生活110番ニュース 便利屋・代行サービス

このエントリーをはてなブックマークに追加

かかる時間や費用が違う?自分に合った家具の引き取り方を選ぼう!

投稿日:2018-10-10 更新日:2018-10-10

かかる時間や費用が違う?自分に合った家具の引き取り方を選ぼう!

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE

家具を新しくするタイミングは引っ越しだったり、買い替えだったり人によってさまざまです。そのときに気になるのが、古い家具の処分方法ではないでしょうか。いざ古い家具を処分しようと思っても、家具の種類によっては処分方法が変わってくるかもしれません。

そのため、しっかりと家具の処分方法を知っておく必要があります。そこで今回は、家具を引き取りに出す形での処分方法について詳しくご紹介していきます。

不用品回収・リサイクルのおすすめサービス

家具の引き取り方法によって、引き取り時間や費用が変わる

不要になった家具は、粗大ゴミとして捨てるしかないと考えるかたが多いかと思います。しかし、粗大ゴミは自治体によって規定が違います。そのため、家具を処分するときは自治体ごとの規定をしっかりと調べる必要があります。

また、粗大ゴミを出す日は指定されていることも多いので、家具を処分するまでに時間がかかる場合があります。処分するのにあまり時間をかけたくない方は、不用品回収業者に依頼することをおすすめします。業者に依頼すると、自分の都合に合わせて家具を処分することができます。見積もりから家具の引き取りまで行ってくれる業者も多いので、家具を処分するのにかかる時間は短くなります。

ほかにもリサイクルショップで家具の引き取りを行う方法もあります。自分の都合がつくときに店頭へ持ち込めば、不要になった家具を買い取ってもらえるかもしれません。

家具の引き取り方法によって、引き取り時間や費用が変わる

家具の引き取り方法①不用品回収業者へ依頼する

家具の引き取りを不用品回収業者に依頼する場合は、まずは問い合わせを行い、見積もり日時を予約しましょう。その後、査定してもらい、提示された金額に納得できれば家具を引き取ってもらうことができます。

使用年数の短い家具などは、比較的高価で買い取りされる傾向にあります。しかし、ベッドやソファーといった布製品系の家具、傷や汚れの多い家具などは引き取ってもらえないことも多いです。そのため、複数の業者に事前に問い合わせることをおすすめします。

また、引き取り料金が「軽トラック1台分から」という設定になっている業者もあります。不用品回収業者に家具の引き取りを依頼する際は、料金設定を事前に確認しておきましょう。

家具の引き取り方法②リサイクルショップに出す

自分からすればもう使わない家具だけど、まだまだ使える状態の物の場合は、リサイクルショップの買い取りに出すのも1つの方法です。リサイクルショップを利用すれば、少額ながら臨時収入を得られるというメリットがあります。

しかし、なんでも買い取ってもらえるわけではなく、種類や使用年数、傷や汚れなどによっては引き取ってもらえないこともあります。持ち込み予定の店舗の条件などを事前に確認しておきましょう。

また、リサイクルショップのスタッフが自宅に来てくれる出張買取サービスもあります。自分の力で持ち込むのが難しい大型の家具などの場合は、このようなサービスを行っている店舗などに依頼するのも1つの手でしょう。

リサイクルショップでの買取を希望する場合は、売る前に家具の手入れをすると高価買取につながることもあります。汚れや傷の具合、壊れている部分がないかしっかりとチェックしてみましょう。
万一買取対象とならなかった場合でも、規定の引き取り料金を払えば、処分を代行するサービスを行っている店舗もあります。

そのほかにも、大手の家具販売店では、買い替える際に不要になった家具の引き取りサービスを行っている場合もあります。しかし、購入した家具と引き取りする家具が同種かつ同数であること、など条件がついていることがほとんどなので注意が必要です。

家具の引き取り方法②リサイクルショップに出す

家具の引き取り方法③粗大ゴミとして処分する

不用品回収業者やリサイクルショップでも引き取ってもらえないほど使用年数が経過している家具や、壊れてしまっている家具は粗大ゴミに出すしかありません。

家具を粗大ゴミとして出す場合の大きさの基準は、一辺の長さがおおよそ30cmを超えるものが目安になります。しかし、自治体によって基準となる大きさが異なる場合もあるので、事前に問い合わせることをおすすめします。

粗大ゴミは、事前に収集の依頼をします。依頼後に料金の書かれた粗大ゴミ用シールを購入します。そして、そのシールを貼って指定日に粗大ゴミとして出すのが一般的です。

しかし、粗大ゴミの出し方は自治体ごとにルールが異なります。また家具の場合は、種類によって料金も変わってきます。そのため、事前に自治体に確認するようにしましょう。

不用品回収・リサイクルのおすすめサービス

まとめ

家具を捨てるタイミングは人それぞれです。そのため、家具の処分方法に迷うかたも少なくありません。また、家具の種類や状態によっては、リサイクルショップなどで引き取ってもらえないこともあります。

粗大ゴミとして捨てるときは、指定日を考えなければいけません。その場合、タイミングによっては処分までに時間かかることもあります。

そのようなときは、不用品回収業者に引き取りを依頼してみてはいかがでしょうか。時間がないときは、家具の引き取りを業者に依頼することで、スムーズに処分することができるかもしれません。

不用品回収を依頼できる業者や料金

依頼できる業者や料金について、詳しくは「生活110番」の「不用品回収」をご覧ください。

不用品回収・リサイクルはプロに相談
【生活110番】は国内最大級の暮らしの「困った」を解決する業者情報検索サイトです。
140ジャンルを超える生活トラブルを解決するプロたちを掲載しています。
生活のお困りごとは、なんでもご相談ください。
不用品回収・リサイクルはプロに相談
【生活110番】は国内最大級の暮らしの「困った」を解決する業者情報検索サイトです。
140ジャンルを超える生活トラブルを解決する
プロたちを掲載しています。
生活のお困りごとは、
なんでもご相談ください。

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE
この記事を書いた人
編集者:くにひさ
手入れが行き届いた庭が好きで、業者の仕事を詳しく知ってもらいたいと思い、庭や害虫担当のライターになった。

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
1投票,  平均評価値:5

最新記事

施行事例ブログ

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
2018-10-10 13:31:40
https://www.seikatsu110.jp/acting/ac_recycle/119403/
便利屋・代行サービス
家具を新しくするタイミングは引っ越しだったり、買い替えだったり人によってさまざまです。そのときに気になるのが、古い家具の処分方法ではないでしょうか。いざ古い家具を処分しようと思っても、家具の種類によっては処分方法が変わってくるかもしれません。そのため、しっかりと家具の処分方法を知っておく必要があります。そこで今回は、家具を引き取りに出す形での処分方法について詳しくご紹介していきます。
シェアリングテクノロジー株式会社

不用品回収・リサイクルのお問い合わせ・ご相談はこちら

不用品回収・リサイクルについてご相談・ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。

お名前必須
お名前を正しく入力してください
電話番号必須
電話番号を正しく入力してください
相談したい内容 任意

利用規約プライバシーポリシーに同意の上ご利用ください。

※ご相談内容を確認後、弊社運営スタッフより折り返しお電話させていただきます。

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、140ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!