生活110番ニュース 便利屋・代行サービス

このエントリーをはてなブックマークに追加

ヘルメットを買取ってもらうコツ! キレイなヘルメットが高く売れる?

投稿日:2018-11-06 更新日:2018-11-06

ヘルメットを買取ってもらうコツ! キレイなヘルメットが高く売れる?

この記事を読むのに必要な時間は約 7 分です。

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE

この記事をお読みいただいている方の中には、「古いヘルメットを買取って欲しいけど、どうやったら高く売れるの?」と思っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。いつも頭を守ってくれたヘルメット、どうせ売るなら少しでも高く買取って欲しいですよね。

じつは、少しでも高くヘルメットを買取ってもらえるコツがあることをご存じでしょうか。ヘルメットを買取ってもらう際に工夫することで、高く買取ってもらいやすくなります。本コラムでは、ヘルメットを高く買取ってもらうにはどうしたらいいか紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

不用品回収・リサイクルのおすすめサービス

ヘルメットを高く買取してほしいならキレイにしておこう

高くヘルメットを買取ってもらうためには、買取に出す前にヘルメットをキレイにしておくことが大切です。どうしてヘルメットはキレイにしておいたほうがよいのでしょうか。

それは、ヘルメットは傷や汚れがひどいものや、劣化が激しいものは買取ってもらえないことが多いためです。ここで、できるだけ高くヘルメットを買取ってもらえるコツを解説します。

ヘルメットの外側・内側をキレイに拭いておく

高くヘルメットを買取ってもらうために、手入れをしっかりしておくことが必要になります。ヘルメットが汚れていると、買取の価格が大幅に落ちてしまうことが多いためです。

ヘルメットの外側の手入れは、ヘルメットの外側にヘルメット専用のクリーナーをスプレーして、乾いた布で拭いておくとよいでしょう。
ヘルメットの汚れを拭き終わったら、ヘルメット専用のワックスをスプレーするとさらに見た目がキレイになります。ヘルメットの清掃用具は、バイク用品専門店や、ホームセンターなどで手に入ります。

さらに、ヘルメットには、中の部品を外してヘルメットの内側も手入れできるものもあります。中の部品が外せるなら、ヘルメットの内側もキレイにしておくとさらに高く買取ってもらいやすくなるでしょう。

そして、ヘルメットをキレイにしておく以外にも、高く買取ってもらえるコツがあります。

新しいものを買取ってもらう

ヘルメットは、新しいもののほうが高く買取ってもらいやすいでしょう。ヘルメットの劣化が進むのが約3~5年程度と早めであるためです。劣化したヘルメットは商品価値がないと判断され、買取ってもらえない場合も多いといわれています。

ヘルメットに付属しているものがあれば入れておく

ヘルメットの主な付属品は、保証書・ケース・説明書などがあります。それらが残っていたら、買取ってもらうときにヘルメットと一緒にまとめておくとよいでしょう。付属品がそろっており、新品として売られていたころと近い状態であるほど、高く買取ってもらえる可能性が上がります。

ヘルメットを高く買取してほしいならキレイにしておこう

ヘルメット買取は専門業者やネットオークションがおすすめ

ヘルメットを買取ってもらうときは、バイク用品店などの業者や、ネットオークションで売ると売却相場が高い傾向にあります。業者とネットオークションでヘルメットを買取ってもらう場合の方法を紹介します。

①業者の場合

業者にヘルメットを買取ってもらう場合、基本的にはお店に持ち込むとよいでしょう。また、電話や公式ホームページで、ヘルメットの買取を受け付けている業者も多いです。

業者によっては、客側がヘルメットを郵送して、後日店側が買取る「宅配買取」というサービスを受け付けているところもあります。近くにお店がなくてヘルメットを持ち込めない場合に便利かもしれません。

②ネットオークションの場合

近年では、スマホからでもネットオークションへの出品が可能になりました。どこでも簡単にヘルメットを買取に出すことができます。ヘルメットをネットオークションに出す場合、ヘルメットの状態がわかる画像が必要になるので、あらかじめ撮影しておきましょう。

また、落札者とのトラブルを避けるために、ヘルメットの製造年月日や状態をできるだけ詳しくヘルメットの出品フォームに書いておくことも大切です。

以上2つのほかにもまだ、へルメットを買取に出す方法があります。「業者やネットオークションに出すのが難しい」「ほかの買取方法も試して買取金額を比較してみたい」という方は参考にしてみてください。

リサイクルショップ

リサイクルショップにヘルメットを買取ってもらいます。一般的にはお店にヘルメットを持ち込むことで、買取ってもらえる場合が多いです。お店によっては、電話やメールでの買取の依頼を受け付けているところもあります。

しかし、傷や汚れがひどいヘルメットや劣化しているヘルメットが買取ってもらえない場合が多いのは、リサイクルショップも同様ですので注意しましょう。

下取り

下取りとは、新しいヘルメットを買うとき、古いヘルメットをお店に売ることを指します。古いヘルメットを売った金額分、新しいヘルメットの金額から値引いてもらえるのです。お店によっては、下取りの際キャンペーンを実施しているところもあるかもしれません。

しかし、下取りの際に「買いたいヘルメットのメーカーと違うメーカーのヘルメットは下取りできない」などの決まりがある場合もあります。ヘルメットを下取りしてもらえるかどうかは、お店に確認してみるといいでしょう。

ヘルメット買取は専門業者やネットオークションがおすすめ

半キャップとフルフェイスでゴミ分類が異なることがある

「ヘルメットを買取ってもらえなかったからゴミとして捨てたい」という方もいらっしゃるかもしれません。
ヘルメットをゴミとして捨てる場合は、ヘルメットの形状によってゴミの分類が異なることがあるので注意が必要です。ヘルメットの形状は、頭から顔全部を覆う「フルフェイス」と、顔は出して頭のみ覆う「半キャップ」にわかれます。

一例として、半キャップは燃えるゴミとして扱う場合が多く、フルフェイスは粗大ゴミとして扱う場合が多いです。
燃えるゴミか粗大ゴミかの違いは主に大きさにあり、多くの自治体の規定では「一辺が30㎝以上のものは粗大ゴミ」となっているようです。そのため、大きめのヘルメットであるフルフェイスは、粗大ゴミとして処分することが多いのです。

ここで、粗大ゴミの処分方法の例を解説しますので、粗大ゴミの扱いがわからないという方は参考にしてください。

①自治体へ申し込む
自治体の公式ホームページで、粗大ゴミ収集の受付電話番号や申込フォームが記載されている場合が多いです。お住まいの自治体のホームページを確認するといいでしょう。申し込み後、自治体から粗大ゴミの回収日時と回収場所を電話やメールで指定されるかもしれません。

②粗大ゴミ処理券を購入する
粗大ゴミ処理券は、粗大ゴミを回収してもらう際にお金の代わりになるものです。粗大ゴミ処理券はシール状になっています。

粗大ゴミ処理券は、自治体の公共施設や、コンビニ、スーパーで買える場合が多いです。「粗大ゴミ処理券をどこで買えるか」と「粗大ゴミの処理料」はお住まいの自治体のホームページに記載されています。粗大ゴミの処理料も自治体によって異なっているので、粗大ゴミ処理料分の粗大ゴミ処理券を購入しましょう。

③指定の日時に粗大ごみ処理券を貼った粗大ゴミを出す
粗大ゴミ処理料分の粗大ゴミ処理券をヘルメットに貼り、自治体指定の日時に、ヘルメットを自治体指定の回収場所へ出します。

以上はすべて一例であり、自治体によって、ゴミの区分や処分方法は異なっています。そのためヘルメットをゴミとして捨てたい場合は、まずはお住まいの自治体のホームページを確認するとよいでしょう。

半キャップとフルフェイスでゴミ分類が異なることがある

まとめて捨てるときは不用品回収を利用しよう

もしヘルメット以外にも捨てたいものがあるなら、不用品の回収業者へ依頼するとよいでしょう。不用品の回収業者へ依頼すると、ヘルメットを引き取りにきてくれます。ヘルメットを粗大ゴミとして出す場合と違い、運搬の手間も省けるので便利といえるかもしれません。

不用品回収業者は不用品があればまとめて回収してくれる業者も多いので、運搬の手間だけでなく分別の手間も省けます。不要な衣類や家電などがあれば、ヘルメットを処分する機会にまとめて回収してもらうのがおすすめです。

また、買取ってもらえるものであれば不用品回収業者に買取ってもらえる場合もあります。ヘルメットを買取ってもらって、そのお金で新しいヘルメットなどを購入する……ということもできるかもしれません。

不用品回収・リサイクルのおすすめサービス

まとめ

ヘルメットは頭の安全を守る大切なものです。そのため「汚れがひどいヘルメット」「傷が目立つヘルメット」「ぶつけたりして劣化しているもの」は、頭の安全を守るヘルメットとしての価値がないとみなされて、買取ってもらえない場合が多いです。

ヘルメットを買取って欲しい場合は、ヘルメットの外側や、ヘルメットの中の部品をキレイにしておくことをおすすめします。
さらに、まだ新しいものや説明書などの付属品がついているものは、より高く買取ってもらえることがあります。

ヘルメットをゴミとして処分したい場合は、お住まいの自治体のホームページを確認してみるとよいでしょう。また、ヘルメットを不用品回収業者に回収してもらうのもおすすめです。まとめての不用品回収サービスを実施している業者も多く、不用品があればなんでも回収してもらえます。
業者によってはヘルメットを買取ってもらえる場合もあるので、不用なヘルメットがお金に変わるかもしれません。

 

不用品回収を依頼できる業者や料金

依頼できる業者や料金について、詳しくは「生活110番」の「不用品回収」をご覧ください。

不用品回収・リサイクルはプロに相談
【生活110番】は国内最大級の暮らしの「困った」を解決する業者情報検索サイトです。
140ジャンルを超える生活トラブルを解決するプロたちを掲載しています。
生活のお困りごとは、なんでもご相談ください。
不用品回収・リサイクルはプロに相談
【生活110番】は国内最大級の暮らしの「困った」を解決する業者情報検索サイトです。
140ジャンルを超える生活トラブルを解決する
プロたちを掲載しています。
生活のお困りごとは、
なんでもご相談ください。

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE
この記事を書いた人
編集者:りさ
コールセンターを経てライターへ転職。さまざまな人に向き合ってきた経験から、記事で的確なアドバイスができることを目指している。

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
1投票,  平均評価値:4

最新記事

施行事例ブログ

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
2018-11-06 15:18:14
https://www.seikatsu110.jp/acting/ac_recycle/122148/
便利屋・代行サービス
この記事をお読みいただいている方の中には、「古いヘルメットを買取って欲しいけど、どうやったら高く売れるの?」と思っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。いつも頭を守ってくれたヘルメット、どうせ売るなら少しでも高く買取って欲しいですよね。じつは、少しでも高くヘルメットを買取ってもらえるコツがあることをご存じでしょうか。ヘルメットを買取ってもらう際に工夫することで、高く買取ってもらいやすくなりま...
シェアリングテクノロジー株式会社

不用品回収・リサイクルのお問い合わせ・ご相談はこちら

不用品回収・リサイクルについてご相談・ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。

お名前必須
お名前を正しく入力してください
電話番号必須
電話番号を正しく入力してください
相談したい内容 任意

利用規約プライバシーポリシーに同意の上ご利用ください。

※ご相談内容を確認後、弊社運営スタッフより折り返しお電話させていただきます。

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、140ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!