生活110番ニュース 便利屋・代行サービス

このエントリーをはてなブックマークに追加

引っ越し時の家具の処分方法!不用品の量が多いけどどうしたらいい?

更新日:2021-04-30

引っ越し時の家具の処分方法!不用品の量が多いけどどうしたらいい?

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE

引越しの際には、買い替えや劣化といった問題で不用となる家具が出てきます。家具によっては大きいものや小さいものなど、サイズや重量はさまざまです。大きさや材質によっては捨て方も異なり、処分の際にかかる手間も違ってきます。

家具の処分方法としては、いろいろな方法があります。しかし、引越しとなると出てくる不用品の量も多いはずです。また、引越しの期日までに片付ける必要があるため、あまり時間もありません。そういった場合の処分には、どんな方法が適しているのでしょうか。

この記事では、引越し時の家具の処分方法をご紹介していきます。引越し時の家具の処分にはどんなものがあるのか、ぜひ参考にしてみてください。

不用品回収・リサイクルのおすすめサービス

引越で家具を処分しなくてはいけなくなったら

家具を処分する理由には、新居には大きすぎたり、古い家具は処分して引越費用を安くするのが目的など、人によっていろいろな理由があります。一般ゴミとして出すわけにもいかない家具の処分となると、できるだけ手間をかけずに済ませたいものです。引越し時の家具の処分には、どういった方法が適しているのでしょうか。

家具を処分するには、大きく分けて3通りの処分方法があります。それは、「粗大ゴミとして出す」と「オークションに出品する(買取に出す)」と「不用品回収業者に依頼する」です。どの方法をとっても、家具の処分をすることができます。

しかし、引越し時の家具の処分となると、「粗大ゴミとして出す」と「オークションに出品する」という方法は、あまり向いていないかもしれません。理由は、両方法ともに、処分に時間がかかる点と、手間がかかる点にあります。

引越しをする際には、守らないとならない期日がたくさんあります。現在、賃貸契約をしている場合は「退去日」が決められ、期日までに部屋を空け渡す必要があります。新しい部屋には「入居日」があり、入居日にあわせた「引越し日」も決めることでしょう。

粗大ゴミとして出す場合は、回収日が決められていることがほとんどのため、決められた日まで処分することができません。また、回収場所まで持ち込む必要があるため、そういった手間を考えると効率がいいとはいえないのではないでしょうか。

オークションに出品した場合は、売れるかが確実ではないだけでなく、売れた後の梱包、発送の手配をする必要があることを考えると時間も手間もかかりそうです。

ただでさえ、なにかとすることが多い引越しです。そんななかで処分にこれほどの手間と時間をかけるのは、おすすめできません。

引越で家具を処分しなくてはいけなくなったら

古い家具なら買い取りも不可?

引越し時の家具の処分に「買取に出す」という方法をとる場合、古い家具であったりすると買取を断られることがあります。それでは、どんなものが買取に応じてもらいにくいのでしょうか。

・傷、汚れの多い家具
目立った傷や汚れが多く見られる家具は、買取を断られることが多いです。たとえ購入時に高価なものだったとしても、再び売れる見込みのない家具の買取は難しいようです。

・原価の安い家具
もともと低価格で販売されている家具は、買い取ってもらうのは難しいかもしれません。いくら状態のよいものでも、再販するときに値が付きにくいようなものは断られる可能性が高いです。

・移動させるのが難しい家具
ガラス製であったりすると、買取に応じてもらえない場合があります。運搬や保管に注意が必要となることが断られる原因となるようです。
 

上記でご紹介した内容に当てはまる家具は、買取を断られることがあります。ただし、買取条件は各業者によって違うので、いくつもの業者に聞いて回れば売れる可能性は0とはいえません。

買取に出すメリットとしては、現金化できる可能性があるということです。再使用が可能な状態のものであれば買取に応じてもらえることもあるので、その点は魅力的といえるでしょう。

しかし、不用品として出てきた家具すべてを買取に出すというのは、時間や手間、売れなかった時のことを考えると向いているとはいえません。もし買取に出す場合は、不用品のなかでも状態の良し悪しで分類して、売れそうなものだけを買取に出すといった方法をとることをおすすめします。

古い家具なら買い取りも不可?

家具の処分にまよったら

「粗大ゴミとして出す」と「オークションに出品する(買取に出す)」方法は、費用も抑えられ便利ではありますが、引越し時の場合はおすすめできません。
もし家具の処分に迷ったら不用品回収業者に依頼することをおすすめします。不用品回収業者とは、依頼するとお金を払うことで不用品を回収してくれる業者のことです。しかし不用品回収業者にもメリット、デメリットがあります。

メリット

基本的に電話1本で回収してもらえるので、処分の際の手間はほとんどありません。問い合わせの際に日程を相談することで、ご自身の状況に合わせた処分をすることができます。業者によっては、ゴミを引き取りに来てくれるところもあるので、そういったサービスを利用することでより効率のよい処分をすることができます。
また、料金さえ払えば大抵のものは処分に応じてもらえます。引越し時に出てきた細々としたゴミも、家具と一緒に処分することができます。

デメリット

処分の一点だけを見つめれば一番便利な方法ですが、その分費用はかかります。料金帯は各業者によって設定が異なるため、問い合わせの際に不用品の詳細を伝えいくらくらいかかるのかを事前に把握しておきましょう。

引越し時の家具の処分ということもあり、不用品の量が多い場合もあることでしょう。費用はかかってしまいますが、一番便利な方法でもあります。複数の業者に聞いて回り、相見積もりをとることで処分の費用が抑えられる場合もあります。

不用品回収・リサイクルのおすすめサービス

まとめ

家具の処分方法は、大きく分けて3つあります。しかし、引越し時の家具の処分というふうに考えると、不用品回収業者に依頼するのがおすすめかもしれません。

粗大ゴミとして出す場合は、回収日まで処分ができないというだけでなく、回収場所まで持ち込む手間もかかってしまいます。オークションや買取にだす方法は、確実に売れるとは限らないということなどから、おすすめできる方法ではありません。

不用品回収業者だと、基本的に電話1本で回収してもらえることも多いので時間と手間はかかりません。また、ゴミの大小関わらず回収してくれるので、引越し時に出る細々としたゴミもついでに処分することができます。業者によって料金やサービス内容が違うので、家まで引き取りに来てくれる業者や比較的安い業者を選ぶことで、さらに効率よく処分することができるかもしれません。

引越しとなるとすることが多くて忙しくなります。しかし、不用品の処分という面では助けてくれる業者もありますので、一度相談してみてはいかがでしょうか。

不用品回収を依頼できる業者や料金

依頼できる業者や料金について、詳しくは「生活110番」の「不用品回収」をご覧ください。

不用品回収・リサイクルはプロに相談
【生活110番】は国内最大級の暮らしの「困った」を解決する業者情報検索サイトです。
140ジャンルを超える生活トラブルを解決するプロたちを掲載しています。
生活のお困りごとは、なんでもご相談ください。
不用品回収・リサイクルはプロに相談
【生活110番】は国内最大級の暮らしの「困った」を解決する業者情報検索サイトです。
140ジャンルを超える生活トラブルを解決する
プロたちを掲載しています。
生活のお困りごとは、
なんでもご相談ください。

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE

この記事を書いた人
編集者:くにひさ
手入れが行き届いた庭が好きで、業者の仕事を詳しく知ってもらいたいと思い、庭や害虫担当のライターになった。

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
1投票,  平均評価値:5

最新記事

施行事例ブログ

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、150ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!