生活110番辞典便利屋・代行サービス

便利屋・代行サービス

これで安心!初めて行う為の遺品整理礎知識

36adcf72728ee5cc687dc7d8cf736d70_m

1、遺品整理と生前整理

遺品整理と生前整理作業は非常に似ていますが、行う目的や、人が違います。遺品整理は残された遺族の人荷物の整理を行うのに対して、生前整理は自分で行うものです。では、一体どのような作業を行うのでしょうか?各作業の詳しい内容を紹介したいと思います。

・遺品整理

遺品整理とは両親や親戚等の身内が亡くなった時に残された荷物を「残しておくもの」と「残しておかないもの」に分別し整理する事を言います。作業内容はお部屋の片付けや整理と対して変わらないですが、その方が生きた証を整理することになります。また、故人の遺産などの品物などのもでてきますので、遺品の取り扱いには注意が必要です。

・生前整理

生前整理とは遺品整理を行なう遺族の負担を軽減為に自分で整理を行い、出来るだけ荷物を減らしておく作業の事です。また、遺言状を書いておくといった作業も生前整理に含まれます。

2、整理を行うもの分類

47a7785e76cebb0f970e47634a0b72b6_s

 

 

 

 

 

遺品整理を行う時に出る荷物はいくつかのカテゴリに分かれますそれぞれ整理の方法が違いますので、ご注意下さい。

①遺産として分配するもの

故人が残した財産や貴重品などを整理します。事前に遺言書などが残されていた場合は簡単ですが、そうでない場合身内でのトラブルの原因になりやすい物です。自分は丁寧に整理をしたつもりでも周りからは不満を言われたりすることもあります。
貴重品の整理を行う時は事前に身内で相談をしてから行うのが良いでしょう。

②形見として残しておくもの

遺品の中には故人との思い出が詰まった品が出てくると思います。そういった物は形見としてとっておいてはいかがでしょうか?また、自分には思い出のないものでも親しい友人や身内などとの思い出が詰まった品がある場合は形見分けという形で分配されてはいかがでしょう?

③再利用出来るもの

家電製品や家具や食器といったものはリサイクルショップに売ることが出来ます。品物の数が多ければ家まで引き取りに来てくれる業者などもあるので、事前に確認しておくと便利です。再利用できる物はリサイクルショップを通じて現金化する事ができるので、売却という方法をおすすめします。また、この時にたくさんの物を買取ってもらうことで整理しなければいけない荷物の量を減らすことができるので、値段が安くても買い取りをしてもらうことをおすすめします。

④破棄するもの

遺品の引き取り手もなく売却も難しい荷物は破棄しなくてはいけません、遺品の破棄をする場合、その地域の分別のルールに従い荷物の破棄を行いましょう。また、離れた距離に住んでいた方の遺品整理を行う時はご自身が住まわれている地域と分別のルールが違う可能性が高いので、事前に確認しておく必要があります。

3、遺品整理を行う注意点

9815ebc05f637f3e859199ecf383155b_s

 

 

 

 

 

遺品整理はやり方と間違えると人に迷惑をかける、誰かとトラブルになるなどのリスクがあるので、いくつか注意点をあげたいと思います。

①自分の気持ちを整理することも大切です

遺品整理を行う時は事前に自分の気持を整理してから実行することをおすすめします。自分が冷静でないと気に無理矢理遺品整理を始めて後から捨てなければよかったと後悔しても戻ってくることはありませんので、注意が必要です。

②遺言書を開ける時の注意点

故人が生前に書いていた遺言書を発見した時は取り扱いに注意が必要です。遺言書に封印がされている時は勝手に開封することは禁止されています。封印された遺言書を開封する場合は、裁判所に持って行き相続人が立会をして開封しなければいけません。
誤って開封してしまった場合、5万円以下の罰金を支払いが命じられる可能性もあるので、注意が必要です。

③迷惑にならない時間に行う

遺品整理を行う時は、大きな音がなったり業者など沢山の人が出入りしたりする可能性があるので、近隣の方に迷惑のかからない時間帯に行いましょう。また、事前に断りを入れておくことでトラブルが起こる可能性を下げられます。

4、こんな時には業者を利用しよう

 

cb7b6f36f19e5d164565afbba080723a_s

 

 

 

 

 

①賃貸物件に住んでいた場合

故人が賃貸物件に住んでいた場合、持ち家と違い長期間遺品を置いておくことができず、すぐに遺品整理を行う必要があるので、時間的に厳しい場合もあります。

②自分で行うのが難しい

遠方に住まれている方が亡くなった、多忙で時間が取れないなど、自分で遺品整理を行えない場合があります。そんな時には身内など周りの人に手伝ってもらう、業者さんに依頼をして遺品整理をしてもらうという方法などもあります。

③業者を利用する場合

遺品整理業は高齢化社会の影響もあり、非常に数多くの業者が存在します。中には悪徳業者と呼ばれるような業者も存在するので注意が必要です。遺品整理の悪徳業者に引っかかると頼んでいないものまで持って行かれる、見積とかけ離れた料金を請求される、ひどい場合だと見積もりも取らずにいきなり作業を開始して高額な料金を請求される事もあるので、遺品整理を業者に頼む時は事前に口コミ情報などの会社の評判を調べておくことをおすすめします。

5、遺品整理まとめ

故人の荷物を整理する遺品整理は、様々な種類の荷物があり、それぞれ処分の方法が異なります。円滑に作業を進めるためにも処分方法は事前に確認しておくことが大切です。また、遠方などに住んでいるので、自分で遺品整理を行うことが出来ないという場合は生活110番『遺品整理』『生前整理・老前整理』からお近くの業者を探すことができるので、チェックされてはいかがでしょうか?

最新記事