生活110番ニュース 便利屋・代行サービス

このエントリーをはてなブックマークに追加

散らかった本棚を片付けたい!効率的な本棚の整理・処分方法とは?

投稿日:2018-10-24 更新日:2018-10-24

散らかった本棚を片付けたい!効率的な本棚の整理・処分方法とは?

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE

本が増えてくると気がついたときには「本棚に収まらない」という経験はありませんか?必要な本と不要な本を選別して「よく読む本は前に出す」など本棚の整理というと面倒なイメージがあります。

実際、本棚を整理しておく作業はお掃除に似てとても面倒なものです。しかし工夫次第ではその手間を小さくすることも可能といえるでしょう。このコラムでは本棚の整理方法について、手軽にできるおすすめ方法を紹介します。

不用品回収・リサイクルのおすすめサービス

「必要な本」と「不要な本」を区別しよう!効率的に本棚を整理する流れ

本棚の整理をしていると、どうしても「必要な本」と「不要な本」が出てくるでしょう。効率的に本棚をきれいに整理しておくためにも、こまめに「いる・いらない」の選別をすることが大切です。すると本棚が常に整理がされた状態を保つことができます。

本棚を整理する最初の段階としては、まずダンボールなどを用意し「必要な本」と「不要な本」を分別してみましょう。そして「必要な本」は棚にもう一度収納していきます。「不要な本」は買取に出す、知人に譲る、ゴミとして処分するなど、家に残さないようにしましょう。整理がされていれば常に読む本が中心となるので、効率的に本棚を使うことができます。

「必要な本」と「不要な本」を区別しよう!効率的に本棚を整理する流れ

並べ方や背表紙の見せ方を工夫する!本を見やすく、使いやすくするコツ

本が本棚に入りきらなくなると、まとまらなくて見苦しくなってしまう場合もありますよね。本棚の整理にひと工夫して読みたい本をすぐに出せるようにしておきたいものです。背表紙も見つけやすいものを目印にして並べてみるのもよいでしょう。

種類ごとに本を並べて、サイズもできるだけ同一のものをまとめておけば探す時間も減ります。ナンバーで連番となっている本は順番に並べるようにするのもよいでしょう。あと奥行きなどで差がある本棚は、奥まで突っ込まずに少し手前に出しておくといった工夫も有効な方法です。

よく読む本や「必要な本」が素早く取り出せることが理想となります。場合によっては、よく読む本は「バスケット」や「収納ケース」を用意してしまうのも望ましいでしょう。バスケットは床における小型の収納グッズです。今読んでいる本などを入れる場合にとても便利に使うことができます。

あとは、雑誌などの薄くてやや大きめの本などは本棚に立てにくいことから、「バスケット」や「収納ケース」を用意するのも1つのアイディアです。やや無造作においても、散らかりすぎることは防ぐことができます。ただ読まなくなった雑誌だけはきちんと処分していけば、より整頓も行き届いて使いやすくなるのではないでしょうか。

整理整頓はきれいにしようと意識をしているかが大きく影響してくるはずです。面倒くさくても整理の意識を忘れずにいられたらよいですよね。

並べ方や背表紙の見せ方を工夫する!本を見やすく、使いやすくするコツ

いらなくなった本は処分しよう!

いらなくなった本は思い切って、処分することも大切なポイントです。そのとき、本棚の整理でいらなくなった本はゴミとして処分以外にも方法があります。オークション、リサイクルショップへ売却、フリーマーケットに出す、知人に譲る、施設などに寄付などが処分方法としてあります。

・施設に寄付する
おもに「図書館」「幼稚園や保育園」「児童養護施設」などに持ちよることで寄付ができるようになっています。図書館では貴重図書を除いて古本の寄付は受け付けていない場合が多いですが、「本のリサイクル市」といったイベントをおこなっていることもあります。ご自宅の近くにこういった施設があればお問い合わせしてみてください。

・オークション、フリーマーケット、リサイクルショップ、古本屋に売る
本の種類によっても価値が違うため、高そうな本の場合は一度、調べてから売りましょう。買取査定は本の状態にもよりますが、できるだけきれいにして持っていくのが望ましいです。

・ゴミとして出す
本は資源ゴミとなります。新聞紙や雑誌と同じように束ねて資源物の日に出しましょう。

・不用品回収業者に依頼する
不用品回収業者さんでもいらない本の処分を引き受けてくれます。少数からでもお願いできます。大量に処分する本がある場合など、手間がかからなく大変便利です。

手間なく大量の本を処分したいときは不用品回収業者がおすすめ!

処分したい本がたくさんある場合は不用品回収業者にお願いするのがおすすめです。電話で依頼すれば、本棚の整理で出た本をそのまま自宅まで引き取りに来てくれます。早ければ、その日のうちに回収をしてくれる業者もあります。電話で回収する日を決めていきますが、都合のよいお時間も聞いてもらえるでしょう。日時の相談などもしてみるとよいのではないでしょうか。

不用品回収業者はいらない本1冊からでも来てくれます。不用品が大量にある場合は料金も安くなるので便利です。過去の実績や対応から信頼できる不用品回収業者にお願いしてみてください。

手間なく大量の本を処分したいときは不用品回収業者がおすすめ!

不用品回収・リサイクルのおすすめサービス

まとめ

本棚の整理をすすめるうえで気をつけておくポイントは、まず「必要な本」と「不要な本」を分別していくとよいでしょう。いらない本を常に区別していけば、本棚をいつも整理整頓された状態に保つことができます。さらに、並べ方を工夫してみることが大切なポイントととなります。種類ごとに並べたり、サイズや番号順にそろえるなど、見やすくとりやすくする工夫をするとよいです。そして、いらなくなった本は思い切って処分するのが好ましいでしょう。

処分する本が大量あるのでしたら不用品回収業者に依頼するのがおすすめです。都合の良い日時の相談なども乗ってもらえるし、早ければ連絡したその日に自宅まで引き取りに来てくれます。他にも処分したいものがあるときなどはまとめて引き取ってもらうととても便利なのではないでしょうか。

不用品回収を依頼できる業者や料金

依頼できる業者や料金について、詳しくは「生活110番」の「不用品回収」をご覧ください。

不用品回収・リサイクルはプロに相談
【生活110番】は国内最大級の暮らしの「困った」を解決する業者情報検索サイトです。
140ジャンルを超える生活トラブルを解決するプロたちを掲載しています。
生活のお困りごとは、なんでもご相談ください。
不用品回収・リサイクルはプロに相談
【生活110番】は国内最大級の暮らしの「困った」を解決する業者情報検索サイトです。
140ジャンルを超える生活トラブルを解決する
プロたちを掲載しています。
生活のお困りごとは、
なんでもご相談ください。

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE

この記事を書いた人
編集者:かじた
事務職を経てライターへ。これまでの経験から法人向けサービスの記事を担当することが多い。記事を作るとき気をつけていることは、難しい言葉をわかりやすく伝えること。

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
1投票,  平均評価値:5

最新記事

施行事例ブログ

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
2018-10-24 14:07:26
https://www.seikatsu110.jp/acting/ac_recycle/120372/
便利屋・代行サービス
本が増えてくると気がついたときには「本棚に収まらない」という経験はありませんか?必要な本と不要な本を選別して「よく読む本は前に出す」など本棚の整理というと面倒なイメージがあります。実際、本棚を整理しておく作業はお掃除に似てとても面倒なものです。しかし工夫次第ではその手間を小さくすることも可能といえるでしょう。このコラムでは本棚の整理方法について、手軽にできるおすすめ方法を紹介します。
シェアリングテクノロジー株式会社

不用品回収・リサイクルのお問い合わせ・ご相談はこちら

不用品回収・リサイクルについてご相談・ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。

お名前必須
お名前を正しく入力してください
電話番号必須
電話番号を正しく入力してください
相談したい内容 任意

利用規約プライバシーポリシーに同意の上ご利用ください。

※ご相談内容を確認後、弊社運営スタッフより折り返しお電話させていただきます。

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、140ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!