生活110番ニュース 便利屋・代行サービス

このエントリーをはてなブックマークに追加

布団のリサイクルをしよう!場合によってはあまり手間がかからない?

投稿日:2018-11-03 更新日:2018-11-03

布団のリサイクルをしよう!場合によってはあまり手間がかからない?

この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です。

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE

布団はとても大きく、質量もあるものです。そのため、処分するとなった場合、「捨て方がわからないし、リサイクルできるならしたい」と思う方もいるのではないでしょうか。

この記事では、布団の処分方法や、布団をリサイクルするための複数の方法を紹介、解説します。買取で収入を得たうえで布団のリサイクルを済ませたり、ものが不足していて困っている人々に寄付したりといった方法のなかから、あなたに適した処分の仕方を知りましょう。

不用品回収・リサイクルのおすすめサービス

布団はほとんどの場合「粗大ゴミ」

布団をゴミとして区分するのであれば、ほとんどの場合が粗大ゴミになります。もし布団をリサイクルできず、ゴミとして処分する場合は、粗大ゴミの扱いになるので把握しておきましょう。ゴミの区分は自治体によって違ってくるため、お住まいの地域の自治体が運営するホームページなどを閲覧して確認してください。

粗大ゴミとして布団を出すのであれば、自治体による規定にしたがった手順で出すようにしましょう。以下に例を記載します。

【1】粗大ゴミ受付センターへ電話で申し込む
【2】コンビニなどで納付券を購入する
【3】納付券を粗大ゴミにはりつけ、指定の日時に出す

粗大ゴミ回収の際に発生する手数料は、納付券を購入するかたちで支払うことになっています。納付券とは、粗大ゴミを出す前に必要な手数料を支払ったかどうかを証明するためのものです。粗大ゴミを回収する業者は、既定の金額通りの納付券がはりつけてあるかを確認してから回収をするシステムとなっています。

そのため、規定通りの金額の納付券を購入し、布団にはりつけてから粗大ゴミ回収場所に持っていきましょう。納付券の相場は250円~500円ほどです。上記の手順はあくまで例なので、各自治体が定めている手順を確認してから、ゴミに出す準備に取り掛かってください。

布団はほとんどの場合「粗大ゴミ」

まだ使えそうな布団ならリサイクルしてみよう

布団をリサイクルしようとするならば、事前にちゃんと使える状態であることを確認してください。次の持ち主に使ってもらえないような布団は、リサイクルできないかもしれないからです。
まだ使えそうな状態の布団をリサイクルする手段は、主に2つあります。それぞれのメリットやデメリットも合わせて解説しましょう。

リサイクルショップ

自宅から近いリサイクルショップに査定依頼をして、査定結果に満足すれば買い取ってもらう、という流れでリサイクルする方法です。店舗によっては自宅まで訪問し、布団の査定をしてくれる出張買取もあります。リサイクルショップまで運搬するのが大変な場合、利用してもいいでしょう。

【メリット】

・買い取り主と直接情報のやり取りをしながら売却をおこなえる
インターネットを使用する場合と違い、取引する人と口頭で情報を交換しつつ売却がおこなえます。そのため、情報の交錯が起こりにくく、円滑にリサイクルが進む可能性が高いです。

・適正な価格で買い取ってもらえる
有名ブランドの布団であれば、相応な値段で買い取ってくれる可能性があります。ブランドものの布団でなくとも、状態がよければ高値で買い取ってくれるかもしれません。

【デメリット】

・出張買取の依頼先が見つけられず、自分で運搬しなければならない場合がある
リサイクルショップの出張買取は、依頼主が遠方である場合は対応してもらえない場合が多いです。そのため、出張買取をおこなっているリサイクルショップが近所に位置していなければなりません。出張買取をおこなっているリサイクルショップが近所にない場合、自力で布団を運搬することになります。

・買い取り主が状態の悪い布団だと判断すれば、買い取ってもらえないおそれがある
リサイクルショップは買い取ったものを売りものにします。そのため、布団カバーがほつれているなどの使用感が見受けられたり、汚れが付着していれば、売りものにならないと判断されてしまうおそれがあります。

インターネット

ネットオークションのサイトやアプリ、フリマアプリを利用して布団を買い取ってもらう方法です。こちらの方法も、メリットとデメリットをそれぞれ説明します。

【メリット】

・ネット上で出品から決済までを済ませることもできる
家から一歩も出ずに出品から入金処理を済ますことができます。この場合、商品は業者に集荷してもらい発送します。送料は出品者が元払いか着払いかを決めることができる場合が多いです。

・どのような状態でも出品することができる
リサイクルショップと異なり、状態が悪くても出品できるのが特徴です。ネットオークションやフリマアプリでの買い手は多く、さまざまな種類のニーズが存在しています。そのため、落札されるかどうかは、出品しなければわかりません。

【デメリット】

・個人間の取引であるため、トラブルが起こる可能性がある
適正な情報交換をした後に落札してもらえたと思っていても、お互いに情報の行き違いなどが発生している場合があります。その結果、届いた布団に関して落札者から文句をいわれてしまいかねません。インターネットで情報をやり取りしているので、どうしてもそのようなことが発生してしまいがちです。

・手数料がかかることがある
利用するサイトやフリマアプリによって発生する条件は異なりますが、手数料が発生します。出品者に手数料が発生する条件は多くの場合、「売れたときに販売価格の○○%」となっています。

・発送の際に送料が発生する
布団のような大きなものを発送するとなると、送料として多少高い額を払うことになります。これでは、売れたとしても入ってくるお金が少なくなってしまいかねません。

・梱包に時間と手間がかかる
発送するとなれば、梱包をしなければなりません。布団をダンボールなどに詰め込むとなると、かなりの時間と労力を要することになってしまいます。加えて、梱包するダンボールがないのであれば、ダンボールの調達から始めなければなりません。

まだ使えそうな布団ならリサイクルしてみよう

必要な人のために寄付してみよう

布団のリサイクルは、寄付することでもおこなえます。寄付する対象は海外の途上国などです。寄付をする活動をしている団体に依頼をしたあと、業者に自宅から運搬してもらうことになります。寄付の主な手順は以下の通りです。

【1】メールなどで団体に依頼
【2】注意事項メールが送られてくるので、確認して返信
【3】指定された、または希望した日時までに梱包
【4】業者が自宅まで訪問し、布団の引き取り

上記の手順は例ですので、依頼する団体のホームページなどを確認してから作業に移ってください。また、業者に引き取ってもらう布団は、梱包したときの大きさによって引き取り料金が変動するので注意が必要です。

急ぎの処分なら不用品回収を利用しよう

「布団のリサイクルって、手間がかかりそうで時間が惜しい」という方は、不用品回収業者に依頼してみてはどうでしょうか。時間のない方のためのサービスが充実している業者が多く、布団の処分がが簡単に済んでしまいます。

不用品回収業者がおこなっているサービスの例

・回収日時の時間指定
普段多くの予定が入っていて、限られた日時にしか時間を作れないという方のためのサービスです。不用品回収をうまく自分の予定に組み込むことができます。

・夜間回収
日中時間を作れないという方のためのサービスです。夜間に回収をするため、「作業で発生する騒音で近隣に迷惑をかけてしまいそう……」という心配を持つかもしれません。しかし、夜間回収サービスをおこなっている業者によっては、騒音に配慮した作業をおこなってくれるため、安心して依頼できるでしょう。

また、不用品回収業者ですので、布団だけではなくどのようなものでも回収をおこなっています。処分に困って放置したままとなっていたものを、布団を処分する機会を利用してまとめて回収してもらってはどうでしょうか。

急ぎの処分なら不用品回収を利用しよう

不用品回収・リサイクルのおすすめサービス

まとめ

布団のリサイクルは、リサイクルショップとインターネット、海外寄付という主に3つの手段があります。

リサイクルショップに買い取ってもらう場合は、状態がよくないと買い取ってもらえないため処分できません。一方インターネットを利用するのであれば、どのような状態でも買い手に見てもらえますが、トラブルが起きやすいため、気を付けながら処分するようにしましょう。
また、寄付の場合は社会貢献に繋がりますが、寄付団体への連絡の手間や料金が発生することが多いです。

リサイクルをする際の手間や時間が惜しいと感じた方は、不用品回収業者に依頼することをおすすめします。業者によっては、時間をかけないための多くのサービスが充実しているため、時間も手間もかけずに布団の回収に対応してくれるでしょう。

不用品回収を依頼できる業者や料金

依頼できる業者や料金について、詳しくは「生活110番」の「不用品回収」をご覧ください。

不用品回収・リサイクルはプロに相談
【生活110番】は国内最大級の暮らしの「困った」を解決する業者情報検索サイトです。
140ジャンルを超える生活トラブルを解決するプロたちを掲載しています。
生活のお困りごとは、なんでもご相談ください。
不用品回収・リサイクルはプロに相談
【生活110番】は国内最大級の暮らしの「困った」を解決する業者情報検索サイトです。
140ジャンルを超える生活トラブルを解決する
プロたちを掲載しています。
生活のお困りごとは、
なんでもご相談ください。

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE
この記事を書いた人
編集者:くにひさ
手入れが行き届いた庭が好きで、業者の仕事を詳しく知ってもらいたいと思い、庭や害虫担当のライターになった。

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
1投票,  平均評価値:4

最新記事

施行事例ブログ

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
2018-10-31 15:42:46
https://www.seikatsu110.jp/acting/ac_recycle/121273/
便利屋・代行サービス
布団はとても大きく、質量もあるものです。そのため、処分するとなった場合、「捨て方がわからないし、リサイクルできるならしたい」と思う方もいるのではないでしょうか。この記事では、布団の処分方法や、布団をリサイクルするための複数の方法を紹介、解説します。買取で収入を得たうえで布団のリサイクルを済ませたり、ものが不足していて困っている人々に寄付したりといった方法のなかから、あなたに適した処分の仕方を知りま...
シェアリングテクノロジー株式会社

不用品回収・リサイクルのお問い合わせ・ご相談はこちら

不用品回収・リサイクルについてご相談・ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。

お名前必須
お名前を正しく入力してください
電話番号必須
電話番号を正しく入力してください
相談したい内容 任意

利用規約プライバシーポリシーに同意の上ご利用ください。

※ご相談内容を確認後、弊社運営スタッフより折り返しお電話させていただきます。

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、140ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!