生活110番ニュース 便利屋・代行サービス

このエントリーをはてなブックマークに追加

フライパンの処分方法3選!処分する前の注意点などをご紹介します

投稿日:2018-10-15 更新日:2018-10-15

フライパンの処分方法3選!処分する前の注意点などをご紹介します

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE

フライパンは、長い間使用していると汚れが取れにくくなります。フライパンの材質によっては嫌な臭いも出てくる可能性もあります。

フライパンの処分というと「不燃ゴミに出す」というイメージがあるのと思いますが、サイズによっては出せない場合もあります。しかし不燃ゴミで出す以外に処分方法もわからない「どうすればいいかわからない」とお悩みの方も多いのではないでしょうか?

そこでこのコラムで、いらなくなったフライパンを処分を簡単に済ませる便利な方法をご紹介させていただきます。

不用品回収・リサイクルのおすすめサービス

フライパンを処分する前にやっておきたいこと

使い古して劣化したフライパンを処分するときに、手持ちのフライパンの材質や使い方をもう一度確認する必要があります。とくにフライパンは、材質特性が違うものが何種類かあります。この種類によって適切な扱い方がそれぞれ異ってきます。

「材質によるフライパンの使用方法を誤っている」「適切な手入れがなされていない」ことが原因で、悪臭がでるなど使いにくい状況が多いようです。そのため、フライパンの種類をしっかりと知っておくことが重要です。

・テフロン加工
中火以下で使用するのが基本となります。空焼きで350度を超すと有毒なガスが発生することもあるので、空焼きは厳禁です。酸化した油がたまるため、使用後に中性洗剤で洗う必要があります。

・フッ素樹脂加工
扱いやすくこがしにくいのがフッ素樹脂加工です。高温は不向きで長く使用すると加工面がはがれやすくなります。

・鉄製
頑丈で長もちで高温につよく、サビやすいのが特徴です。空焼きや油ならしをするとしないで寿命が変わってきます。使用前に空焼きを行わないと悪臭も発生します。空焼きはフライパンが「うす青色」になるくらいがベストです。

・ステンレス製
サビにくく耐久性が強く、熱伝導が低いため温まるのに時間がかかります。保温性が高く冷めにくだけでなく、見た目がおしゃれなものも多いです。

フライパンは材質や特徴によってトラブルがあります。取り扱い事項や説明書きを確認して、お手持ちのフライパンの最低限の知識を知っておくことが重要です。材質によって異なる「手入れ時に気を付けるポイント」を確認しておけば、トラブルを未然に防ぐことができるかもしれません。

また、フライパンの汚れはきれいに落としておかないと、処分するときに嫌な臭いをはなつ原因となります。フライパンの落とせる汚れは、なるべく落としておくのがおすすめです。

フライパンを処分する前にやっておきたいこと

フライパンの処分方法3つ

お手持ちのフライパンの使用方法や手入れも、材質に合った方法で行うことが重要です。しかし、劣化により痛みがすすんでいると、フライパンの処分を考えるのではないでしょうか。フライパンをなるべくスムーズに、処分する方法を3つご紹介させていただきます。

自治体で処分

フライパンは、各自治体で不燃ゴミとして出すことができます。不燃ゴミは金属製品(なべ、やかん、乾電池など)ガラス陶器、小型の電化製品(充電式もふくむコンセント付きの製品など)を出すことが可能です。フライパンも不燃ゴミとして処分できますが、サイズによっては粗大ゴミ扱いになる場合もあります。

粗大ゴミとなるサイズ基準は30センチ角を上回る場合になります。処分料も発生するため、お住いの地域で処分料をご確認ください。だいたいゴミひとつにつき処分料(300~500円前後)がかかってきます。

ほかにもリサイクルステーションに出すことも可能です。リサイクルステーションは、各自治体が毎月決められた日にスーパー等の駐車場を使用して日常生活でいらなくなった物を料サイクル回収しています。実施カレンダースケジュールもお住いの自治体サイトにて確認できます。

リサイクルショップ

リサイクルショップに引き取ってもらう方法もあります。しかし、多くの調理器具は未使用品のみ買取りを行っていることに注意しなければなりません。とくに大きなリサイクルショップでは、使用品は買取りを行っていないことも多いです。

不用品回収業者

あまり馴染みはないかもしれませんが、不用品回収業者さんでもフライパンを引取ってもらえます。電話で依頼すれば、フライパンだけでも引き取りに来てくれます。ほかにも不用品がある場合などはまとめて引き取ってもらえるため、かかる手間などを減らせます。

フライパンの処分方法3つ

フライパン以外にも不用品があれば不用品回収業者へ依頼しよう

フライパンの処分をお考えなら、不用品回収業者さんにお願いするのも便利です。早ければ、お電話をしてその日のうちに引き取りに来てくれます。その際、フライパンだけで不用品回収をお願いすると費用が割高になってしまいます。ほかにも引き取ってもらう不用品があるなら、一緒に持って行ってもらう事により料金もお安くなります。

不用品回収業者さんにお願いするときは、最初に見積もりをきちんとしてくれる業者さんにお願いするのがおすすめです。しっかりどれくらいの量でどれくらいかかるかを知っておかないと、のちのち料金トラブルになることもあるので注意が必要です。

不用品回収・リサイクルのおすすめサービス

まとめ

使い古して劣化したフライパンを処分する前に今一度、フライパンの材質や日頃の手入れ使用方法などを思い返してみましょう。使用方法が間違ってると、嫌な臭いなどが発生しているかもしれません。それぞれ材質に合った手入れやご使用方法をおこなえば、解決する可能性もあります。

それでもフライパンを処分するのなら、汚れは落としておくことをおすすめします。汚れは嫌な臭いをはなつ原因となります。また、処分方法としては不燃ゴミ・リサイクルステーション・リサイクルショップにて査定をしてもらい買取り処分してもらうなどさまざまです。

ほかにも、不用品回収業者でも引き取ってもらえます。その際は、業者選びをしっかりしていないと料金が不当に発生したり、後々にトラブルになってしまうおそれがあるので注意が必要です。

料金が発生しても、見積りなど最初にきちんと行ってくれる信頼のある不用品回収業者さんを利用しましょう。フライパンだけで依頼すると割高になるため、なるべく不用品がまとまった状態で不用品回収業者に依頼するのがおすすめです。

不用品回収を依頼できる業者や料金

依頼できる業者や料金について、詳しくは「生活110番」の「不用品回収」をご覧ください。

不用品回収・リサイクルはプロに相談
【生活110番】は国内最大級の暮らしの「困った」を解決する業者情報検索サイトです。
140ジャンルを超える生活トラブルを解決するプロたちを掲載しています。
生活のお困りごとは、なんでもご相談ください。
不用品回収・リサイクルはプロに相談
【生活110番】は国内最大級の暮らしの「困った」を解決する業者情報検索サイトです。
140ジャンルを超える生活トラブルを解決する
プロたちを掲載しています。
生活のお困りごとは、
なんでもご相談ください。

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE
この記事を書いた人
編集者:くにひさ
手入れが行き届いた庭が好きで、業者の仕事を詳しく知ってもらいたいと思い、庭や害虫担当のライターになった。

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
1投票,  平均評価値:4

最新記事

施行事例ブログ

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
2018-10-15 18:17:11
https://www.seikatsu110.jp/acting/ac_recycle/119715/
便利屋・代行サービス
フライパンは、長い間使用していると汚れが取れにくくなります。フライパンの材質によっては嫌な臭いも出てくる可能性もあります。フライパンの処分というと「不燃ゴミに出す」というイメージがあるのと思いますが、サイズによっては出せない場合もあります。しかし不燃ゴミで出す以外に処分方法もわからない「どうすればいいかわからない」とお悩みの方も多いのではないでしょうか?そこでこのコラムで、いらなくなったフライパン...
シェアリングテクノロジー株式会社

不用品回収・リサイクルのお問い合わせ・ご相談はこちら

不用品回収・リサイクルについてご相談・ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。

お名前必須
お名前を正しく入力してください
電話番号必須
電話番号を正しく入力してください
相談したい内容 任意

利用規約プライバシーポリシーに同意の上ご利用ください。

※ご相談内容を確認後、弊社運営スタッフより折り返しお電話させていただきます。

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、140ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!