生活110番辞典 便利屋・代行サービス

このエントリーをはてなブックマークに追加

ルーターの捨て方を3種類ご紹介!捨てる前にチェックすべきこととは

2018-11-07

ルーターの捨て方を3種類ご紹介!捨てる前にチェックすべきこととは

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

担当スタッフがあなたに合った業者を紹介
相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラPCLINEでの無料相談はこちらPC
担当スタッフがあなたに合った業者を紹介
相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE

パソコンやスマートフォンなどで、インターネットを見る場合にはWi-Fiを利用している人は、その時にルーターを使っていますよね。古いものでは対応してない場合もあるため、ルーターを買い替えることもあると思います。

買い替えなどでルーターを処分する時に「ルーターって何ゴミ?」「そもそも普通に捨ててもいいの?」と疑問がある方もいませんか。今回のコラムでは、ルーターの捨て方を3種類と捨てる前に確認しておくべきことを、ルーターの処分に困っている人に向けてご紹介します。

不用品回収・リサイクルのおすすめサービス

ルーターを捨てる前に

ルーターの捨て方も重要ですが、捨てる前に確認をしておくべきことがあります。それはルーターを初期化させることとルーターがレンタル品かどうか確認することです。

初期化

ルーターを使うと通信記録や利用時のパスワード、名前などが記録されていいます。初期化をせずに捨ててしまうと記録や名前などの情報が流出し、悪用され事件に巻き込まれることもあるかもしれません。悪用されないように初期化することでルーターの情報を消すことが重要です。

初期化の方法は、ルーターによってはリセットボタンを押すだけでできるものもあります。わからない場合は説明書に書かれているので、確認してから初期化させましょう。

レンタル品

使用しているルーターがもしかしたらレンタル品の場合があるので、レンタル品かどうかも確認するようにしましょう。レンタル品を勝手に捨ててしまい、提供している企業とトラブルになる場合が考えられます。

確認はルーター本体にも書かれていますが、わからない場合はレンタル時の契約書やプロバイダ(インターネット接続業者)に問い合わせることで確認することができます。契約書や問い合わせ時にレンタル品の返却方法も一緒に確認するとよいのではないでしょうか。

ルーターを捨てる前に

ルーターの捨て方①自治体で処分する方法

ルーターの捨て方に『自治体で処分する方法』があります。ただし自治体によってゴミの分類が異なるので、注意が必要です。自分が住んでいる自治体のHPなどで、燃えるゴミなのか不燃ゴミなのかなどを確認して、該当するゴミの分類で処分しましょう。

またルーターは、自治体によって小型家電リサイクル法の対象になっている場合があります。小型家電リサイクル法の対象となっている場合には、リサイクル回収ボックスなどが設置されている場所に捨てましょう。リサイクル回収ボックスに捨てる場合には、費用は基本的にはかかりません。設置場所は自治体によってことなるので事前に確認するようにしましょう。

ただし自分でリサイクル回収ボックスが設置されている場所にルーターを持っていく必要があるため、手間がかかってしまいます。ほかにも回収日が決められているため、すぐに捨てたいという場合にも捨てられないというデメリットもあるのです。

ルーターの捨て方②引き取ってもらう方法

ルーターをゴミで捨てることに、抵抗があるかたも少なくありません。そういったときのルーターの捨て方のひとつに『メーカーや家電量販店に引き取ってもらう方法』があります。たとえば、今利用しているルーターから新しいものに買い替える場合には、下取りをしてくれる場合があります。このほかにも大手の家電量販店ではリサイクル回収ボックスが設置されている場合もありますので、そこへ捨てるのもひとつでしょう。

家電量販店やメーカーに引き取ってもらうには、費用が必要になることがあります。また店舗に直接行く手間がかかること、家電量販店やメーカーによっては引き取りをおこなっていないこともあるので注意が必要です。

家電量販店を活用するなら「引き取りサービスをしているか」「引き取りでは費用がかかるのか」「リサイクル回収ボックスがあるのか」などを、HPもしくは問い合わせてなどで事前に確認したほうがいいでしょう。

ルーターの捨て方②引き取ってもらう方法

ルーターの捨て方③不用品回収業者に依頼する方法

ルーターの捨て方に迷ったら「不用品回収業者に依頼する方法」もおすすめです。自宅などへの出張サービス方法などを選べば、自治体で捨てる方法や家電量販店などの引き取りとは違い直接出向く必要はありません。不用品回収業者によっては、壊れている不良品でも回収してくれる業者もあります。

不用品回収業者に依頼するメリットは、日時を指定してルーターを処分できるので、早く処分したい人や出向く手間をはぶきたい人にはおすすめです。また不用品回収業者の出張サービス方法などで依頼する場合はパソコン関連に限らず不要になったものも一緒に回収してくれる業者もありますので不用品をまとめて処分することもできるでしょう。

不用品回収業者によってかかる費用はかわってきます。出張回収をしてくれる業者がいいのか、宅配や出向いてでも早く処分できる業者がいいのかなど用途を考えて業者を選びましょう。

不用品回収・リサイクルのおすすめサービス

まとめ

ルーターを捨てる前には、必ず初期化させるようにしてください。初期化せずにルーターを捨ててしまうと、記録された情報を利用して悪用されることがあります。初期化の方法がわからない場合には説明書などで確認して、初期化させましょう。

ルーターの捨て方は、自分の住んでいる自治体で捨てる方法や家電量販店などで引き取ってもらう方法があります。自治体で捨てる場合には、小型家電リサイクル法の対象になっているかどうかも含めてゴミの分類を確認してください。もし自分で出向くのが手間だと感じるのであれば、不用品回収業者に依頼しましょう。

不用品回収業者に依頼すれば日時を指定して捨てられる、方法によっては出向く必要がないので便利なのではないでしょうか。業者に依頼することでそのほかの不用品も回収してくれるかもしれませんので、上手に活用しましょう。

不用品回収を依頼できる業者や料金

依頼できる業者や金額について、詳しくは「生活110番」の「不用品回収」をご覧ください。

不用品回収、リサイクルのおすすめ業者を見る

担当スタッフがあなたに合った業者を紹介
相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラPCLINEでの無料相談はこちらPC
担当スタッフがあなたに合った業者を紹介
相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
0投票,  平均評価値:0

おすすめコンテンツ

最新記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
暮らしのトラブルに備えよう!あると安心のパンフレット
2018-11-07 15:16:10
https://www.seikatsu110.jp/acting/ac_recycle/122299/
便利屋・代行サービス

シェアリングテクノロジー株式会社

おすすめ記事

不用品回収・リサイクルのお問い合わせ・ご相談はこちら

不用品回収・リサイクルについてご相談・ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。

お名前必須
電話番号必須
都道府県必須
相談したい内容必須

※ご相談内容を確認後、弊社運営スタッフより折り返しお電話させていただきます。

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、200ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!

0120-949-986