生活110番辞典 便利屋・代行サービス

このエントリーをはてなブックマークに追加

「部屋の掃除のコツ」4つ!清掃用具を使用しない掃除とは?

2018-10-19

「部屋の掃除のコツ」4つ!清掃用具を使用しない掃除とは?

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

担当スタッフがあなたに合った業者を紹介
相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラPCLINEでの無料相談はこちらPC
担当スタッフがあなたに合った業者を紹介
相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE

部屋の掃除といえば、掃除機などでホコリを吸いとることや、ぞうきんなどで汚れを落とすことを思い浮かべるのではないでしょうか。清掃用具を使用して、気になるホコリや汚れを落とすことももちろん部屋の掃除といえますが、清掃用具を使用せずおこなう掃除もあります。

それは「ものを捨てる」という掃除方法です。これを聞いて「なんだそんなことか……」と思った方もいることでしょう。しかし、この方法は目に見えてスッキリさせるためには必要不可欠といえます。「定期的に部屋の掃除はしているのに、なぜか部屋が散らかっていく……」という方は「ものを捨てる」ということがあまりできていないのかもしれません。

この記事では、いらないものを捨てていく方法を「部屋の掃除のコツ」としてご紹介していきます。「ものを捨てる」ということがなかなかできない人や、「どこから手を付けたらいいかが分からない」という方はぜひ参考にしてみてください。

不用品回収・リサイクルのおすすめサービス

部屋の掃除のコツ①分類

どこから手を付けたらいいかが分からないという方は、部屋の中にあるあらゆるものを「分類」していきましょう。必要なものと不要なものを分けていくのですが、「部屋の掃除のコツ」のなかでもこの「分類」するということはかなり重要となります。

「いつか使うかもしれないし……」「まだ使えるから捨てるのはもったいない……」という考えを持ちながら分類すると、結局不要なものを捨てることができません。分類をする際には、「今使っていないものは不要なもの」と割り切っておこないましょう。

迷ってしまい分類することができない方は、ものを捨てて部屋がスッキリすることで、自分にとってプラスになることを想像するようにします。例えば、「きれいが持続される」「次の掃除が楽になる」や、「優柔不断な性格を変える」といったことでもいいです。

プラスになることを考えることで「ものを捨てる」ということに対してのモチベーションが上がります。こうして捨てることに対する抵抗を無くしていくことで、分類がスムーズにできることでしょう。

部屋の掃除のコツ①分類

部屋の掃除のコツ②使ってないものは捨てる

いるものといらないものが分類できたら、次は実際に捨てていきます。捨てることを実行することで部屋のものは減っていくので「部屋の掃除のコツ」として、分類したらすぐ処分に移ることをおすすめします。

分類したものを捨てるには、可燃ゴミや不燃ゴミに分別して、捨てることができそうなものはどんどん捨てていきましょう。分別の際に、どこに分類されるかが分からないようなものは、お住まいの地域のホームページなどで確認することができます。それでも判断の難しいものは、電話で問い合わせる方法が一番確実といえます。

この分別を怠ると回収されないなどのトラブルにもつながりますので、しっかりとおこないましょう。分別方法はお住まいの地域の自治体によって異なります。少しでも分からないことがある場合、しっかりと調べることをおすすめします。

分類したもののなかに大きなものがあり、ご自身での処分が難しいという場合は4章を参考にしてみてください。

部屋の掃除のコツ③どうしても捨てられないものは

処分を決めたものの、すぐには捨てられないようなものが出てくるといった場合があります。使用していないタンス、服の整理をしていたら思いのほか捨てる物が多くなったなど、すぐに捨てるとなると掃除を中断せざるを得ないようなものが出てきた場合です。

そういった場合の対処法ですが、「一旦わけておく」という方法をおすすめします。すぐに処理できない不用品については、掃除の邪魔にならない場所に置いておきましょう。すぐ処分に移り時間をかけると、結局掃除が中途半端で終わってしまうということも考えられます。また、掃除を進めていくなかで、そういった不用品がまだ出てくるおそれもありますので、あまり効率のいい方法とはいえません。

そのため、処分に困る不用品が出てきた場合は、一旦わけておき、掃除を続けましょう。切りがついた時点で一気に処分するという方法をとれば、スムーズに掃除が進みます。

せっかく手に付けた掃除を中断しないためにも、「一旦分けておく」という方法を「部屋の掃除のコツ」としてご紹介させていただきました。

部屋の掃除のコツ③どうしても捨てられないものは

部屋の掃除ででたゴミは早めの処分を

処分に困るものが出た場合は、一旦分けておくという方法をご紹介しました。しかし、この時点では不用品として分類しているだけであり、実際に処分をしないといつまでたっても部屋はきれいになりません。

不用品を一旦わけ、掃除を続けていき区切りがついたとしても、処分が完了するまで掃除は終わりません。掃除の際に出てきた不用品は早めに処分しましょう。今度やろうと先延ばしにしていくと、再びだんだんと「もの」がたまっていき、結果として無意味な掃除となってしまうかもしれません。不用品は先延ばしにせず、早めの処分を心がけるというのも「部屋の掃除のコツ」といえます。

処分が面倒で億劫になってしまう場合は、不用品回収業者に依頼することをおすすめします。不用品回収業者とは、
お金を払うことでゴミを処分してくれる業者のことです。業者を利用することのメリットとデメリットについてまとめたので、ぜひ参考にしてみてください。

●不用品回収業者に依頼することのメリット

・時間がかからない
電話で業者と回収日の日程を決めることができます。粗大ゴミのように回収日まで待つ必要もないので、忙しく時間のない方にはかなり心強いのではないでしょうか。

・一気に処分できる
不用品回収業者では、費用を払えば基本的にはなんでも回収してくれます。掃除の際に出た、こまごまとした不用品も一気に処分することができて便利です。

・手間を省ける
業者によっては不用品を家まで引き取りに来てくれるところもあります。そういった業者を選ぶことで、処分の際にかかる手間が大幅に削減できるのではないでしょうか。

●不要品回収業者に依頼することのデメリット

・費用がかかる
とても便利な処分方法なだけに、費用がかかってしまいます。業者によってサービス内容や料金設定が異なるため、いくつかの業者に聞いて回り、相見積もりをとることをおすすめします。

不用品回収業者は数多く存在するので、数社を比較しながら検討するといいでしょう。今回ご紹介した内容をもとに、ご自身にあった処分方法が見つかるといいですね。

部屋の掃除ででたゴミは早めの処分を

不用品回収・リサイクルのおすすめサービス

まとめ

「部屋の掃除のコツ」には「分類する、ものを捨てる、一旦わける、早めに処分する」というものがありました。どこから手を付けたらいいかが分からない人は、いるものといらないものを分類します。分類したものは自分で捨てられる範囲のものはどんどん捨てていきましょう。

処分に困るものや時間がかかるものが出てきた場合には、そのとき対処するのではなく、一旦分けておき、区切りがついた時点で一気に処分する方が効率がいいです。掃除をするなかで分けておいた不用品は、早めの処分を心がけましょう。

処分が億劫な場合は、不要品回収業者に依頼するという方法もあります。お部屋の掃除の際には、今回ご紹介した「部屋の掃除のコツ」をぜひご活用ください。

不用品回収を依頼できる業者や料金

依頼できる業者や料金について、詳しくは「生活110番」の「不用品回収」をご覧ください。

不用品回収、リサイクルのおすすめ業者を見る

担当スタッフがあなたに合った業者を紹介
相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラPCLINEでの無料相談はこちらPC
担当スタッフがあなたに合った業者を紹介
相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
5投票,  平均評価値:5

おすすめコンテンツ

最新記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
暮らしのトラブルに備えよう!あると安心のパンフレット
2018-10-19 15:33:41
https://www.seikatsu110.jp/acting/ac_recycle/120042/
便利屋・代行サービス

シェアリングテクノロジー株式会社

おすすめ記事

不用品回収・リサイクルのお問い合わせ・ご相談はこちら

不用品回収・リサイクルについてご相談・ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。

お名前必須
電話番号必須
都道府県必須
相談したい内容必須

※ご相談内容を確認後、弊社運営スタッフより折り返しお電話させていただきます。

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、200ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!

0120-949-986