生活110番ニュース 便利屋・代行サービス

このエントリーをはてなブックマークに追加

集中して作業できる書斎|基本的なレイアウトパターン解説

投稿日:2017-10-27 更新日:2018-09-27

集中して作業できる書斎|基本的なレイアウトパターン解説

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE

「自分の書斎を持ちたい!」そう思っている方は多いのではないでしょうか?特に男性で自分の書斎を持つことにあこがれている方は多いのではないでしょうか?

TV番組で紹介される有名人宅の書斎やドラマや映画などのシーンに登場する書斎などはとてもおしゃれでかっこいいですよね。「そんな書斎をつくりたい」という方、この記事をぜひ参考にしてください。ここでは、書斎のレイアウト方法について詳しくご紹介します。

まずはデスクのサイズ選びから

デスクは書斎に欠かせないもので、書斎のレイアウトをするならデスクを中心としてレイアウトを考えなければいけません。いいデスクが見つかったからといってサイズのことを考えずにかってしまうと、失敗してしまうことが多いので、まずはサイズをどう決めるか考えましょう。

デスクの上で何をするのか

デスクの上で読み書きをする場合、必要なスペースは幅80cm、奥行き40cmくらいになります。デスクトップのパソコンを置く場合は幅90cm、奥行き75cmくらいの奥行きのあるものや、幅120cm、奥行き60cmくらいの幅が広いデスクにしましょう。ノートパソコンの場合は、デスクトップの場合より多少小さいサイズになります。

デスクは大きすぎるとついつい物を置きすぎてしまいごちゃごちゃしがちです。用途を決めて適切なサイズのデスクのサイズを選んでいきましょう。
      まずはデスクのサイズ選びから

書斎に必要な部屋の広さ

いくらデスクの用途から適正なサイズのデスクを選んでも、部屋自体に十分なスペースがなければ意味がありません。ここでは、書斎のレイアウトの際に確保する必要のあるスペースについてご紹介します。

必要となるスペースは以下のような場所です。

・椅子を引くためのスペース
・椅子を置いても人が通れるスペース
・人がデスクの周りを通行するためのスペース。

そして、具体的な最低限確保すべきスペースは以下のようになります。

・椅子を引くためのスペース:75cm
・人が普通に正面を向いて通行できるスペース:60cm
・人が横向きの状態で通行できるスペース:40cm

これらのスペースと、欲しいデスクのサイズを合わせて必要なスペースが確保できるか計算しましょう。もしスペースが足りないのであれば、デスクのサイズを修正する必要があります。

また、どこにデスクのレイアウトをどうするかによって、必要なスペースは変わってきます。
      書斎に必要な部屋の広さ

デスクを端にレイアウトする例

最も簡単に書斎のレイアウトができる、デスクのレイアウトになります。ここでは2種類のパターンに分けてご紹介します。

デスクを部屋の側面の壁際にレイアウトする

デスクを部屋の入り口からみて側面の壁に引っ付けてレイアウトしてしまう方法です。
この方法であれば、部屋のスペースを広く確保することができます。開いたスペースを使用してほかの家具を置くこともできますし、デスクのサイズも選びやすくなります。

デスク正面の壁にボードを張ったり、壁の色を変えるなどしておしゃれな空間をつくることもできます。壁にオープン棚をつけて、収納や飾り棚として使用するのもいいと思います。

パソコンを使用する場合は、画面が他人に見えてしまします。人のいるときは人に見せたくない作業はしないようにしましょう。

デスクを壁と壁に挟まれた空間に配置する

デスクを壁と壁に挟まれた狭いスペースに配置する方法です。狭いスペースを有効に利用して書斎をつくることができますので、そういったスペースを見つけたらぜひ検討してください。

ただし、両サイドの壁が作業の邪魔になることがあります。まずは邪魔にならないかどうか考えるようにしましょう。

デスクを部屋の中心にレイアウトする例

書斎のレイアウトの際、デスクを部屋の中心にレイアウトすると社長室のような印象の部屋を作ることができます。ここでは、デスクを部屋の中心にレイアウトするふたつのパターンをご紹介します。

デスクの両サイドに通路を確保する

デスクの両サイドに人が通れるスペースを確保するレイアウトです。また、椅子を引くためのスペースも確保が必要です。具体的なスペースについてはすでに述べた通りですので、そちらを参考にしてください。

このレイアウトをする際は大きい部屋が必要になってきます。また、どうしてもデスクから収納家具までが遠くなってしまいますので、作業効率が落ちてしまう傾向があるようです。

デスクの片側だけに通路を確保する

デスクの両サイドを開けようとすると大きな部屋が必要です。「そんな余裕はないけど、デスクを部屋の中心にレイアウトしたい!」という方にはこの方法がお勧めです。

デスク端を左右の壁どちらかにくっつけてレイアウトします。そうすることで通路のペースが反対側に確保できます。椅子を引くスペースはこちらも必要となってきます。
      デスクを部屋の中心にレイアウトする例

まとめ

書斎のレイアウトはどれくらいスペースが確保できるかによってできることが変わってきます。デスクはデザインも大事ですが、それよりも用途に合ったデスクを準備することが大事になってきます。

スペースが確保できないと、イメージしている書斎のレイアウトができないかもしれません。それでもなるべく工夫をして、用意できるスペースでおしゃれな書斎をつくりましょう。また、家具の組み立てや移動・搬入は大変なので、必要があれば業者に相談しましょう。

家具組立・移動を依頼できる業者や料金

依頼できる業者や料金について、詳しくは「生活110番」「家具組立・移動」をご覧ください。

出張可能!無料お見積り!
丁寧に組立・移動いたします!
※対応エリアや加盟店によって変わります。      ※出張の場合は別途2,000円かかります。
ベット・タンスの組立や、室内のレイアウト変更、別の階への移動など、さまざまな作業を承っております。一人で動かせない家具がありましたら、ご連絡ください!
生活110番では、お住いの地域で人気のプロを探せます。実績のあるプロに依頼するなら生活110番にお任せください。
階段からの移動が難しい場合、室外からの家具移動も可能です!
家具組立・移動 6,000円(税抜)~

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE
この記事を書いた人
編集者:りさ
コールセンターを経てライターへ転職。さまざまな人に向き合ってきた経験から、記事で的確なアドバイスができることを目指している。

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
1投票,  平均評価値:5

最新記事

施行事例ブログ

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
2018-09-27 11:21:53
https://www.seikatsu110.jp/acting/ac_furniture/15118/
便利屋・代行サービス
「自分の書斎を持ちたい!」そう思っている方は多いのではないでしょうか?特に男性で自分の書斎を持つことにあこがれている方は多いのではないでしょうか?TV番組で紹介される有名人宅の書斎やドラマや映画などのシーンに登場する書斎などはとてもおしゃれでかっこいいですよね。「そんな書斎をつくりたい」という方、この記事をぜひ参考にしてください。ここでは、書斎のレイアウト方法について詳しくご紹介します。
シェアリングテクノロジー株式会社

この記事のキーワード

便利屋・代行サービス 家具組立・移動

家具組立・移動のお問い合わせ・ご相談はこちら

家具組立・移動についてご相談・ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。

お名前必須
お名前を正しく入力してください
電話番号必須
電話番号を正しく入力してください
相談したい内容 任意

利用規約プライバシーポリシーに同意の上ご利用ください。

※ご相談内容を確認後、弊社運営スタッフより折り返しお電話させていただきます。

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、140ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!