生活110番ニュース 便利屋・代行サービス

このエントリーをはてなブックマークに追加

本を整理してキレイな本棚を作ろう!捨てる基準や処分方法を解説

投稿日:2018-10-29 更新日:2018-10-29

本を整理してキレイな本棚を作ろう!捨てる基準や処分方法を解説

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE

皆さんは、本をどれくらい読みますか?「本が増えすぎて保管するスペースがない!」「本棚を増やしたいが、部屋が狭くて置くスペースがない!」といったことは、特に本を読むのが好きな人にありがちなことではないでしょうか。

本をよく読む人やたくさん買う人にとって、本の整理は読書を快適に楽しむためには重要なことです。そこでこのコラムでは、これから本を処分する方法と本棚の整理の仕方をお話ししていきます。

不用品回収・リサイクルのおすすめサービス

まずは持っている本をグループ化しよう

本をたくさん読む人が本棚を整理する場合、本の冊数が多すぎてきれいな本棚を作ることは難しいかもしれません。本棚の整理をスムーズに進めるために、まずは持っている本を整理して、本棚に入れるべき本の冊数を把握しておきましょう。

具体的には、持っている本を読む本と読まない本にグループ分けをしていきます。ただし、中には今後読むことがあるかもしれないから捨てたくない本や値段が高額な本、大切な人からもらった本など、処分しづらい本もあるかもしれません。もし、処分してもいいのかどうか判断に迷った本は、とりあえずダンボールに入れておきましょう。

グループ分けが終わったら、読む本を本棚に収納していくだけなので、本棚の整理が楽になります。また、読まない本は処分して、ダンボールは後で押し入れや本棚の空いているスペースにしまいます。

まずは持っている本をグループ化しよう

読まない本は処分しよう

本の整理を効率的に進めるには、いらない本を処分することがポイントです。そこで、本を処分する方法についてお話していきます。処分の方法は以下のようなものがありますので、参考にしてください。

売却してお金に変える

買取専門店に本を買い取ってもらうという方法があります。本の買取には、大きく分けて「店頭に本を持ち込む方法」と「出張買取」の2つの方法があります。

処分したい本が数冊ほどであれば直接お店に持っていけばいいですが、処分したい本が大量にある場合は、「出張買取」が便利です。
ただし、ボロボロの状態の本やバーコードのない本は買い取ってもらえないことがあります。そういうときは、寄付をすることや、思い切って捨ててみることも考えてみてください。

中には、本を売却して得たお金を、NPOやNGOに寄付をするサービスもあります。寄付の申し込みは電話やインターネットでできますので、詳しくは、寄付活動をおこなっている企業のホームページをご覧ください。

不用品回収業者に回収の依頼をする

汚れがひどい、破れているという本が大量にある場合、売ろうとしても買い取ってもらえない可能性が高いです。そんなときは、不用品回収業者に回収を依頼するという方法があります。処分したい当日でも対応してくれる業者は多いので、早く処分したいならおすすめの方法です。

ただし、量によって回収にかかる費用が変わってくるので、いらない本がたくさんあると多少高額になってしまうかもしれません。そのため、事前に見積もりをお願いしたほうがいいでしょう。

読まない本は処分しよう

本を保管するときは虫に注意

本の整理でやっかいなことは、本に虫が湧いてしまうことです。本をずっと本棚に入れたままにしていたり、湿気の多いところに本棚を設置していたりすると、本棚に湿気が溜まってしまい、虫が湧くおそれがあります。そのため、湿気の多いところに本棚を置くことはやめましょう。
もし虫が発生してしまったら、ウェットシートや洗剤で本棚をきれいに掃除しましょう。殺虫剤を使うことも効果的です。

虫が本棚に湧かないようにするには、こまめに本を処分し、本棚を掃除することがポイントです。ほこりが目立ってきたら本棚を整理する癖をつけましょう。

並べ方を工夫しよう

いらない本を処分し終わったら、本棚に本を並べていきましょう。その際、並び順を考えないで本を収納してしまうと、読みたい本や雑誌を取り出すのに時間がかかったり、サイズの小さい本が雑誌や大きい本の間に埋もれてしまって、本が探しにくくなったりします。

本の並べ方は本の整理で一番大事なポイントです。本棚から本を効率よく探し出して取り出しやすくするには、以下のような方法があるので参考にしてください。

・サイズ別に分ける
・ジャンル別に分ける
・用途別に分ける

この中でも特におすすめしたい並べ方は、サイズ順に本を並べる方法です。サイズ順に本を並べれば、サイズの小さい本が奥に埋もれてしまうことありません。
さらに、本棚の中にスペースができるので、このスペースに本を収納することも可能です。本棚のスペースに余裕があるなら、ブックスタンドを使って表紙を表に向けて本を立てたり、本以外のものを置いたりして、よりオシャレな本棚を作ることもできます。

また、本棚の大きさによっては、サイズの大きい問題集やパンフレット、ファイルなどは縦向きに収納することが難しいです。中には柔らかくて曲がってしまいやすい本もあるでしょう。そういう本は向きを変えることにも意識して、ブックエンドやファイルボックスも使って収納することをおすすめします。

並べ方を工夫しよう

電子書籍にしてしまうのも1つの手

「本を捨てたくないけど、収納のために新しい本棚を増やしたくもない……」という人もいるでしょう。そんな人には、紙の本ではなく電子書籍を購入する方法をおすすめします。本棚に収納する必要がないので、本の整理が楽になります。

電子書籍は、インターネットで簡単に購入できて、スマートフォンでも読めるので持ち運びも可能です。まだ電子書籍化されていない本がある、人によっては紙の本よりも読みにくいなどというデメリットもありますが、本棚に本を入れたくない人や本棚の整理が面倒な人にとっては、電子書籍の購入はおすすめの方法です。

不用品回収・リサイクルのおすすめサービス

まとめ

読まない本を処分することは、本棚の整理をするうえでとても大切なことです。すぐには読まない本や捨てづらい本は、段ボールに入れて本棚の空いているスペースや押し入れにしまっておくといいでしょう。

本棚にある本の整理で大切なことは、スペースをうまく作ることです。そのためには、サイズ順に本を並べることがポイントになってきます。スペースをうまく利用すれば、小物を置いてオシャレな本棚を作ることもできます。

また、本棚に虫が湧かないように気をつけてください。
虫が湧かないようにするには、本棚に湿気を溜めないことが重要です。部屋に本棚を置くときは、湿気の多いところに置くことは避けましょう。本棚をきれいに掃除してほこりを溜めないことも意識してください。

もし、破れてしまった本や汚れがひどい本が大量にある場合は、買い取ってもらうことは難しいでしょう。不用品回収業者に回収を依頼し、一気に処分してしまうことをおすすめします。

不用品回収を依頼できる業者や料金

依頼できる業者や料金について、詳しくは「生活110番」の「不用品回収」をご覧ください。

不用品回収・リサイクルはプロに相談
【生活110番】は国内最大級の暮らしの「困った」を解決する業者情報検索サイトです。
140ジャンルを超える生活トラブルを解決するプロたちを掲載しています。
生活のお困りごとは、なんでもご相談ください。
不用品回収・リサイクルはプロに相談
【生活110番】は国内最大級の暮らしの「困った」を解決する業者情報検索サイトです。
140ジャンルを超える生活トラブルを解決する
プロたちを掲載しています。
生活のお困りごとは、
なんでもご相談ください。

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE
この記事を書いた人
編集者:かじた
事務職を経てライターへ。これまでの経験から法人向けサービスの記事を担当することが多い。記事を作るとき気をつけていることは、難しい言葉をわかりやすく伝えること。

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
1投票,  平均評価値:5

最新記事

施行事例ブログ

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
2018-10-29 15:30:16
https://www.seikatsu110.jp/acting/ac_recycle/120782/
便利屋・代行サービス
皆さんは、本をどれくらい読みますか?「本が増えすぎて保管するスペースがない!」「本棚を増やしたいが、部屋が狭くて置くスペースがない!」といったことは、特に本を読むのが好きな人にありがちなことではないでしょうか。本をよく読む人やたくさん買う人にとって、本の整理は読書を快適に楽しむためには重要なことです。そこでこのコラムでは、これから本を処分する方法と本棚の整理の仕方をお話ししていきます。
シェアリングテクノロジー株式会社

不用品回収・リサイクルのお問い合わせ・ご相談はこちら

不用品回収・リサイクルについてご相談・ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。

お名前必須
お名前を正しく入力してください
電話番号必須
電話番号を正しく入力してください
相談したい内容 任意

利用規約プライバシーポリシーに同意の上ご利用ください。

※ご相談内容を確認後、弊社運営スタッフより折り返しお電話させていただきます。

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、140ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!