生活110番ニュース 便利屋・代行サービス

このエントリーをはてなブックマークに追加

まだ使えそうだし捨てられない…不要になったテーブルを処分したい!

投稿日:2018-10-20 更新日:2018-10-20

まだ使えそうだし捨てられない…不要になったテーブルを処分したい!

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE

引っ越しや部屋の模様替えを機会に、古い家具を新調しようと思ったことはありませんか?その際、テーブルを新しくしたいと思ったけれども、古いテーブルの処分に困ったという経験のある方もいらっしゃるのではないでしょうか。

テーブルの処分を検討したときに、多くの方は粗大ゴミに出すことが思い浮かぶと思います。しかし、粗大ゴミに出すだけがテーブルを処分する方法ではありません。今回は、テーブルを処分する方法について紹介します。

不用品回収・リサイクルのおすすめサービス

使わなくなったテーブルの処分は3つの方法がある!

テーブルを処分したいけれど方法が思いつかず、頭を悩ませた経験のある方も多いのではないでしょうか。テーブルの主な処分方法には、以下のような選択肢があります。

・粗大ゴミとして捨てる。
・ネットオークションやリサイクルショップで売る。または知り合いに譲る。
・不用品回収業者に回収を依頼する。

まずは、粗大ゴミとして捨てる場合の方法や注意点などについて説明します。
テーブルを粗大ゴミとして捨てる場合は、「リサイクルショップなどで売れないほど傷みが激しい・汚れている」などの状況が考えられます。

この場合、どのようにテーブルを処分すればいいのでしょうか?自治体によって、粗大ゴミとして出せるゴミの大きさ基準が異なってきます。一般的には「一辺の長さがおおむね30cmを超えるもの」を粗大ゴミとして扱う自治体が多いです。捨てる前にテーブルの材質やサイズなどを確認しておきましょう。

出し方は、事前に収集の依頼をした上で、「粗大ゴミ用シールをコンビニエンスストアやスーパーマーケットなどで購入し、収集日にそのシールを貼って粗大ゴミとして出せば回収される」という方式や、「自分で指定の場所へ持ち込む」などです。

粗大ゴミの出し方は自治体ごとに規定が異なり、出すものの種類によっても金額が変わってきます。ちなみに、テーブルの処分費用の相場は、約300~2,000円といわれています。粗大ゴミとして処分する場合は、お住まいの自治体の規定を事前に確かめましょう。

粗大ゴミとして扱われる規定の大きさより小さく切断するなどすれば、粗大ゴミではなく可燃ゴミなどとして捨てることも可能です。しかしテーブルの材質によっては解体できない物もあります。そのため、テーブルを処分する際は、基本的に「粗大ゴミとして捨てる」という認識でいましょう。

使わなくなったテーブルの処分は3つの方法がある!

まだ使えそう…?そういう時はリサイクルショップや友人に譲ろう!

自分ではもう使わないけれど、テーブル自体はまだまだ使えそうな場合は、リサイクルショップやネットオークションで売ったり、譲ってほしいという知り合いがいるなら譲るのも1つの方法です。

リサイクルショップは、傷や汚れが少ないことなど買い取りの条件は決められていますが、テーブルの状態が良く、購入してから5年以内のものであれば、だいたいの店舗で買い取ってもらえます。

また、ネットオークションで売る場合も、買い手がつく条件はリサイクルショップに売る場合と似てきます。最近ではスマートフォンでフリーマーケットアプリが普及していますので、それを活用するのもひとつの手です。多少の汚れや傷は問題ではないという人が買ってくれることもあるため、リサイクルショップに持ち込んでだめだった物でも売れる可能性はあるでしょう。

買取は必要なしでテーブルを譲りたいだけなら、譲渡掲示板などで希望者を探すのもおすすめです。

業者を選ぶときのポイント

時間的に粗大ゴミに出すのは難しく、リサイクルショップでも買取対象外になってしまった場合は、不用品回収業者に引き取りを依頼しましょう。では、テーブルを不用品回収業者に引き取ってもらいたいと思った場合、どんなことを業者選びの判断基準とすればよいのでしょうか?

不用品を回収するには、「一般廃棄物収集運搬業許可」という資格が必要です。この資格を持っている業者に依頼しましょう。見積もりをおこなってくれるか、料金設定が分かりやすいかという点も、安心して処分を任せられる業者を探す上では大事なポイントになります。

そのほかにも、テーブルの処分を考えているなら、「家具の回収に力を入れている業者に依頼する」というのも、大事なポイントです。不用品回収業者にも、積極的に回収している品とそうでない品とがあります。テーブルの処分を考えているなら、家具の回収に力を入れている業者に依頼することをおすすめします。

また、不用品回収業者に限らなくても、大手の引っ越し業者によっては、有料で不要家具の引き取り処分サービスを行っている場合があります。引っ越しの際にテーブルを処分したいと考えているなら、このようなサービスを利用するのもおすすめです。

業者を選ぶときのポイント

不用品回収の費用を安く済ませるには?

不用品回収業者に依頼するとなれば、次に気になるのは費用がいくらかかるのか?ということではないでしょうか?できる限り出費はおさえたいものですよね。

一般的にテーブルの回収料金は、
・小さなテーブルの場合……1,000円ほど
・大きなテーブルの場合……3,000~1万円ほど

が相場といわれます。

費用をおさえる面では、テーブルだけではなくほかの不用品もいっしょに回収してもらうことも考えましょう。業者によっては、まとめて回収する場合は、回収料金が「軽トラック1台分の不用品回収で一律いくら」とトラック単位での料金になる場合もあります。場合によっては、テーブルだけを回収に出す金額よりもまとめて回収する料金のほうがお安いこともあるでしょう。

不用品回収・リサイクルのおすすめサービス

まとめ

テーブルを処分するには、粗大ゴミとして捨てるしかないと考えがちですが、捨てる以外にも方法はあります。購入から年数が経過しておらず状態が良好な場合は、リサイクルショップを利用するのもよいでしょう。今はフリーマーケットのアプリで買い手を探す手段もあります。

譲ってほしいという方に譲るのもいいでしょう。続けて使ってくれる方に譲るのは、物を大切にすることにつながります。

不用な家具・家電・雑貨などが複数ある場合、粗大ゴミとして捨てるよりも不用品回収業者に依頼するほうがお得な場合もあるかもしれません。その際は複数の業者に見積もりを依頼して、対応や金額に納得して処分を任せたいものですね。

不用品回収を依頼できる業者や料金

依頼できる業者や料金について、詳しくは「生活110番」の「不用品回収」をご覧ください。

不用品回収・リサイクルはプロに相談
【生活110番】は国内最大級の暮らしの「困った」を解決する業者情報検索サイトです。
140ジャンルを超える生活トラブルを解決するプロたちを掲載しています。
生活のお困りごとは、なんでもご相談ください。
不用品回収・リサイクルはプロに相談
【生活110番】は国内最大級の暮らしの「困った」を解決する業者情報検索サイトです。
140ジャンルを超える生活トラブルを解決する
プロたちを掲載しています。
生活のお困りごとは、
なんでもご相談ください。

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE

この記事を書いた人
編集者:りさ
コールセンターを経てライターへ転職。さまざまな人に向き合ってきた経験から、記事で的確なアドバイスができることを目指している。

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
1投票,  平均評価値:5

最新記事

施行事例ブログ

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
2018-10-19 13:27:29
https://www.seikatsu110.jp/acting/ac_recycle/119967/
便利屋・代行サービス
引っ越しや部屋の模様替えを機会に、古い家具を新調しようと思ったことはありませんか?その際、テーブルを新しくしたいと思ったけれども、古いテーブルの処分に困ったという経験のある方もいらっしゃるのではないでしょうか。テーブルの処分を検討したときに、多くの方は粗大ゴミに出すことが思い浮かぶと思います。しかし、粗大ゴミに出すだけがテーブルを処分する方法ではありません。今回は、テーブルを処分する方法について紹...
シェアリングテクノロジー株式会社

不用品回収・リサイクルのお問い合わせ・ご相談はこちら

不用品回収・リサイクルについてご相談・ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。

お名前必須
お名前を正しく入力してください
電話番号必須
電話番号を正しく入力してください
相談したい内容 任意

利用規約プライバシーポリシーに同意の上ご利用ください。

※ご相談内容を確認後、弊社運営スタッフより折り返しお電話させていただきます。

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、140ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!