生活110番ニュース 便利屋・代行サービス

このエントリーをはてなブックマークに追加

不用品を引越しの時に処分するには?処分方法と費用相場まとめ

投稿日:2017-10-03 更新日:2018-09-27

不用品を引越しの時に処分するには?処分方法と費用相場まとめ

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE

引っ越しをするとき、いい機会だから不要なものは全て処分しよう!と考えても、思った以上に処分は大変です。
特にテレビやパソコン、冷蔵庫や洗濯機などはリサイクルの対象なので、自治体へ回収してもらうこともできません。
そういったものはどう処分すればよいのか?今回は不用品の処分法と、費用の相場をご紹介します。

不用品回収・リサイクルのおすすめサービス

不用品を引越しの時に処分する方法

粗大ゴミとして捨てる

比較的安く済ませられるのがこの方法です。
タンス、ベッドなどの大きなごみは、自治体の粗大ごみ回収で引き取ってもらうことができます。
ただ、各自治体によってルールはさまざまですので、まずはホームページなどで確認しましょう。

自治体が回収してくれるごみなら、受付センターに連絡、もしくはホームページから申し込みます。
その際、ごみの大きさや材質を知らせる必要があるので、忘れずに連絡しましょう。

また、手数料が必要になるので、指定の金融機関やコンビニなどで支払いを済ませ、領収書と収集シールを受け取ったら粗大ごみに貼り付け、指定された日の午前8時までに出しましょう。

運搬は自分で行わなければいけないので、ベッドなど大きなものは人手が足りないと厳しいかもしれません。
家電リサイクル法が適用されるものと、危険物やピアノなどは引き取りの対象外になることがほとんどです。
それも自治体のホームページなどでチェックしましょう。

引越し業者に引き取ってもらう

引っ越し業者の中には、不用品の処分や買い取りを行っているところもあります。
ですが、業者によっては買い取りできるもの、できないものもありますので、業者への確認が必要になります。

そして、引っ越し業者はあくまで引っ越しがメインになりますので必ず買い取りをしてくれるとは限りません。
見積もりを取ってもらう際に、不用品の処分や買い取りに対応しているか聞いてみましょう。
      不用品を引越しの時に処分する方法  
  

回収業者を利用する

不用品の回収業者を利用するメリットは、家まで引き取りにきてもらえ、即日対応してくれる業者も多いというところです。
自分の都合がつく日で引き取りに来てもらえるので、急な引っ越しが決まってすぐ処分したいという方にとても便利です。
自治体で処分するときと違い、業者が養生を行った上で回収までしてくれるため、アパートやマンションに住んでいる方は建物に傷がつく心配もありません。

ただ、家電リサイクル法に定められた商品を処分する場合は、別途料金がかかる場合もあるので、見積りを出してもらう際に聞いておきましょう。  

リサイクル

リサイクル業者の利点は、その場ですぐにお金になり、大量にまとめて買いとってくれるというところです。
自分でリサイクルショップまで運ぶのが面倒な時は、自宅に来て査定と集荷に来てくれる業者を選びましょう。
店舗だけでなくインターネット上でもリサイクル業者はあるので、自分の住んでいる地域まで査定に来てくれる業者を選ぶとよいでしょう。

リサイクル業者を利用する場合、3月や4月の引っ越しシーズンは繁忙期に当たるので予約が取れない場合があります。集荷を希望する場合は早めの予約をおすすめします。

オークション

最近、ネットオークションで不用品を売る人々も増えています。
引っ越しの際、集めてきたコレクションを絞りたいけれど、価値の分かる人になるべく高く買い取ってもらいたい……という場合はオークションサイトの活用が最適です。

その他にも、不用品だと思っていたらオークションサイトでは高く売れた!というケースもあります。
オークションサイトは自分のペースで出品ができる為、引っ越しまで時間がある場合はネット環境さえあればスマートフォンなどでも出品が可能です。

デメリットとしては、梱包や配送の手続きは自分でしなければいけないのと、落札者とのやりとりが必要になります。
知らない人とのやりとりが苦手だと感じる方には、少し厳しいかもしれません。

知り合いに譲る

友人や知人に譲る場合は、会えるときに不要なものを渡してしまったり、引っ越し当日に手伝ってもらった際についでに持っていってもらうこともできます。
しかし、大きなものや家電製品の場合運搬の手段がないと、逆に手間になってしまいます。
      不用品を引越しの時に処分する方法

引越しでよく処分される不用品は?

不要になった衣類、賞味期限の切れた食品などの可燃ごみは思った以上の大きさになることもあります、また、新居のサイズに合わないベッドやソファ、棚などの家具もよく処分されます。
古くなった家電も同様です。
その他書籍やバッグなどの小物類も引っ越しの際は不要品となる場合もあります。
      引越しでよく処分される不用品は?

引越しの処分費用の相場とは

自治体の場合は、払うお金は手数料のみですが民間の業者の場合は3000円から5000円程度が相場となります。
これは、自宅までの出張費用と車代です。各品目ごとに料金が定まっていて、分解などが必要な場合はオプションの料金もかかることがあります。

各業者ごとに見積りを出してもらい、自分に最適な業者を選びましょう。

家電リサイクル対象商品の料金

家電リサイクル対象商品の料金は、業者によって値段が左右されますが、冷蔵庫や洗濯機など大きなものになるほど料金は高くなり、冷蔵庫の相場は3000円から5000円です。

家電リサイクル商品を処分するのに、高額だと思った際は、先述したように買取サービスも行っている業者にお願いする、またはオークションやリサイクルショップで売却するなどの方法をとるのがよいでしょう。
      家電リサイクル対象商品の料金

不用品回収・リサイクルのおすすめサービス

まとめ

引っ越しの際どうしても不用品は出るものです。
しかし、今はただ処分するのではなく、お金に変えられる方法も多くあります。
自分に合った最適の方法を選んで、スムーズに引っ越しをすすめられるように、引っ越しが決まった際は各業者に見積りを取ってもらうことをおすすめします。

依頼できる業者や料金について

依頼できる業者や料金について、詳しくは「生活110番の」の「不用品回収・リサイクル」をご覧ください。

不用品回収・リサイクルはプロに相談
【生活110番】は国内最大級の暮らしの「困った」を解決する業者情報検索サイトです。
140ジャンルを超える生活トラブルを解決するプロたちを掲載しています。
生活のお困りごとは、なんでもご相談ください。
不用品回収・リサイクルはプロに相談
【生活110番】は国内最大級の暮らしの「困った」を解決する業者情報検索サイトです。
140ジャンルを超える生活トラブルを解決する
プロたちを掲載しています。
生活のお困りごとは、
なんでもご相談ください。

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE
この記事を書いた人
編集者:りさ
コールセンターを経てライターへ転職。さまざまな人に向き合ってきた経験から、記事で的確なアドバイスができることを目指している。

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
1投票,  平均評価値:5

最新記事

施行事例ブログ

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
2018-09-27 11:36:09
https://www.seikatsu110.jp/acting/ac_recycle/11308/
便利屋・代行サービス
引っ越しをするとき、いい機会だから不要なものは全て処分しよう!と考えても、思った以上に処分は大変です。特にテレビやパソコン、冷蔵庫や洗濯機などはリサイクルの対象なので、自治体へ回収してもらうこともできません。そういったものはどう処分すればよいのか?今回は不用品の処分法と、費用の相場をご紹介します。
シェアリングテクノロジー株式会社

不用品回収・リサイクルのお問い合わせ・ご相談はこちら

不用品回収・リサイクルについてご相談・ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。

お名前必須
お名前を正しく入力してください
電話番号必須
電話番号を正しく入力してください
相談したい内容 任意

利用規約プライバシーポリシーに同意の上ご利用ください。

※ご相談内容を確認後、弊社運営スタッフより折り返しお電話させていただきます。

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、140ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!