生活110番ニュース 便利屋・代行サービス

このエントリーをはてなブックマークに追加

引っ越し前の整理にかかる期間は?荷造りについてのアレコレを解決!

投稿日:2018-11-06 更新日:2018-11-06

引っ越し前の整理にかかる期間は?荷造りについてのアレコレを解決!

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE

引っ越し前の整理で、荷造りの方法がわからずに立ち往生しているかたはいませんか。ただの整理整頓と、引っ越し前の整理の違いがわからないかたはいませんか。ほとんどの人は荷造りの経験が少なく、どこから手をつけていいかわからなくなりがちです。

引っ越しは人生の一大イベントのひとつになりえます。だからこそ荷造りもしっかりと済ませて万全の準備を整えましょう。引っ越し前の整理の仕方をご紹介します。

不用品回収・リサイクルのおすすめサービス

引っ越し荷物の整理のコツ

引っ越しの荷造りをする前にまずやっておきたいこととして、新居にもっていくかもっていかないかを選別することがあります。いらないものを処分すれば荷造りする量も減らすことができ、引っ越し前の整理自体が非常にかんたんになりやすいです。

分別のときにいらないものを探そうとしていませんか。いらないもの基準で不用品を探そうとすると、どうしても捨てない理由を探してしまうという場合が非常に多いです。結果的にあまり荷物が減らせないことにつながります。

いるもの基準でものを捨てるようにすると、生活必需品や趣味のものなど本当に必要なもの以外を処分しようと考えるようになります。それらを分離した後に、まだ必要そうというものを探してみてはいかがでしょうか。

引っ越し荷物の整理のコツ

引っ越し荷物は新居のサイズも大事

引っ越し前の整理のなかで、考慮しておきたいものは新居のサイズやレイアウトです。手当たり次第に段ボールに詰め込んでいると、新居での荷ほどきの際に困ってしまいがちです。新居と住んでいた家のレイアウトはちがっているからです。

新居のレイアウト通りに荷物を詰め込む

新居と今まで住んでいた家の家具が同じということはほとんどありません。今までの家の家具配置に沿って荷造りしていたら、新居の家具に入らずに段ボールに入れたままにするということが起きる可能性があります。
これを避けるためには新居に合わせた荷造りをすることが大切です。新居に合わせた荷造りの仕方は以下の通りです。

整理する前に、段ボールに部屋の名前をつけます。たとえば、ダイニング・キッチン・寝室と書きます。さらにその段ボールのなかでブロックを作り、それぞれを新居の家具に割り当てます。キッチンの場合は、食器棚・調味料ラック・床下収納などです。そうやって収納する場所で固めて荷造りをすると、混乱することなく荷ほどきができる可能性がグンと上がります。

同時に使うもので固める

新居のレイアウトが決まっていない・家具をまだ買っていないという場合は、同時に使うもので段ボールを分けると便利です。休日に使う趣味のものや、平日に使う仕事用の道具などを同じにつかうことはほとんどありませんので、収納がなくても家具ごとに分けた荷造りができます。

すぐに使うものは分別を

荷造りも大詰めになってくると、生活必需品が荷造りすべきものに上がってきます。引っ越し前の整理で最後に終わらせないといけない荷物であり、最初に荷ほどきしなくてはいけないものです。荷造りのときに荷ほどきのことまで考えて分別すると、新居にうつった後でもすぐにいつもの生活ができるかもしれません。

生活必需品の段ボールは目立つマークをつけておく

新居に行った後に自炊する用の鍋が見つからずに外食した経験はありますか。荷造りをしてしまうと中身が見えず、開けてみるまで何が入った段ボールかわからなくなりがちです。そのためにも真っ先に荷ほどきしたい生活必需品や仕事で必要なものには、目立つ工夫を段ボールにしておくとスムーズな荷ほどきができます。

目立つ段ボールを作るには、シールや油性ペンを活用してみましょう。こん包にカラーテープを使ってもいいかもしれません。ただし、シールやテープは運搬の際にはがれたり、油性は色うつりしたりする可能性があります。こん包しているものによってマークの付け方を変えましょう。

生活必需品のなかでも分別しておく

引っ越し前の整理で最後にこん包する生活必需品なので、どうしても雑に荷造りしてしまいがちです。大きめのものならば問題ないのですが、複数の収納に入れるはずの小物が混ざってしまうと分別が大変になってしまいます。生活必需品だからこそスムーズな取り出しができるように分別して荷造りしましょう。

すぐに使うものは分別を

引っ越しの荷造りは1週間計画を

引っ越しの整理にはどのくらい時間がかかるかの目安はつけづらいです。荷造りをするのが早過ぎるとせっかくこん包した生活必需品を取り出すことになるおそれがあります。逆に遅すぎると荷造りが追い付かず、引っ越し業者に手伝ってもらうために料金を追加したということになりまねません。

するとなるべく早めに作りつつ、進み具合に合わせて荷造りへの力の入れ方を変えていくことが大切です。

1週間計画を立てる

一般的な核家族における、引っ越し前の整理にはおよそ7日かかるといわれています。ワンルームで一人暮らしならおよそ5日、三世帯家族ならば10日です。これを目安に計画を立てましょう。普段の生活で使わないものを優先して段ボールに入れていけば、引っ越し業者に迷惑にならず自分も不便な思いをせずに荷造りができます。

ごみ出しには不用品回収業者を

1週間で荷造りをしているとどうしても新居にもっていかない不用品がでてきます。しかし自治体ではゴミ収集の曜日が決まっており、思うように捨てられないというジレンマを抱えてしまいます。こんなときは不用品回収業者に依頼をしましょう。処分したいものを提示するとそのほとんどを回収してくれるうえ、価値のありそうなものは値段を査定し基本料金から割り引いてくれます。

大型家電を処分するときは特におすすめです。家族で大型家電を運ぶことが難しくても業者が搬出してくれるので、労力がかからずに整理と処分が同時にできます。このサービスは不用品回収業者によってはやっていない場合もありますので、評判と合わせて確認しておきましょう。

引っ越しの荷造りは1週間計画を

不用品回収・リサイクルのおすすめサービス

まとめ

引っ越し前の整理にはどうしても時間がかかってしまいます。そのなかで業者に迷惑をかけず、自分も不便な思いをしない荷造りを心がけましょう。

荷造りをするときは荷ほどきのときを念頭に置いておくことが大切です。ものを減らすために不用品を処分すること・新居での設置位置を考えてグループ分けすること・生活必需品の入った段ボールにマークをつけておくことが代表的なものです。これらを活用して、新居に移った後でもスムーズに普段の生活に戻れるようにしましょう。

荷造りに必要な時間はおおよそ1週間と考えて計画を打ち立てることが大切です。ただし、短い時間では整理のなかででたごみを捨てづらいという面もありますので、そのときは不用品回収業者に頼ってみましょう。

不用品回収を依頼できる業者や料金

依頼できる業者や料金について、詳しくは「生活110番」の「不用品回収」をご覧ください。

不用品回収・リサイクルはプロに相談
【生活110番】は国内最大級の暮らしの「困った」を解決する業者情報検索サイトです。
140ジャンルを超える生活トラブルを解決するプロたちを掲載しています。
生活のお困りごとは、なんでもご相談ください。
不用品回収・リサイクルはプロに相談
【生活110番】は国内最大級の暮らしの「困った」を解決する業者情報検索サイトです。
140ジャンルを超える生活トラブルを解決する
プロたちを掲載しています。
生活のお困りごとは、
なんでもご相談ください。

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE
この記事を書いた人
編集者:りさ
コールセンターを経てライターへ転職。さまざまな人に向き合ってきた経験から、記事で的確なアドバイスができることを目指している。

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
0投票,  平均評価値:0

最新記事

施行事例ブログ

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
2018-11-06 16:45:21
https://www.seikatsu110.jp/acting/ac_recycle/122187/
便利屋・代行サービス
引っ越し前の整理で、荷造りの方法がわからずに立ち往生しているかたはいませんか。ただの整理整頓と、引っ越し前の整理の違いがわからないかたはいませんか。ほとんどの人は荷造りの経験が少なく、どこから手をつけていいかわからなくなりがちです。引っ越しは人生の一大イベントのひとつになりえます。だからこそ荷造りもしっかりと済ませて万全の準備を整えましょう。引っ越し前の整理の仕方をご紹介します。
シェアリングテクノロジー株式会社

不用品回収・リサイクルのお問い合わせ・ご相談はこちら

不用品回収・リサイクルについてご相談・ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。

お名前必須
お名前を正しく入力してください
電話番号必須
電話番号を正しく入力してください
相談したい内容 任意

利用規約プライバシーポリシーに同意の上ご利用ください。

※ご相談内容を確認後、弊社運営スタッフより折り返しお電話させていただきます。

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、140ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!