生活110番ニュース 便利屋・代行サービス

このエントリーをはてなブックマークに追加

部屋の模様替えは配置する家具で決まる!視線の抜けなどを意識しよう

投稿日:2017-10-23 更新日:2019-09-26

部屋の模様替えは配置する家具で決まる!視線の抜けなどを意識しよう

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE

「そろそろ部屋の模様替えをしたいけれど、どうすればうまくできるだろう?」季節の変わり目や引っ越しをしたときなどは部屋の模様替えをしたくなるかと思います。
ですが、一言に「模様替え」といっても何も考えずに家具を変えてしまうと模様替えをする前よりもごちゃごちゃとしてしまう場合もあるのです。

部屋の模様替えは配置を工夫するだけで劇的に部屋の印象が変わります。
今回は、部屋の模様替えの配置について紹介していきます。

模様替えは家具の配置から考える

大きな家具は壁に配置する

食器棚や本棚などの大きな家具は壁に沿うように配置して、入口から出口までの視線の抜けを作ることによって部屋を広く見せることができます。

棚などを移動させるのが大変という場合もある場合は便利グッズなどを使うという方法もあります。「家具の移動はグッズを使えば簡単に!重たい家具を運ぶ3つの方法 」では、そんな家具移動を楽に済ませる方法をご紹介しています。

家具は目線より低く配置する

部屋の模様替えで配置する家具は自分の目線より低い場所に配置をしましょう。
目線より低い場所に家具があることで圧迫感がなくなり部屋が広く感じられます。
これもまた視線の抜けを作るテクニックになります。

足つき家具で床を見せるようにする

テーブルや椅子などのほかにサイドボードやチェストを足つきにすることで床が見え、部屋を広く感じさせることができます。

何も置かない空間をつくる

あまりに家具を置きすぎると部屋全体がごちゃごちゃしてしまうため、あえて何も置かないフリースペースを作って空間をすっきりさせましょう。

透明な素材の家具を置く

ガラステーブルなどの透明素材の家具を置くことで床が見え、部屋が広く見えます。
また、夏には涼しげな印象を与えることもできます。

あまり使わない家具を置いていませんか?

子どもがまだ小さいうちに使っていたおもちゃ箱や、視聴しないDVDや本が置きっぱなしのラックなどがあると、それだけで見苦しいデッドスペースとなってしまいます。
使わない家具は処分するかオークションやリサイクルショップで売るなどして空間をすっきりさせましょう。

また、家族の年齢に合わせた部屋づくりも大切です、子どもがいたころは敷いていたマットなども、子どもが成長すれば不要になります。
部屋の模様替えで配置する家具を家族の形態が変わるたびに新しくするなどしましょう。

テレビは見やすい位置にありますか?

部屋の模様替えで配置に悩むのがテレビです。
テレビを配置するときには以下のことに気を付けましょう。

テレビジャックに逆らうような配置はやめる

テレビの配置はテレビジャックの位置に逆らうような無理な配置はやめましょう。
コード類が乱雑になっているとつまずく原因になったり、床に這わせたコードで見た目も悪くなります。

窓の前は避ける

窓の前にテレビを配置すると、窓への動線を遮ることになります。
また、逆光によってテレビの画面が暗く見えづらくなります。もし窓の前にしか置く場所がないという場合は、昼間のうちはカーテンを閉めるようにしましょう。

家具の統一感はありますか?

模様替えで部屋に配置する家具は、統一感のあるものにしましょう。
色やサイズ感がバラバラでは、ちぐはぐな部屋になってしまいます。
以下に統一感を上げるためのポイントを紹介していきます。

インテリアショップは1つに絞って買う

インテリアショップをはしごするのは楽しいですが、家具に統一感を出したいときはいろいろなショップで少しずつ買うのではなく、1軒のインテリアショップでまとめて買うと家具の統一感が出ます。
また、ショップでは実際にコーディネートされた部屋が例としてあるため、よい参考にもなります。

デザイナーやブランドは統一する

家具にはそれぞれのデザイナーやブランドの個性が出ます、バラバラの個性の家具を揃えてしまうと、部屋で個性がぶつかり合いうるさい感じになってしまいます。
同じデザイナーやブランドを組み合わせ、統一感を出すようにしましょう。

こだわりを持つ

部屋にこだわりを持つと、その部屋はその人の個性が反映された素敵な部屋になります。
また「この部屋はこうしたい!」という考えがあるため自然と統一感のある部屋になります。
部屋を模様替えする際はイメージを紙に書き起こすなどするとやりやすいかもしれません。

間仕切りを作ってみませんか?

部屋の模様替えの配置の際に間仕切りを作れば、たとえワンルームであっても新しい空間ができスペースを好きに使うことができます。
また、パーテーションやファブリックをうまく利用すれば、機能的に間仕切りを作ることも可能です。

間仕切りは市販のシェルフ・ソファなどの配置しだいで作ることができますがDIYをしても楽しいでしょう。「賃貸でも!DIYでお部屋の「仕切り方」を変えれば理想の空間になる 」では、その具体例をご紹介しています。

まとめ

部屋の模様替えの配置で部屋の印象は決まるため、模様替えをする際は「どのような部屋にしたいのか」「予算はどれくらいか」「自分の部屋の広さに合った模様替えができるか」を念頭に置いて挑みましょう。

特に自分のこだわりを持つとぼんやりとしていた部屋の雰囲気が、がらりと変わります。
自分の個性を生かした素敵な部屋を作りましょう。
また、家具を買った際の組み立てや移動が大変なときは、業者に頼むと模様替えも楽に終わります。

出張可能!無料お見積り!
丁寧に組立・移動いたします!
※対応エリアや加盟店によって変わります。      ※出張の場合は別途2,000円かかります。
ベット・タンスの組立や、室内のレイアウト変更、別の階への移動など、さまざまな作業を承っております。一人で動かせない家具がありましたら、ご連絡ください!
生活110番では、お住いの地域で人気のプロを探せます。実績のあるプロに依頼するなら生活110番にお任せください。
階段からの移動が難しい場合、室外からの家具移動も可能です!
家具組立・移動 6,000円(税抜)~

相談・お見積りはこちらメールでの無料相談はコチラLINE
この記事を書いた人
編集者:りさ
コールセンターを経てライターへ転職。さまざまな人に向き合ってきた経験から、記事で的確なアドバイスができることを目指している。

記事の内容はいかがだったでしょうか?この記事がお役に立ちましたら、下の星ボタンで評価してください。
1投票,  平均評価値:5

最新記事

施行事例ブログ

おすすめの記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
2019-09-26 12:23:15
https://www.seikatsu110.jp/acting/ac_furniture/14166/
便利屋・代行サービス
「そろそろ部屋の模様替えをしたいけれど、どうすればうまくできるだろう?」季節の変わり目や引っ越しをしたときなどは部屋の模様替えをしたくなるかと思います。ですが、一言に「模様替え」といっても何も考えずに家具を変えてしまうと模様替えをする前よりもごちゃごちゃとしてしまう場合もあるのです。部屋の模様替えは配置を工夫するだけで劇的に部屋の印象が変わります。今回は、部屋の模様替えの配置について紹介していきま...
シェアリングテクノロジー株式会社

この記事のキーワード

便利屋・代行サービス 家具組立・移動

家具組立・移動のお問い合わせ・ご相談はこちら

家具組立・移動についてご相談・ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。

お名前必須
お名前を正しく入力してください
電話番号必須
電話番号を正しく入力してください
相談したい内容 任意

利用規約プライバシーポリシーに同意の上ご利用ください。

※ご相談内容を確認後、弊社運営スタッフより折り返しお電話させていただきます。

生活110番とは?

「生活110番」編集部の田中です。生活110番は、電気工事から害虫駆除、カギ開けやペット葬儀まで、140ジャンル以上の暮らしのお困りごとに対応します。私たちはこの「生活110番」を通じ、皆さまのお困りごとをスピーディに、安心の品質と価格で、解決するお手伝いをしています。

生活トラブルに見舞われた時は、私たち「生活110番」におまかせください!