生活110番ニュース 便利屋・代行サービス

このエントリーをはてなブックマークに追加

クローゼットを整理してスッキリと!簡単に「魅せる」洋服収納術

投稿日:2018-11-04 更新日:2018-11-05

クローゼットを整理してスッキリと!簡単に「魅せる」洋服収納術

この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です。

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE

大切な洋服の収納に欠かせないクローゼットですが、知らないうちに洋服でいっぱいになっていることはありませんか?新しい服を買おうにも、今のままでは収納するスペースがないと危機感をもった方!これまでのクローゼットの使い方を一度見直してみましょう。

もしかしたら毎日使っている中で、つい無駄なスペースの使い方をしているのかもしれません。ここでは収納の基本からクローゼットの整理の見直し方をご紹介します。

不用品回収・リサイクルのおすすめサービス

服の定位置を決めておこう

洋服をたくさんお持ちの方の中で、季節柄今着ない服、冠婚葬祭で着るような服などと一緒になっている方もいるのではないでしょうか。そのような方は朝着ていきたい洋服が見つけられなかったために残念な思いをされた経験もおありでしょう。

するとクローゼットの整理対策としてまず、一度クローゼットから出しながらジャンルに分けることが大切だということの重要性が見えてきます。
例えば……

●着ていく機会が一番少ないものを出す
「冠婚葬祭」用がその代表ですね。フタのついた箱などにしまっておくようにしましょう。防虫剤も忘れないようにしたいです。

●カテゴリー別にする
トップス、ボトムス、コート、ジャケット、ワンピース、その他に分けてみます。「その他」には帽子、アクセサリー、バッグなどを固めておきましょう。

●春、夏、秋、冬用の各季節で分類する
分類することでメリハリがつくクローゼットになります。また季節ごとに仕分けをしている途中で、探していた今の季節に着たい服が見つかるかもしれませんね。

●洋服の長さで整理する
ハンガーにかけるときに長さを揃えておきましょう。コートは一番左、次にワンピース、ジャケット、ボトムス、トップス、その他という分けかたがわかりやすいといわれています。

●要らない服、着た覚えのない服がないか確認する
着た覚えのない服は処分したほうがそこで見つかった服の処分方法は、後ほどご説明します。

以上、5つのポイントに分けてみました。次の章では実際に収納していきます。

服の定位置を決めておこう

収納グッズをうまく使おう

次に一般的なクローゼットの場合、ハンガーをかけるステンレス製などのポールが1本と棚の最上部にある一段だけ、という造りが多いと思います。

着ていく機会が一番少ない冠婚葬祭用は収納ボックスを用意して、防虫剤を入れたあと、一番上にある棚にいれておきます。

コート、ワンピース、ジャケットはハンガーにかけますが、Tシャツやセーターなどのトップスはたたんで収納ケースにしまうことをおすすめします。そのときのたたみ方について3つ、ご紹介します。衣類ごとにきちんとたたんで、整理整頓できるようにしましょう。

●ブティックたたみ
大型洋品店でたくさんの洋服を平らに陳列するときによく見られるたたみかたで、シワを目立たなくするのに適しています。収納ケースの引き出しが大きいところに入れるときに使いやすい方法です。

●CDたたみ
収納ケースの引き出しがやや小さいとき、文字どおりCDをタテにして入れるようにコンパクトにする方法です。シワがつきやすく、Tシャツやカットソーなど柔らかい素材の洋服に適しています。

●ロールたたみ
この中で一番手早くたためる方法です。洋服を手巻き寿司のように裾の方から巻くようにたたみます。そんなにていねいにたためないという方や、インナーやキャミソールなどをたたむのに向いています。

次に収納ケースをどこに置くか、考えてみましょう。ここで重要になるのが「かけるものは長さ別にすること」です。クローゼットに洋服を戻すときに長さで揃えると、洋服のすぐ下に少しスペースができています。

この空けたスペースのなかに収納ケースを置くのです。用意するときは家具などと比較して安価で手に入るプラスチック製品で、正面から見ても中身が見える引き出しがついたものがよいでしょう。

衣類の収納ケースはホームセンターや大型スーパーなどで比較的簡単に購入できます。ケース自体のメーカーやシリーズでそろえるとレールや溝がかみ合ってくるので使いやすいほか、見た目もそろいます。

また脚にキャスターがついたものにするとお掃除のときにケースごと引き出すことが手軽になるでしょう。クローゼットの奥まで掃除できますので、さらにおすすめです。

また、洋服だけではなく身につけるものやハンカチなどの小物を一緒にクローゼットに収納するときには、ラベリングをすることをおすすめします。最近ではスマホで手軽にデザイン決定や作成ができるほか、デザインの種類も豊富に用意されているのです。たくさんのなかから自分のお気に入りを探せることは大きな魅力でしょう。

またラベリングをすることで、今まで何気なくやってきた「なんとなくおいてしまう」ことの抑制力にもつながります。持ち物の種類や数を把握しやすいので、買いすぎ防止にもなりますね。

ほかにもハンガーの色や大きさ、引き出しの中で使う仕切りスタンド、ハンガーつり下げタイプの収納ラック、100円ショップなどでも買える引き出し中身用のツッパリ棒なども活用すると整理に役立つでしょう。

収納グッズをうまく使おう

見せる収納でクローゼットをインテリアに

見せる収納、さらには“魅せる”収納を目指しこのきれいな状態をいつまでもキープしたい!と思えるクローゼット整理を演出したいものです。そのためにはどうしたらいいのか考えましょう。

よく着るものは置く場所を決める

普段からよく着ていくもの、それはお気に入りの証拠ですよね?毎日眺めていて気分がいいものを使いながら、置いておく場所を決めて使いましょう。

クローゼットの扉に貼り付け跡がつかない壁掛けフックを用意して、小物や明日身に着けるものをかけておくというのはいかがでしょうか。

扉で隠さず、収納自体を部屋の演出に

ときには大胆に、扉がついていた収納スペースの扉を取り外し、中に入れる収納ケースの色やデザインで分けていくのも手です。過去にクローゼットの内側にカビが発生した経験がある場合は、オープンにして使ってみてもいいかもしれません。

使う目的で固めておく

普段、着る機会がない水着、ゴルフウェアなどトラベル用は、目的別にスーツケースなどに収納して、しまった場所を忘れてしまわないよう工夫しましょう。使う目的を書いたタグなどを装着すれば、さらに分かりやすくなるだけではなく、出かける準備の短縮にもなりそうですね。

見せる収納でクローゼットをインテリアに

着ないと思ったら一思いに捨てよう

最後に、クローゼット整理で発見した、要らなくなった服やサイズが小さくなったなどで着なくなった服の処分方法を3つご紹介しておきます。

●資源回収に出す
古い布は地域の自治会などが資源回収(集団回収)をしていることが多いです。回収日・改修頻度・回収方法は地域によって異なるため、一度お住まいの地域の情報を確認してみてください。

●リサイクルショップに依頼する
まだ着られるものであれば、お店の需要によっては買い取ってくれます。査定価格はお店によって異なりますし、季節によっては買取価格に変動があるかもしれないので、確認した方がいいでしょう。

●不用品回収業者に依頼する
たとえ少しの時間でも、自分の着たものの中身が見える状態で置いておきたくない方や、汚れがひどく、破れていたものを見つけたときは、処分したいタイミングで希望の日時に電話1本で取りに来てくれるプロの不用品回収業者に依頼するのが便利です。
処理費用がかかりますが、事前に何社か問い合わせてみて、気に入った業者さんに依頼してみましょう。

不用品回収・リサイクルのおすすめサービス

まとめ

用途に応じた分け方、季節や洋服の種類でも分ける方法、収納ケースを最大限活用する方法や収納グッズの簡単なご紹介や、クローゼットの整理の過程を楽しむ方法にも少しふれてきました。

クローゼットを整理する作業は面倒な準備が多いとか、忙しくてなかなか時間が取れない方にも楽しみながら少しずつできる方法を考えていただくきっかけにしていただければと思います。

不用品回収を依頼できる業者や料金

依頼できる業者や料金について、詳しくは「生活110番」の「不用品回収」をご覧ください。

不用品回収・リサイクルはプロに相談
【生活110番】は国内最大級の暮らしの「困った」を解決する業者情報検索サイトです。
140ジャンルを超える生活トラブルを解決するプロたちを掲載しています。
生活のお困りごとは、なんでもご相談ください。
不用品回収・リサイクルはプロに相談
【生活110番】は国内最大級の暮らしの「困った」を解決する業者情報検索サイトです。
140ジャンルを超える生活トラブルを解決する
プロたちを掲載しています。
生活のお困りごとは、
なんでもご相談ください。

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE

この記事を書いた人
編集者:くにひさ
手入れが行き届いた庭が好きで、業者の仕事を詳しく知ってもらいたいと思い、庭や害虫担当のライターになった。

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
1投票,  平均評価値:4

最新記事

施行事例ブログ

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
2018-11-05 18:14:08
https://www.seikatsu110.jp/acting/ac_recycle/121315/
便利屋・代行サービス
大切な洋服の収納に欠かせないクローゼットですが、知らないうちに洋服でいっぱいになっていることはありませんか?新しい服を買おうにも、今のままでは収納するスペースがないと危機感をもった方!これまでのクローゼットの使い方を一度見直してみましょう。もしかしたら毎日使っている中で、つい無駄なスペースの使い方をしているのかもしれません。ここでは収納の基本からクローゼットの整理の見直し方をご紹介します。
シェアリングテクノロジー株式会社

不用品回収・リサイクルのお問い合わせ・ご相談はこちら

不用品回収・リサイクルについてご相談・ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。

お名前必須
お名前を正しく入力してください
電話番号必須
電話番号を正しく入力してください
相談したい内容 任意

利用規約プライバシーポリシーに同意の上ご利用ください。

※ご相談内容を確認後、弊社運営スタッフより折り返しお電話させていただきます。

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、140ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!