生活110番ニュース 便利屋・代行サービス

このエントリーをはてなブックマークに追加

終活のやり方は人によって違いがある……終活のやり方についての解説

投稿日:2018-11-05 更新日:2018-11-05

終活のやり方は人によって違いがある……終活のやり方についての解説

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE

死というのは人間である限りいつか訪れる日がきます。それも、いつ訪れるかは予測できません。自分の死をあまりイメージしたくない方は多いかもしれませんが、「終活」という形を取ることで、素直に自分の死について向き合うことができるかもしれません。

「終活」という言葉を知っている方は多いのではないでしょうか。しかし、なにをすることが終活になるのかなど、あまり知らない方もいるかもしれません。そこでこの記事では、「終活」についてと、終活のやり方についてご紹介させていただきます。

不用品回収・リサイクルのおすすめサービス

終活のやり方はまずはしっかり理解を

「終活」の「終」は人生の終わり、「活動」には準備という意味合いがあります。よって「終活」は、自分らしく死を迎えるための準備をするという意味の言葉です。

終活をおこなうと、自分はどんな死を迎えたいか考える時間ができるので、自分の死に向き合うことができます。
また、死についての考え方は人それぞれ違うように、終活のやり方も人それぞれで変わるので、終活に具体的なルールはないといえるでしょう。

人によっては自分の死後、残された家族に負担を軽くするために、終活をおこなうという場合があります。たとえば、自分の遺品整理の手間を、残された家族にかけさせたくない方がいるかもしれません。そのような場合、終活で持ちものの整理を前もって済ませるなどして、後の家族が困らないようにすることもできます。

終活のやり方はまずはしっかり理解を

終活は家族に情報を残すことが大事

エンディングノートというものがあるのをご存知でしょうか。エンディングノートを書き情報を残しておくことは、終活のやり方のひとつとしておすすめできます。

「エンディングノート」とは、人生が終わる前にやらなければいけないことや、遺族に残したい情報を記したノートのことです。これは一般的にエンディングノートと呼ばれていますが、書くべき項目などは特に定まっていません。

そのため、自分のプロフィールや、友人の名前、葬儀、お墓についての希望などを自由に記録することができます。エンディングノートに自分の情報が記してあれば、自分の死後、自分がいなくても、家族に情報を伝えることができるかもしれません。
残した情報によっては、家族の負担を少なくすることができる場合があります。たとえば自分の葬儀の仕方に希望がある場合、エンディングノートに書き残すことで、家族は葬儀のやり方に悩むことは少なくなるでしょう。

しかし、エンディングノートには法的な効力はありません。もし、財産分与やお金に関することなど重要な情報を書き残す場合は、法的な効力のある遺言書に記すことをおすすめします。

終活は家族に情報を残すことが大事

意外と知らない終末期医療

医療が発展し、現在さまざまな医療機関ありますが、そのなかに「終末期医療」というものがあるのをご存知でしょうか。終末期医療は病院以外に介護施設や自宅で受けることができる場合があり、死期が近いと判断された患者に対しておこなわれる医療です。

たとえば強い薬を使っている場合、強い副作用による苦痛に耐えながら治療や延命を続けるということがありますが、終末期医療ではその苦痛を緩和させることができます。副作用を起こす可能性のある治療を中断し、苦痛を取り除くために心身のケアをしていくのです。

また、終末期医療は、残りの時間を自分らしく生き、最後を迎えることを目的としています。あえて延命や治療をやめ、残された自分の時間を充実させるというのが終末医療なのです。終末期医療は人生の終末を迎えるなかでとても重要な医療といえるでしょう。
しかし終末医療は、苦痛を和らげると同時に、延命治療をあきらめることにつながる場合があるので、終末期医療の開始を決めるのはとても難しい問題です。

もし「治療が難しい場合は終末期医療を施してほしい」などの要望がある場合、事前にそのことを誰かに伝えておくことも、終活のやり方のひとつかもしれません。

持ち物の整理も大事

タンスなどの大きな家具や着物のような思い入れの強いものは、持ち主以外の人が捨てにくい場合があります。遺族が処分方法に困ってしまうかもしれませんので、希望する処分方法をエンディングノートに書いておくといいかもしれません。

また、事前に処分できる場合は自分で処分してしまうという方法もあります。指輪や時計などのものを家族に残す場合は、誰に残したいか希望があれば事前に伝えておくといいでしょう。 

ものによって、処分する必要がある場合もありますが、残しておかなければならないものもあります。
年金手帳や保険証、預金通帳のような重要なものは、普段からきちんと決められたところに整理整頓することをおすすめします。そうすることで、万が一自分が急に倒れた場合などでも家族が見つけやすくなり、紛失を防ぐことができるでしょう。 

また、葬式の際やお墓に入る際、保険証などいくつかの重要書類が必要になるので、そういったことも予想しながら書類の整理をおこなうといいかもしれません。 
このように、持ちものを地道に整理することも終活のやり方のなかに含まれるのです。

そして、終活の一環としてものを整理していくなかで、家の中から処分したいものがたくさん出てくる場合があるでしょう。その場合、可燃ゴミ、不燃ゴミだけでなくさまざまなジャンルの不用品が集まる場合があり、不用品の処分に困るかもしれません。その際は、「不用品回収業者」に依頼するのがおすすめです。

不用品回収業者は基本どんなものでも回収してくれる業者なので、回収してもらう際、ご自身での分別の必要はありません。業者によっては室内からの運搬作業も請け負ってくれる業者があります。そのため、室内からの不用品の運び出しが難しい場合は、不用品回収業者に処分を依頼するといいでしょう。

持ち物の整理も大事

不用品回収・リサイクルのおすすめサービス

まとめ

終活は自分の死について考える活動なので、自分にとって納得のできる終活のやり方がもっともいい終活といえるでしょう。
また、自分の死後、「残された家族がなにをしなければならなくなるのか」を考えると、終活のやり方の幅は広がる場合があります。

人によっては、終活の際多くのものを処分する方もいるかもしれません。もう使っていない家具や服があるのなら、事前に処分を決めてもいいでしょう。
不用品処分の際は不用品回収業者に回収を依頼すると、分別や運搬の作業が必要ない場合があります。ただし、業者によって費用やサービス内容に違いがありますので、自分にあった業者に依頼することがおすすめです。

不用品回収を依頼できる業者や料金

依頼できる業者や料金について、詳しくは「生活110番」の「不用品回収」をご覧ください。

不用品回収・リサイクルはプロに相談
【生活110番】は国内最大級の暮らしの「困った」を解決する業者情報検索サイトです。
140ジャンルを超える生活トラブルを解決するプロたちを掲載しています。
生活のお困りごとは、なんでもご相談ください。
不用品回収・リサイクルはプロに相談
【生活110番】は国内最大級の暮らしの「困った」を解決する業者情報検索サイトです。
140ジャンルを超える生活トラブルを解決する
プロたちを掲載しています。
生活のお困りごとは、
なんでもご相談ください。

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE
この記事を書いた人
編集者:りさ
コールセンターを経てライターへ転職。さまざまな人に向き合ってきた経験から、記事で的確なアドバイスができることを目指している。

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
0投票,  平均評価値:0

最新記事

施行事例ブログ

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
2018-11-05 13:13:20
https://www.seikatsu110.jp/acting/ac_recycle/121969/
便利屋・代行サービス
死というのは人間である限りいつか訪れる日がきます。それも、いつ訪れるかは予測できません。自分の死をあまりイメージしたくない方は多いかもしれませんが、「終活」という形を取ることで、素直に自分の死について向き合うことができるかもしれません。「終活」という言葉を知っている方は多いのではないでしょうか。しかし、なにをすることが終活になるのかなど、あまり知らない方もいるかもしれません。そこでこの記事では、「...
シェアリングテクノロジー株式会社

不用品回収・リサイクルのお問い合わせ・ご相談はこちら

不用品回収・リサイクルについてご相談・ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。

お名前必須
お名前を正しく入力してください
電話番号必須
電話番号を正しく入力してください
相談したい内容 任意

利用規約プライバシーポリシーに同意の上ご利用ください。

※ご相談内容を確認後、弊社運営スタッフより折り返しお電話させていただきます。

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、140ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!