡単?

木製かつ、棚と棚の間に太い支柱や金具が使われていないような作りの本棚の場合、バールやノコギリなどの道具がなくても解体できるかもしれません。たとえば、扉が付いてる木製の棚の場合は、扉を限界以上に開くことで扉を取り外すことができる場合があります。

ただしこの解体方法だと木片が飛び散る可能性があるので、軍手で手を守ったり、ゴーグルで目を守るといいでしょう。
また、棚を解体した勢いで木材を足の上に落としてケガを負うおそれもありますので注意してください。

自分だけでなく、周りにいる人に解体した棚の木材が当たってしまう可能性もあります。解体の際にケガを負わないために、本棚の劣化具合を確認し、広い場所を確保してから本棚を解体することをおすすめします。

本棚の解体は木製なら簡単?

本棚の解体も持ち運びも難しかったら

粗大ゴミに出す場合ゴミ回収場所まで本棚を運び出さなければなりませんが、本棚によっては棚の解体も運搬も難しいかもしれません。

そのまま無理に運び出そうとしてしまうと、壁や家具を傷付けるおそれがあります。そのような場合は、「不用品回収業者」に処分を依頼するといいかもしれません。
不用品回収業者とは、さまざまな種類の不用品を回収している業者です。

【メリット】

不用品回収業者は、回収、処分もしてくれますが、室内からの運び出し作業も請け負ってくれる場合があります。本棚を自分で動かすことが難しい方は業者に運搬作業を依頼すれば、ご自身で本棚を解体する必要もありません。

また、粗大ゴミに出す場合はあらかじめ回収日が決められているので、その回収日に都合が合わないと処分に長期間かかる場合があります。しかし不用品回収業者の場合、業者によって違いはありますが即日回収が可能な場合があるので、手早く本棚を手放すことができるでしょう。

さらに、一般的にゴミは分別してから回収場所に出す必要がありますが、不用品回収業者に依頼すると分別の必要はありません。このため、分別の手間をなくすことができます。

【デメリット】

不用品回収業者に回収、処分を依頼すると費用がかかり、粗大ゴミとして捨てたときよりも高くなる場合が多いです。本棚の回収費用相場は、約3,000~5,000円となっています。
不用品回収業者の場合、回収する本棚が大きければ大きいほど、処分にかかる費用が上がる所が多いです。

また、業者によってサービス内容や費用、回収の方法なども違います。もし自分の状況にあっていない業者に回収を依頼してしまうと、損をしてしまう場合があるかもしれません。

不用品回収・リサイクルのおすすめサービス

まとめ

自治体によっては、粗大ゴミとして出せるものの大きさに限界が設定されている場合があります。そのため本棚の大きさによっては、粗大ゴミで処分できないかもしれません。

本棚は解体することで自治体のゴミ指定の大きさにあわせることが可能な場合があります。解体する場合は広い場所を確保し、ケガを負わないよう十分注意しましょう。

しかし、「本棚を解体するのは少し不安……」という方も多いことでしょう。その場合は、不用品回収業者の力を借りるのがおすすめです。不用品回収業者に処分を依頼すると、ご自身で棚を解体する必要はありませんので、本棚を手早く、手間をかけずに処分することが可能です。
ただし、業者によってサービス内容や費用には違いがありますので、業者の方に確認を取ってから依頼するようにしましょう。

不用品回収を依頼できる業者や料金

依頼できる業者や料金について、詳しくは「生活110番」の「不用品回収」をご覧ください。

不用品回収・リサイクルはプロに相談
【生活110番】は国内最大級の暮らしの「困った」を解決する業者情報検索サイトです。
140ジャンルを超える生活トラブルを解決するプロたちを掲載しています。
生活のお困りごとは、なんでもご相談ください。
不用品回収・リサイクルはプロに相談
【生活110番】は国内最大級の暮らしの「困った」を解決する業者情報検索サイトです。
140ジャンルを超える生活トラブルを解決する
プロたちを掲載しています。
生活のお困りごとは、
なんでもご相談ください。

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE
この記事を書いた人
編集者:くにひさ
手入れが行き届いた庭が好きで、業者の仕事を詳しく知ってもらいたいと思い、庭や害虫担当のライターになった。

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
1投票,  平均評価値:5

最新記事

施行事例ブログ

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
2018-11-13 15:44:04
https://www.seikatsu110.jp/acting/ac_recycle/123384/
便利屋・代行サービス
「本が増えたけど、本棚は古くて壊れそう……」「本棚の汚れがひどいし、新しいものを買おうかな」このような思いから、今ある本棚を手放そうとしている方はいるでしょうか。新しい本棚に変えるには、今ある本棚は処分する必要があるでしょう。本棚の大きさによっては、本棚を解体しなければ、処分に出せない場合があります。ところが棚によっては、道具を使わずに解体することが可能な場合があるのです。そこでこの記事では、本棚や...
シェアリングテクノロジー株式会社

不用品回収・リサイクルのお問い合わせ・ご相談はこちら

不用品回収・リサイクルについてご相談・ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。

お名前必須
お名前を正しく入力してください
電話番号必須
電話番号を正しく入力してください
相談したい内容 任意

利用規約プライバシーポリシーに同意の上ご利用ください。

※ご相談内容を確認後、弊社運営スタッフより折り返しお電話させていただきます。

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、140ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!